社長ブログ

10数年ぶりのバンコク
アンビエンテホームの藤本社長の建材開発に同行してバンコクにきています。藤本社長はデザイナーズエコハウス「R+house」を商品化し、全国の工務店の「R+house」ネットワークの本部をされています。
安成工務店の関連会社、㈱オークス建設が「R+house」に取り組んでいる関係での同行です。「R+house」は省エネ住宅でもあり、断熱材や高断熱開口部などに特徴があります。今回はスエーデンの断熱ドアの技術をタイのチーク家具会社に供与し高断熱性能の玄関ドアを開発することが目的です。K値=0.943k/㎡Kの性能値をもつドアを「R+house」のグループで共同購入することで安価にお客様に提供することが出来ます。
 タイの訪問は久しぶりです。平成3年~6年ごろの輸入建材ブーム時。多くの建設会社と共に建材開発ミッションに参加して賃貸マンションに使用するタイルや金物関係の輸入のためにタイを良く訪れたことがあります。
10数年ぶりのバンコク。空港も新しく広くきれいになり、高速道路網も完成し、街中には高架の鉄道(スカイトレイン BSR)も開通していました。以前はトラックに人が鈴なりになって移動するさまや、多くのバイク、古びた車が街路にあふれるさまが独特な景観を作っていましたが、現在では、車両がどれも新しくなり見違えるばかりです。
 ~ほほ笑みの国・タイランド~、と言ったキャッチコピーを思い出しました。道行く人はみんな笑みを絶やさず、親日的な国民性をうかがわせます。

福岡空港から5時間30分。少し遠いけど航空券は比較的安く、温かく物価は中国より更に安いので3泊4日のツアーで午前午後に2ラウンド、合計6ラウンドものゴルフをする人たちもいると聞きビックリです。
でも、2日間くらいは午前中1ラウンドほどゴルフをし、午後に3時間のタイ式マッサージをするゆとりの旅行をしてみたいものです。ゴルフが1,500バーツ、マッサージが300バーツぐらいのようです。(合計5,500円ぐらい?)

明日は、唯一の観光日です。