社長ブログ

涅槃仏
 最終日の今日は、市内の観光地散策です。まず王宮とエメラルド寺院を見学しました。10数年前と比較すると、エメラルド寺院の金色のタイルや鮮やかな色ガラスの壁などひときわ美しく輝いていました。修復完了って感じです。
エメラルド寺院は1784年にビルマ軍の襲撃に備え、ラーマ1世がドンブリ王朝をクルンテーブ・マハナコーンへ移されると同時に、当時の建築技術の粋を集めて建設されたそうです。王宮の宮殿郡と接し、本堂にはエメラルド仏が安置されていることから、エメラルド寺院と呼ばれているそうである。王室専用の仏教儀式の場であるため、僧侶がおらず、僧侶が生活する庫裏等の施設もない。毎日多くの観光客でにぎわっている。
是非一度は訪れてみたい場所である。
 次に訪れた場所は、ワット・ポー。涅槃仏で有名な寺院です。仏塔、本堂、回廊なども広くとても非常に見ごたえがあります。また、敷地内の石像や、ルーシー・ダットンをしている像など、他の寺院では見られない珍しいものもあります。また、このお寺はタイ古式マサージの総本山としても有名で、隣接してマッサージ学校もあるとか・・・?
しかし、46mの涅槃仏には圧倒されます。見事・・・・。涅槃仏の裏を回ると、108個のお賽銭入れがあり、20バーツでコインを108個?買い、願い事を唱えながらお参りしました。煩悩よ・・・・。消えよ・・・・。
 最後に2時間のタイ式マッサージを受け、蟹のカレー炒めが有名な SOMBOON SEAFOOD(ソンボーンシーフード)で食事をとり、空港へ向かいました。成田便が23:55発。福岡便が01:00発です。(日本時間03:00)5時間のフライトで博多に着くのが朝の8時。
今、THAI AIRWAYSのビジネスラウンジでブログを書いています。あと、1時間半・・・・。ああ・・・眠い。