2006年2月の記事一覧

  • 2006.02.20

企画部:珪藻土体験社内勉強会

  こんにちは。企画部 竹藤です。
 2月16日(木)、安成工務店の営業社員たちは、珪藻土の社内勉強会を開きました。

 珪藻土とは、調湿作用に非常に優れた、自然の内装仕上げ材です。
 近年、シックハウス症候群などの問題がクローズアップされていく中、住宅の内装についても、安全で自然の建材が求められるようになってきました。
 この珪藻土については、つい先日、宇部支店で体験会を開いたばかりですが、まだまだ社内全体からみると勉強不足であるということで、社員向けの勉強会を開催したのです。

 勉強会では、珪藻土のメーカー・サメジマコーポレーションより、山本先生をお招きして、珪藻土の知識と実際の塗り方を教授いただきました。

 まず最初に、壁塗り体験です。
 珪藻土を塗るためのボードを準備し終わると、攪拌を行います。山本先生の指示に従い、珪藻土のパウダーを水に溶かし、攪拌機でコネます。
 そして、コネ終わってペースト状になったものを、コテで均一に……これがなかなか難しい。
 私は全く始めての経験だったので、特にそうです。ペースト状の珪藻土をコテにとって、さあどこに塗ろうと一瞬考えただけでそれはコテからボトっと落下。
 それでも一通り塗りの技を教えていただき、幾分かの課題を残しつつも体験を完了しました。
 写真を見ての通り、みな真剣そのものです!

 さて、午後からは、資料を見ながらの勉強会です。
 山本先生は、いろいろな器具を用いて、珪藻土の「調湿性」「吸臭性」「吸油性」「耐火性」を実証してくださいました。こういった手法だと、言葉で聞くより何倍も、身に染みて理解できます。
 最後に先生から私たちの理解度を試すべく幾つかの質問が。
 私もあてられましたが、なんとか答えることが出来ました A(ˆ_ˆ;)。

 こうして勉強会は幕を閉じましたが、みな真剣そのもので、大変ためになるものでした。
 この経験を活かし、それぞれの支店でどんどん珪藻土の体験会を開催できればいいなと思います。

(筆:企画部 竹藤)

  • 2006.02.17

宇部支店:塗り壁教室(リフォーム計画)

 こんにちは。宇部支店 営業部 五十部です。

 さて、宇部支店の事務所は10年以上前に立てられたアパートの2階にあるのですが、このくらい月日がたつと建物にも誇り(埃)と言う名の歴史が積み重なってきます。
 そこで宇部支店では昨年末から事務所のリフォーム計画を水面下で進めていました。

 まず最初は大掃除を行いました。さすがに10年以上の歴史があるので、ちょっとやそこらの掃除ではなかなか片が付かず社員全員が協力しても半日以上かかりました。
 そして、荷物がなくなって約10年ぶりに部屋の壁が見えたわけですが、やはりここにも歴史のあとが。こうなると、壁を綺麗に塗り替えようということになったのですが、ただ塗り替えるだけでは面白くありません。せっかく塗り替えるなら、その作業自体を何かに活かせないかと三日三晩知恵を絞ったところ、お客様にこの壁をつかっての【珪藻土塗り壁体験】をしていただこうということに決まりました。
 珪藻土と一口に言ってもいろんな種類があるので今回は、安成工務店の家づくり標準仕様として採用している、サメジマコーポレーションの【パウダーライト】と言う材料にしました。

 今回は既存のクロス仕上げの上から塗り壁を行うので、下準備としてまずは【シーラー】(珪藻土の付きをよくするもの)で下地処理を行います。
 参加者のかたへ簡単に挨拶を済ませて、材料の説明をした後はいよいよ壁塗りの始まりです。
 当社の家づくりでもお世話になっている【石田工業所】の森さんに塗り方の手本をみせてもらったら後は実践あるのみです。匠の手つきを見ているときには簡単そうに見えても実際に自分で塗ってみるとすごく難しいのです。
 コツを聞くと「こんな感じで…」と匠は巧みな技を見せてくれるのですが、やっぱり職人さんのようにうまくはなかなかいきません。
 しかし、最後には自分なりに楽しみながら将来の我家に向けての実験をしていただくことができました。
 最初はサポートにまわっていた私たち社員も楽しそうなお客様をみていると我慢できなくてみんなで一緒に壁塗りを楽しみました。
 塗り壁の良いところは、自分で施工ができるので、住まいづくりに自分自身が参加できるということです。私たちはお客様と協力していく家づくりを目指していますので、今日の体験は私たちにとってもすごく勉強になりました。

 宇部支店リフォーム計画その2も考えておりますので、お楽しみに!(了)

■宇部支店 営業部 五十部
 TEL:0836-35-8678

  • 2006.02.16

周南支店:I様邸上棟式…寒かったです

 この週末はまたまた雪が降り、さむ~い日が続きましたね。
 そんな中、I様邸では大工さんたちが一生懸命、3日から上棟の準備をされ、5日無事上棟式を迎えることが出来ました。

 場所は、周南市の山間部で、周南市内から約15分、下松市からも20分という便利な位置にあります。しかし、トンネル抜けると5度くらいの温度差があります。トンネルを抜けるとそこは雪国…は少し大袈裟ですが、感覚的にはそれくらい寒いです。
 I様とは、「木の香が漂う暖かい空間で、とても居心地がいいね」と感動された去年の1月からのお付き合いです。なんだか、「あっ」という間のような気がします。
 着工の時期についても、年末からの雪で30センチ以上の積雪となったため、太陽が顔を出しても雪が溶けず、いつ着工できるかと焦りましたが、お施主様より「雪が解けなければ仕方ありませんよ。無理しないでください。焦らずに待ちましょう」と、暖かく心強いお言葉をいただき安心しました。
 それだけに待ちに待った上棟式です。

 寒い中を大勢のギャラリーの方に集まっていただき、盛大にもちまきがおこなわれました。
上のお子様とご主人、ご兄弟と4人でおもちをまかれたのですが、ご主人はお子様が落ちないようにと必死で持っていたので、もちまきが思うように出来なかったと少し悔しがっておられました。できればもう一度したいとか(笑)
 寒かったけれど、ほのぼのとしたご家族との上棟式はとても暖かいものでした。

 こちらの現場は2月25日(土)・26日(日)構造見学会をする予定です。
 セルロースファイバー断熱材「デコスドライ工法」の吹き込み実演もご覧いただけます。
皆様ぜひお越し下さい。

(報告:周南支店 岡本)

■見学会のお問い合わせは…
□安成工務店 周南支店 営業部まで。
 TEL:0833-44-5020
  • 2006.02.09

周南支店:展示場にテレビ取材やってくる!!

 こんにちは。今日は周南支店から営業の福田がテレビ取材の報告をします。

 去る2月4日(土)にハウジングメッセ周南の展示場にテレビの取材がやってきました。
 実は、展示場の取材は今回で2度目になり、前回は設計担当の芳西が取材を受けたのですが、今回は撮影数日前に突然私に声が掛かり、びっくりしました。「取材の内容は何をするのか」とか、「前回と同じで展示場の案内だけなのか」とか、いろいろ考えていると頭の中が真っ白になります。
 そうこうしている内に撮影当日になり、結局何もまとまらないまま、ぶっつけ本番となってしまいました。

 取材クルーはディレクターの村川さん、レポーターの津山さん、音声の山田さんの計3名で来られ、簡単に打合せをしていざ本番!!
 当日は太陽も出ていて、OMソーラーの床暖房で暖かい中、クルーの方からも、「本当に気持ち良い」と嬉しいお言葉をいただきました。
 取材内容は展示場を案内しながら、安成工務店の家づくりの特徴を説明するものです。
 実際の放送は、YAB「ホットサタデー」の番組中でたった3分程度の放送枠なのですが、本番となると、いつもお客様とお話をする感じと違い、かなり緊張しました。
「いつもと同じ感じでいいですよ。」とは言われますが、なかなかそうはいきません。取材はジョーダンがとんだりと、とても和やかな雰囲気でしたが、カメラが回るとセリフを忘れたり、噛んでしまったりと、何度も撮り直しをしてしまいました。
 取材クルーの皆さんは、「良かったですよ」とフォローしてくださいましたが、最終的にどんな感じで編集されたのか私自身も分からないので、テレビで確認しようと思っています。
 しかし、取材が終わった頃にはようやく緊張も解け、記念撮影までさせていただきました。

 でも、なにか放送当日も一人で緊張しそうです。
 是非見て下さいと言うものはずかしい気持ちですが、お時間あったら見て下さいね。

■放送番組・日時
 YAB「ホットサタデー」番組中の約3分間
 2月11日(土) 午前10:35~10:45

■写真の題名
①撮影準備中…私は緊張してきました。(*_*)
OMソーラーの説明中(テイク5?)
③マイクの調整
セルロースファイバー断熱材の説明(カメラテスト)
⑤オープニング撮影…外は寒いですね~
⑥お世話になった取材クルーの皆さん 
 左から津山奈穂子さん、山田幸司さん、村川知之さんです。
  • 2006.02.08

企画部:南青山モデル勉強会

 去る1月19日、私たち「安岡エコタウンプロジェクトメンバー」は、「南青山モデル」に集結し、勉強会を開催いたしました。

 「安岡エコタウン」とは、私たち安成工務店が開発・販売する住宅地です。しかし、それはただの住宅地ではありません。「統一された緑化環境とエコロジカルな思想」をテーマに、自然エネルギーを取り込んだ造成計画・住戸配置・住戸設計を行った、環境に配慮した団地なのです。

 それでは何の勉強会をしたの?といいいますと、先日完成したエコタウンの「第一号モデルハウス(通称"南青山モデル")」について、その設計者である伊礼智さんを囲んで、皆で感想や意見を出し合いました。そして、次に取りかかる予定の、第2、第3のモデルづくりに役立てようという試みなのです。
 参加した「安岡エコタウンプロジェクトメンバー」は、総勢27名。
 内訳は、我が安成工務店から13名(下関支店メンバーと企画部)。施工業者さん12社12名。さらにエックス都市研究所高橋様、そして設計の伊礼さんです。

 勉強会の最初は、伊礼さんの設計手法「i-works」の解説。そして、南青山モデルの設計趣旨を伺いました。
 空間の心地よさを優先させる為に天井照明を少なくした事や、視線の通りを意識した配置など、何の為に、どこを優先し、何を譲ったかを、伊礼さんは具体的に、そして丁寧にお話してくださいました。
 完成したモデルの中で体感しながらのお話はとてもわかりやすく、メンバーは皆納得の様子。
 続いて施工を担当した安成工務店の西永さんが、苦労&工夫のポイントを具体的に話しました。なるほど、なるほど~。
 そして職人さんからの質問コーナーとなりました。
「自分は、こう工夫したけどそれはどうだったか?」「次はこうしてはどうか?」「このディテールの解釈は?」等、活発な意見が交換されます。
 そこに営業スタッフの声、設計スタッフの声が重なって、より多面的に検討、分析されていきました。
 勉強会の最後には、「安岡エコタウンモデル2、3号の着工にむけて、そして春のエコタウン街開きに向けて頑張るぞー!」と皆で一体感をもって終えることが出来ました。もちろん、この日に出された提案、改善案については、いいものはどんどん取り入れていく事に決定です。
 そうです。これから安岡エコタウンでは本格的に住宅の建設に取り掛かりますが、より理解の深まったメンバーたちの手でつくられる事になるのです!

 さて、近日中、ホームページ上でも「エコタウンの情報」発表予定です!
 また2月11日(土)・12日(日)は、この南青山モデルの見学会を開催予定です!
 是非皆さんも見にきて下さい!

(筆:企画部 渡邊)

安岡エコタウンのお問い合わせは…
□安成工務店 下関支店 営業部 まで!
 TEL:0832-52-2230

  • 2006.02.06

周南支店「ペットと暮らすお家」訪問!!③

(前回の記事は こちら

 さてさて、M様の工夫はまだあります。

 例えば、OMソーラーのダクト。
 ダクトには猫山さんが爪とぎをしても大丈夫なように、ウッドリブがぐるりと巻かれていました。
 そして2階の階段には三角の出窓が。
 ここが猫山さんお気に入りの場所です。日が当たって気持ちよさそ~
 さらに、猫山さんのトイレや、猫扉も。
 ちゃんとくぐってでてきますよ!! 

 そのほか、外構にも一工夫。
 駐車場にはなんと 石で作った足跡が!
 ポストや外構のかざりにもワンちゃんがデザインされていました。

 これからペットと暮らす住まいをお考えの方、夢が広がったでしょうか??
 両M様、久しぶりにお会いできて楽しい一日でした。
 取材ご協力ありがとうございました。

■安成工務店 周南支店 今宮・池田
 TEL:0833-44-5020
  • 2006.02.03

周南支店「ペットと暮らすお家」訪問!!②

(昨日の記事は こちら

 さて、今度は新築のOB施主様、こちらもM様です。
 ピンポーンと玄関に立つと、隣の窓からワンワンワン! \ ˆ ˆ /
 レース越しに見えるのはおおきなワンちゃん。

 このお宅では、玄関の隣に3帖もの土間があり、なんとここはワンちゃんたちのスペースなのです。
 一番日の当たる絶好の場所。なんてしあわせなワンちゃんたち。
 計画時には犬2匹と猫1匹でしたが、今ではワンちゃんは4匹に増えてしまったそうです。

 それでは素敵な家族たちをご紹介しましょう!

 ゴールデンレトリバー そばちゃん3歳(女)、同じくゴールデンレトリバーの ドンベイ君(男)、イングリッシュスプリンガー ひまわりちゃん4歳(女)、アメリカンコッカスパニエル すいかちゃん2歳(女)(この日はシャンプーにお出かけ中で留守でした)、そして、猫一点の猫山さん(女)です。

 大家族です。
 床をタイルにしてよかった、と奥様。
 ワンちゃんたちは、たくさん遊んで体が熱くなるとタイルにぺたり。
 気持ちよさそうです。

~つづく~
  • 2006.02.02

周南支店「ペットと暮らすお家」訪問!!①

 1月29日(日)、私たち周南支店は「ペットと暮らすお家」というテーマで、二軒のOB客様のお宅へお伺いいたしました。そこで、かわいいワンちゃんやネコちゃんたちの写真を撮影させていただくことができましたので、ご紹介します。
 また、二軒のお客様とも、住まいの計画段階からペットのことを考えていた、ということでしたので、そのポイントを教えていただくことにしました。

 まず一軒目は、ミニチュアダックスフント イブちゃん9歳(女)、杏ちゃん2歳(女)のオーナーで、ご自宅をリフォームされた、M様のお宅。
 こんにちは~と玄関を開けると、早速ワンちゃんのお出迎え。
 ワンワン、キャンキャン、においをくんくんかいで大興奮。
 リフォーム前はドアを閉めていると、そのたびに「あけて~」と催促されていたそうです。
 しかし、リフォーム後は、建具を閉めていても自由に出入りできるワンちゃん専用ドアをとりつけたので、ワンちゃんたちも大満足!!
 家の中も外も敷地内は自由に遊んでいます。

 また、リフォームの際、ワンちゃんの専用トイレスペースをつくりました。
 最初は、ちゃんとつかってくれなかったらどうしようっと心配していましたが、明るいスペースにしてあげたからでしょう、ちゃんと使ってくれているそうです。
 奥様の配慮がワンちゃんたちにもきっちり伝わっていました。

~つづく~

  • 2006.02.01

ルネス事業部:大盛況!ルネスマンション内覧会

 1月28(土)29(日)に福岡市東区筥松2丁目のルネス・リバティ筥崎(8F 21戸)で先行内覧会を開催しました。
 今月末完成予定のルネスマンションですが2Fを先行して仕上げ、2日間で30組56名ものお客様へお披露目させていただきました。
 単身者向けの1LDK 35㎡なのですが「DEN + ロフト」というルネス工法の特徴を生かした間取りとなっております。
 もちろんリビングのフローリング下には床下収納も完全装備です。

 入居希望者の反応は素晴らしく、「ココに住みたい!」「かっこいい!」「友達に自慢したい!」「ドラマで見た部屋みたい!」「分譲みたい!」などなど嬉しい感想ばかりで、中には「新入社員の研修で夏まで東京に行くけれど、帰福後ココに住みたいので何とかしてください!」というツワモノなお客様までいらっしゃいました。

 ルネス事業部ではこうしたお客様の生のお声をしっかりと受け止め、それをオーナー様へのご提案時にお伝えしております。賃貸事業の場合、入居者の方に選ばれて始めて事業は成り立ちます。私たちは入居者の方に選ばれ、オーナー様の不安を解消する提案を持っております。一度ルネスマンションをご覧くださいませ。
 今月25(土)26(日)にはこのルネスリバティ筥崎の完成見学会を、3月中旬には福岡市東区馬出で45㎡のモデル(5F 16戸)の先行内覧会を、4月末には福岡市西区周船寺3丁目の国道202号線沿いで40㎡(3F 6戸)のモデルの完成見学会を予定しております。弊社HP上でもご案内いたしますので、お楽しみに。

■安成工務店 福岡支店 ルネス事業部
 権丈(けんじょう)・岩本
 TEL:092-433-1177

 





支店ダイアリーのRSS

検索

ブログを検索:

カレンダー

カテゴリー

アーカイブ

最近のエントリー

 
ページのトップへ