2006年6月の記事一覧

  • 2006.06.23

山口支店:OM共済会、ハウスGメンからの表彰

 去る6月7日、OMソーラー「優良品質管理者」として、私が(僭越ながら……)表彰を頂きました。これはもちろん、私だけの力ではありません。私ども山口支店のスタッフならびに協力業者さんのおかげが大であります。
 これに甘んずることなく精進していき、来年は住宅工事担当者全員が表彰される様に、皆でがんばります。それによって「工務店表彰」もおのずとついてくるはずです。
 社長がOM共済会の会長という立場でもあります。
 会社の為にも、社長の為にも、そしてなによりお客様のために、来年は皆で表彰式に行けるようこれまで以上に精進してまいります!

■山口支店 福田博昭

  • 2006.06.19

周南支店:展示場にテレビ取材やってくる!!~第2弾~

 こんにちは。今日は周南支店から営業の福田がテレビ取材の報告をします。
 去る6月12日(月)にハウジングメッセ周南の安成工務店展示場にテレビの取材がまたまたやってきました。再び、緊張の一日の始まりです……((((ˆ_ˆ;)
 今回から放送番組が変わり、それにともない放送時間が3分から5分へと延びました。“2分の延長”これは一大事です。前回の3分収録でさえ、緊張しながら1時間以上かかったのですから、今回はさらに前途多難です。

 まずは今回の撮影メンバーの紹介。

○レポーター:浅里さん
○カメラ&ディレクター:村川さん
○音声:山田さん
○AD?:池田安穂(安成工務店)
○主演?:福田龍也(安成工務店)

 ……です。
 前回同様、前打合せを20分ぐらいして、撮影スタート!!
 ほぼ前回と同じ流れではありましたが、またまた緊張して頭の中は真っ白(ˆoˆ;)。
 自然素材の木の家やOMソーラーシステムセルロースファイバー断熱材について展示場を案内しながら説明し、終始撮影中は和やかな雰囲気でした。
 打合せの時言っていた言葉がなかなか話として繋がらず、何回もセリフをかんで、NG。
 お客様の前ではスラスラ言えることも、カメラが回ると全然違う。
 やっぱり場数を踏まないと難しいですね。
 そんな中、安成工務店の家づくりの特徴は十分に説明したと思いますが、今回も編集の力でよりいいものになっていることでしょう。
 今回は放送日時がちょっと先ではありますが、お時間ありましたらご覧下さい。

 次回は11月頃の取材予定で、ADから出世した池田が主演?予定です。たぶん……。

●放送番組:
 KRY 山口放送 「ホットナビ」番組中の約5分間
●日時:
 7月22日(土) 午前 9:40~ 9:55

(写真)
①マイク調整:2度目ですがマイクをつけると緊張します
②またまたやってしまいましたテイク4?
③編集しやすいように別カットも
④カメラ設置中:撮影終盤ちょっと気が抜けてます
⑤今回お世話になった取材クルーの皆さん
左からカメラ&ディレクターの村川さん、レポーターの浅里さん、音声の山田さん

  • 2006.06.15

下関支店;“珍客さん”現る

今年は平年より降雨量が多いと予想されていますが、皆さん、雨漏り点検など万全でしょうか?
 入梅を迎えた6/8(木)、あの激しい雨の中を展示場に“珍客さん”が遊びにやってきました。

 我が支店の営業マンが、いつも以上にニコニコしながら「お客様をお連れしたよ……」と近寄ってきます。(怪しい!!)
 目の前でなにやら ぴょんこぴょんこと動く物体……
「ギャ―――!!!」
 なんと、生のカエルちゃんではありませんか。
 ホンモノのカエルです。リアルです。体長4センチほどのものですが、かわいらしいとは言えません……
 キモチワルイなどと言わずに、皆さんもそぉーっと覗いて見てください。(よ~く目を凝らすと……実はツをはいていることに気がつきます)
 初めてジィ~っと拝見したのですが、“泳ぎのレッスン”はなかなかのものです。
(「泳ぎの美しさ」ではお客様に完敗ですが、50m「競争」では負けません……)

 梅雨時期、なんとなく外に出る気になれない季節ですが、雨の日には雨の中を味わってみてはいかがでしょうか? 皆さんも別の“珍客さん”に会えるかもしれません。



※撮影のため一時的に「お客様」を捕獲しましたが、責任を持って草むらへ帰しましたので ご心配いりません。

■下関支店 スタッフ
 展示場ご案内先 0832-52-2230

  • 2006.06.13

周南支店:~珪藻土塗壁体験会~(本番お客様編)

 ~珪藻土塗壁体験会~(社員編)のつづきです。

 さて、前半に研修を受けた社員たちは、お客様を迎える準備です。
 参加者の皆様に時間通りにお越しいただくと、いざ「珪藻土塗壁体験会」本番の開会(写真①)。
 参加者・スタッフは自己紹介を終え、外へ(写真②)……これから皆様、未経験ゾーンへと突入です。
 まず始めに大人から子供まで「珪藻土」の攪拌から体験していただきました(写真③)。
 皆様左官の仕事のコツって、塗り方だけと思っていませんか?
 経験ある方はお分かりでしょうが、手板に珪藻土を乗せ、それをコテですくうのにもコツがいるんです。
 あまり欲張って多くコテに取ろうとすると、珪藻土は壁まで届かず、足元へ。
 そのため珪藻土をコテで上手に取るイメージトレーニングを皆様しています(写真④)。

 イメージトレーニングを終え、皆様意気揚々と塗り壁体験スタートです。0(ˆ-ˆ0)(0ˆ-ˆ)0……がしかし、念の為塗壁ゾーンにしっかりと養生をし、汚れても構わない形に。fˆ-ˆ;)
 皆様思い思いに珪藻土を手板に乗せて、いざ塗りはじめ。ご夫婦一緒に、子供と一緒に、一人で黙々と、皆様それぞれ熱心にされ始めました(写真⑤)。しかし、どなたも未経験なので悪戦苦闘。
 ここで研修を受けた社員の登場です。たった数時間前でしたが、研修で得た技をお客様に披露。「ここはこうして塗るんですよ」の言葉にもちょっと恥ずかしさがありましたが、そこはお客様の前、張り切りました。

 時間が経つにつれて皆様上手になり、きれいに塗れはじめた頃、今度は子供の乱入。お父さんはきれいに塗りたいのに、子供は泥んこ遊びの感覚です。珪藻土の壁に手形を入れたり(写真⑥)、コテを持って、大人の真似をしてみたり(写真⑦)。
 最近は外で泥んこ遊びをする子供も少なく、お母さんも今日ばかりは服が泥だらけになっても終始笑顔。それに味を占めたのか、お子さんは皆泥だらけ。(お母様、洗濯もの増やすようなイベントしてすみません。m(_ _)m )
 そうこうしている内に時間はあっという間にすぎ、塗り始めると時間が経つのを忘れていて、もうちょっとしたい雰囲気でしたが、ここで塗り壁体験終了(ちなみに、お帰りの際には皆様練り直した珪藻土をお持ち帰りされ、バケツは空に)。

 塗り体験の後はちょっとブレイクタイムをとり、簡単に「珪藻土」の勉強をしました(写真⑧)。
 新築の家だけでなく、リフォームでも使えるのが珪藻土の特徴。それもちょっと経験を積めば、ご自身で簡単にする事が出来ます。そのせいか、皆様真剣に耳を傾けていらっしゃいました(写真⑨)。

 最後には、どなたも満足頂いたようで、ほっとしました。
 これからも周南支店はこんなイベントを続けていきます。参加してみたいなと思っているあなた、是非ご参加下さい。心よりお待ちしています。

■周南支店 TEL 0833-44-5020
(報告:周南支店 福田)
 
  • 2006.06.12

周南支店:~珪藻土塗壁体験会~(社員研修編)

こんにちは。
 今日は周南支店から6/4に開催した「やすらぎ塾~珪藻土塗壁体験会~」の報告を営業の福田がします。前半は社員研修編。笑いあり、涙あり(?)の2時間でした。

 はじめに皆さん「珪藻土」ってご存知ですか?
 最近は世間一般的に自然素材でものを作ることが主流になりつつありますが、その中でも、手軽で簡単に、リーズナブルで楽しめる「珪藻土」があります。
 「珪藻土」は植物性プランクトン(簡単に言えば藻です)が長年にわたり海底や湖底に堆積して化石化したものです。昔から七輪などの材料として有名で、最近ではこれからの時期おいしいビールのろ過材として使用されています。また、家の室内壁に塗られることも多くなっています。
 そこで今回「珪藻土塗壁体験会」を試みました。
 まずは指導者になるため社員が体験し、知識を詰め込みました。
 講師は㈱サメジマコーポレーションの山本さん(写真①)にお願いしました。(余談ですが、サメジマコーポレーションは今回使用する塗壁用珪藻土「リターナブルパウダー」で特許を取っている会社なんです。)
 さて、まず左官の道具で手板とこて(写真②)を準備して、バケツに珪藻土と水を入れて、よく攪拌します(写真③)。
 ここから講習のはじまりです。
 講習前半は塗りの講習。基本を教わった後、3人がそれぞれ塗り始めました。
 コーディネーターの今宮(写真④)は結構器用でスイスイと塗り、営業の池田は下に珪藻土を落としながら悪戦苦闘(写真⑤:ちなみに福田が塗った後をいじっている池田)。
 私福田は最初だけもたつきましたが、最後のほうはきれいに仕上げることが出来るようになりました。(写真⑥
 やっぱり経験は大切。左官屋さんの技術には絶間ない努力がありことを痛感しました。
 講習後半は「珪藻土」の知識の勉強(写真⑦)。
 「珪藻土」はいろいろな効果を持っています。例えば、調湿性や吸臭性です。調湿は家の中の湿気を吸ったりはいたりしてくれて、常に心地よい湿度を保ってくれます。(写真⑧:ちなみに快適湿度は40%~70%と言われています)。
 吸臭性においてはこれまたすごい。にぼしなど匂いの強いものでも「珪藻土」の石と一緒に入れるとすぐに匂わなくなっちゃいますよ。
 「珪藻土」一つでもたくさんの知識が詰まっています。(写真⑨:詰め込みすぎ?池田がショートしかけています。)
 今回は北海道産の珪藻土「リターナブルパウダー」を使用しましたが、日本は元来ほとんどが海の底でしたので、皆様の足元を掘ったら、「珪藻土」が出てくるかも知れません。
 それでは、これからがお客様と本番です。

 つづく……。
  • 2006.06.10

企画部:6月のマ・メール

 こんにちは。企画部 竹藤です。
 さて、4月末にマ・メールを育て始めて、ひと月あまりたちました。
 今では、立派につるを伸ばしはじめています。(写真左)

 ここまで、いろいろありました。
 なにしろ、もともと生き物を育てるのが苦手な人間です。
 放任主義…と言い訳しながら放置しておいたら、どんどん育ち、だんだんもとの鉢が手狭になってきました。
 部署内から「そろそろ鉢の植え替えを…」との声がありましたが、さらに放置。
 いよいよ、見かねた企画部 塩谷さんが大きな鉢と立派なつる棒を買ってきてくださいました。
 ありがとうございます!
 植え替えさせていただきます。いただきますとも!
 そんなこんなで、マスコットも大喜びです。(写真右)

□H18.06.08 企画部 竹藤

  • 2006.06.08

北九州支店:『森のテラス』の植物たち

 今回は北九州展示場『森のテラス』より、庭を彩る植栽の風景をお届けします!

 暑い日が続いており、私たちにとっては少し過ごし辛い季節ですが、植物の成長にとっては良い気候のようです。
 あちらこちらで色々な花がつぼみをつけ、少しずつ咲き始めています。
 この時期の主役となるアジサイ(写真①)をはじめ、ヒペリカムカリシナム(舌を噛んでしまいそうな名前ですね。オトギリソウの仲間だそうです;写真②)など、今週末頃にはきれいに咲き誇っていることでしょう。
 また、ワイルドストロベリー(写真③)ジューンベーリー(写真④)などはきれいな実をつけています。おいしそうで思わず口に運んでしまったのですが、、、なんだか懐かしい味がしました。
 是非みなさん、ご覧に&召し上がりにお越しください!

■北九州支店 井上
 TEL:093-932-6670

支店ダイアリーのRSS

検索

ブログを検索:

カレンダー

カテゴリー

アーカイブ

最近のエントリー

 
ページのトップへ