2006年10月の記事一覧

  • 2006.10.31

エコ畑便り:植え替え失敗??( ; _ ;

 10月24日火曜日曇り……その日、私たちエコ畑チームは、野菜の植え替えをしました。
 理由は2つ。
 ①これまでプランターで育ててきた野菜たちが、「狭い!出して!」と視覚的に訴えてきたこと。と、
 ②ここまで醗酵させてきたエコ畑の土たちが、1ヶ月たって、植え頃になったから、です。

 植え替えは順調に進み、野菜たちの居住スペース問題も劇的な解決を見た……はずだったのですが、翌日、水遣りに行ってびっくり。
 あれだけ元気だった白菜や大根たちが、見る影もなくしなびていたのです!

 なんということでしょう…。
 とりあえず、水をたっぷりやりました。
 早く元気になってください……。

文:企画部 竹藤

  • 2006.10.30

周南支店発:園長日記vol.7

~ 安成菜園土づくり中 (‘◇’)ゞ ~

 やっと安成周南菜園は第2ステージへ突入!! お礼申し上げますm(_ _)m

 ここで今回つくる畑をちょっと解説。今日教育問題がいろいろとニュースや政治で取り上げられていますが、その中に「食育」があります。「食」は生活していく上でとても重要なことであり、その「食」が今乱れがちにあります。自然の恵みをたくさん受けた野菜を食べて、心身ともに元気な体づくりをしましょう。
 そこで今回安成工務店は無農薬野菜「生ゴミリサイクル元気野菜」で生活提案とともに「食育」も提案できたらと思っております。土も草や生ゴミで栄養をとり、害虫除け剤も全部人間が食べられるものからつくります。
 それでは、「園長日記:土づくり編」始まりです。

★投入【初日】
 今日の天候くもり。やっとのことで出来た畑に、とうとう生ゴミ投入の日がやってきました。(^-^)v この日をどれだけ待ち望んだことか。生ごみは1㎡に20㌔必要で、周南菜園は7㎡強あるため140㌔必要!!
 そんな大量の生ゴミを地域の食品業者さんに頼み、何とか調達してきました。(家庭でするときは生ゴミストックバケツなんかを利用すると便利!!)
 その大量の生ゴミとぼかしを畑に投入し オリャ(ノ-o- )ノ⌒○、表面でよく耕し混ぜました。その上に刈り草をかぶせ、猫やカラスよけ用にシートをかぶせて、初日は終了。
 この次は3日後の確認です。どんなになっているのか楽しみです。0(^-^0)(0^-^)0

★投入【3日目】
 天候曇りのち晴れ、若干風強し。今日は投入3日目。2日目にシートの上から触ってみると、発酵熱?でとても熱かったから期待が持てていたが、シートをはがすまで少し不安だった。
 そしてとうとうはがす時が来ました。シートと刈り草を取ってみると、そこには白カビがびっしりと付いていました。まずは成功ですかね。よく攪拌して、土に酸素を送り、今度は投入1週間後の確認です。ここで失敗するわけにはいかない。

 「住む(建物)」とは「生活をデザイン」するものであり、「生活」とは「健康・健全な身体と環境」だと考えます。安成工務店は「建物」だけでなく、「生活」もご提案しています。
これは安成工務店の家づくり思想のほんのほんの一部です。まだまだお伝えすることが山ほどあります。ぜひ一度展示場をご覧になってください。お待ちしております。

周南支店  TEL 0833-44-5020
周南展示場 TEL 0833-45-2263

報告:周南支店 福田

(写真)
①いよいよ第2ステージ突入!!
②生ゴミ投入。よくまぜ、混ぜ、
③ぼかしと刈り草被せて、
④ブルーシートで終了
⑤3日目、白カビ大発生

  • 2006.10.27

周南支店発:園長日記vol.6

~ 安成菜園開拓中 (‘◇’)ゞ ~

★開拓最終日【16日目】
 今日の天気は少し雲がかかっている状態。やっと、やっと畑が完成してしまいました。\(^o^)人(^o^)/ だいたい思い通りのものができ、ちょっと涙が・・・なんて汗が目に入っただけですf^^;)  3人がよくここまでできたと思い出に浸ってしまいました。しかし、ここまでの道のりを考えると本当に感極まるものがあるのはたしかです。

―回想― 

 開拓開始から約1ヶ月半かかり、その間には土を掘った後雨が降り、畑がプールに変わってバケツで水を排出したことや、セメントで固められた表層改良の部分(約60cm)を手作業ではつって、大量の砕石が出て土嚢袋の山をつくったり(^^;;;、予想外のことが最初多く、計画を途中で諦めるしかないかなと思うほど(ΘoΘ;)。

 がしかし、そこで諦めてしまっては安成工務店の社員の名折れ、初志貫徹。こんなちょっと大変ぐらいで折れてしまっては、人生で最大の買物(住宅)をご計画のお客様に営業をしている者として、安成工務店の家づくりの思想を自信持って説明できない。どんな大変なことであろうと地道に解決し、最高の結果を出すのが、安成工務店の社員。(^へ^)v

 本当に畑一つ作るのに大変な思いをしました。農家の人たちや物をつくるという面で安成工務店の家を作ってくださる協力業者さんの苦労が少しでもわかったつもりです。
 さぁ、とにかくこれで畑の形になり、第1段階終了。これから本格的に土づくりに入ります。まだまだ収穫祭までには長い道のりがありますが、これまで同様メゲズに頑張ります。

 次回からは「園長日記・土づくり編」をお送り致します。(^-^)

「住む(建物)」とは「生活をデザイン」するものであり、「生活」とは「健康・健全な身体と環境」だと考えます。安成工務店は「建物」だけでなく、「生活」もご提案しています。
これは安成工務店の家づくり思想のほんのほんの一部です。まだまだお伝えすることが山ほどあります。ぜひ一度展示場をご覧になってください。お待ちしております。

周南支店  TEL 0833-44-5020
周南展示場 TEL 0833-45-2263

報告:周南支店 福田

(写真)
①や・・やっと完成~!!
②畑開拓スタッフです。

  • 2006.10.25

周南支店行事 ~社員全員集合!! 現場一斉清掃~

 こんにちは。今日は周南支店から10/19に行いました「周南支店~現場一斉清掃~」の報告を営業の福田がします。

 周南支店では業者勉強会というものを毎月開き、安成社員・協力業者が分け隔てなく、意見を交わし現場のあり方や、スムーズな現場工程を考えています。数年前の会議の中で、「現場をもっとクリーンなものにしていこう」という議題があがり、ここ数年たくさんの現場がさらにきれいになってきていました。

 ・・・とある朝礼会議でのこと。

 いろいろな議題があがり、ひょんな事から「まだ今以上にクリーンな現場にしていこう」という意見がで、「お客様が着工からお引渡しまで気持ちよくできるようにしていこう」ということで周南支店社員全員が一斉清掃をすることになりました。

 ・・・一斉清掃当日、10/19朝。

いつもの朝礼会議を済ませ、社員が2班に分かれ、道具を持ち、いざ出発!!! 現場は上棟を終え大工さんが内部の作業をしていたり、基礎工事中でコンクリートを流していたり、数日後にはお引渡しの現場があったりとさまざまです。
 勉強会で「クリーンな現場」を言っているだけあり、かなり前(本当に昔のこと)よりきれいな現場になっていました。がしかしそれはそれ、社員がそれぞれ清掃道具を持ち、現場に突入。
 業者さんには一斉清掃のことを事前にお知らせしていないため、安成の社員がいきなり来たので「どうしたの!?」って顔でした。

 内部の清掃をするのは当り前ですが、全体を通じて多々ある現場で特に重点的に行ったのは、現場周辺のゴミ拾いや、草取り、トラックの出入りのときに道路に出てしまう砂や小石掃き。近隣の人にもやはり配慮が必要ですよね。

 お引渡しした後のお客様のよりよいご近所付き合い、現場の職人の人たちにも気持ちよく作業をして頂いきいい仕事をいてもらいたい、など社員個々がそれぞれ思いながら行いました。これからも、今より気持ちのいい現場にして行こうと努力します。そうすればもっともっと気持ちのいい住宅ができていくことと信じて、続けていきます。

 周南支店ではお客様に気持ちよくお引渡し出来るよう、様々なことを社員全員が意見を交わし、よりよい現場のあり方を考えています。これからもよろしくお願いします。


■報告:周南支店 福田

(写真)
①しまっていこうぜぇ~。
②タオル王女?
③ほうき部隊出動!!
④手拾いです...。
⑤ほうき部隊出動!!その②
⑥手拾いです...。その②
⑦匠のワザ、クリ~ン...でした。
⑧歩道の掃除は大切だ!!!

  • 2006.10.24

総務部:【花いっぱい運動】

 社内継続事業の一つに、「花いっぱい運動」があります。
 平成12年当時、下関21世紀協会主催の上記運動に当社も参画し、本社の正面に、社内で発生した廃材を利用し、製作したプランターを設置して、花を植える事業を始めて早6年。
 毎年2回植替えを行いますが、本日、今年2回目の植替え作業を行いました。

 本社は、木の家づくり展示館と違い、鉄筋コンクリート作りの為か、少しかたいイメージがあります。少しでもこの花たちが、イメージをやわらげてくれることと思います。
 さらに、本社を訪れるお客様、業者の方、関連会社の方、そして社員へ、この花たちが少しでも「やすらぎの空間」を与えてくれることを、関係者一同期待します。

■総務部 西田茂樹

  • 2006.10.23

周南支店発:園長日記vol.5

~ 安成菜園開拓中 (‘◇’)ゞ ~

★開拓【13日目】
 今日の天候くもり。日差しがないので肉体労働日和です。(太陽が出てないのでOM日和でないのが残念!!)
 今日は畑作業ではなく、倉庫の整地清掃作業。近隣の人には日々ご迷惑を掛けていますので、きっちりしたいものですf^^;)  次回は畑の土留めつくりです。表層改良をそってくるいらないほどの大量の雨水止めの問題と展示場の菜園だけに見栄えもキチンとしないとカッコが付かないので考えに考えています。・・・・ρ(--)ゥ~ン・・・・“ピーン”・・・・(◎0◎)ヒラメイタ。 土留め作業は後日番外編にてご報告。

★開拓【14日目】
 天候晴れ。土留めづくりに着手します。建築会社の知識を用い、立派なものにしたいものです。これからだいぶ遅いですが苗作りにはいり、予想外の出来事ばかりで畑の完成が遅れに遅れた分、挽回です。苗はキャベツ・白菜・大根、あと11月にでるタマネギで完成後の畑がにぎやかになります・・・・・・予定。f^^;)

★開拓【15日目】
 天候、晴れ。今日は最後の土入れ日。前回2t車1台分入れたけれど、あと1.5台分は入れないとね。でもしかし、掘るときより入れるほうは楽ですね~。 ラクショ~ウ(^へ^)v と、思っていたら、1台分で十分な量になった。これで、土入れも終わり、あとは畑開拓最後の締め、土留めの仕上げです。そうすれば次回はやっと念願の安成周南菜園完成です。泣いてしまいそう・・・かな?


「住む(建物)」とは「生活をデザイン」するものであり、「生活」とは「健康・健全な身体と環境」だと考えます。安成工務店は「建物」だけでなく、「生活」もご提案しています。
これは安成工務店の家づくり思想のほんのほんの一部です。まだまだお伝えすることが山ほどあります。ぜひ一度展示場をご覧になってください。お待ちしております。

周南支店  TEL 0833-44-5020
周南展示場 TEL 0833-45-2263

報告:周南支店 福田

(写真)
1.土入れ終了~!!
2.キャベツの苗です
3.OMキッチン畑で苗づくり

  • 2006.10.21

建築事業部:ケアホーム春日 菜の花オープン

 10月9日(月)福岡県春日市須玖南にデイサービスセンターを併設する住宅型有料老人ホームがオープンしました。
 ケアホーム春日 菜の花です。
 4月初旬に着工し9月末日にお引き渡し致しました。
 お施主様のご自宅が工事場所の奥にあり、工事現場横の仮設通路を毎日通られる為、日々工事の進捗を御覧になり、私たちに労いのお言葉をたびたび頂きました。
 今年は梅雨が長く、思うように工事が進まない日々が続きましたが、協力業者さんやお施主様及び近隣の皆様のご協力のおかげで、無事工期内に完成する事が出来ました。
 この場を借りましてお礼申し上げます。

※10月8日(日)に盛大な竣工式があり、当社に感謝状を頂きました。

■建築事業部 須藤

  • 2006.10.19

モデルで菜園♪:北九州支店

 先日、北九州モデルハウスにも小さな菜園をつくりました!
 過去に何度か報告のある、周南支店の菜園や、エコタウンのエコ畑には遠く及びませんが、、、頑張りました。

 花壇として使っていた一部を、移植小手で耕し、そこに苗を植えました。
 今回植えたのは、レタス4種類とプチキャベツ(小さいキャベツがいっぱいなるそうです)。
 本当はトマトやナスなど見栄えのするものを植えたかったのですが、完全に時期はずれ。
 緑一色でちょっと物足りない感じもします・・・。でもでも、これらも立派な野菜。大きくなったらどう料理して食べようかなぁなどと考えながら、心を込めて植えました。

 今回このような形で久しぶりに“土いじり”をしたのですが、なんだかすごく楽しかったです。自然との触れ合いを求めて、山に行ったり森に入ったりということはよくしますが、こんな身近なところでも自然を全身に感じられたような気がします。

 自然素材を使うだけの家ではなく、自然と触れ合う生活のできる家、そういった住まいのご提案をしたいと思っています。

■北九州支店 井上

  • 2006.10.17

周南支店:構造見学会&セルロースファイバー吹込み実演会

 こんにちは。今日は周南支店から10/14・15に開催した「構造見学会~セルロースファイバー『デコスドライ工法』吹込み実演~」の報告を営業の福田がします。

 この度山口県では、優良県産材を利用した住宅を建築したお施主様に対して、補助金を交付する、優良県産木材利用住宅の建築促進助成制度がスタートしました。以前より安成工務店は県産材「防長杉」を使用した地産地消型の環境に、身体にやさしい家づくりをしております。そこで今回この山口県優良県産材助成金の制度を利用して建てられている建物とちょうど施工中の断熱材吹込み現場を拝見してみましょう。

 まず現場に入ると無垢の木のいい匂いが、来場者の人を迎えてくれます。「無垢の木って、いい匂いがして、なんか落ち着くよね」と来られた方皆様口を揃えて言ってくれていました。さらに入っていくと、グループ会社「エコビルド」のプレカット職人が厳選した色艶のいい県産材の柱・梁が見えてきます。「エコビルド」で加工される木は、腕のいい職人が素晴らしい技術を駆使し、さらに色艶よく、なめらかな手触りを実現しています。そんな木がしっかりとした柱・梁を構成し、何十年とその家を、そこに住む家族を支えてくれます。そんな確認もとても大切なことですね。

 さらに奥にでは、セルロースファイバー「デコスドライ工法」の吹込み施工中です。この断熱材は新聞古紙を再利用した断熱性・調湿性・吸音性・難燃性etcに優れた環境に配慮された断熱材です。「セルロースファイバー」には吹付け工法と吹込み工法の二種類があり、安成工務店が標準使用しているのが、グループ会社「デコス」の吹込み式「デコスドライ工法」です。この断熱材にはたくさんの特徴・特性がありますが、ここでは言い表せないほどの量なので、後日の機会に説明しましょう。

 なかなかこの断熱材の施工を直に見る機会は少なく、ちょうどいいタイミングでの見学会でした。来場者の方も施工の仕方を見学したり、施工後の充填度合いのチェックをしたり、簡単な実験道具で性能を確かめたりされて、「うんうん、へぇ~」など納得されていました。

 完成された建物ばかりではなく、施工途中の建物で壁の中がどうなっているのか、どういう材料を使っているのかなどの確認は本当に大切なことです。そこで施工会社の家づくりの姿勢が見えてきたりもするものです。見えないところこそしっかりしたいものですね。
 是非皆様次の機会でもお会いできることを楽しみにお待ちしております。

■周南支店 福田

(写真)
01.優良県産材認定シール
02.直に見る断熱材の吹き込み現場
03.大切なお家。真剣な表情で作業
04.断熱材の充填具合をチェック。しっかり入っています
05.作業終了。お疲れ様デコス

  • 2006.10.16

エコ畑便り:青々と

 プランターに苗植えして一週間……。
 水遣りに行って、驚き!
 大輪の花が……いや、青々とした葉が出ておりました。
 写真をご覧ください。
 内容は、白菜、キャベツ、ブロッコリー、大根、ニンジン、葱です。
 大成功&収穫祭の予感!

 これからも害虫や寒さにめげず、頑張れ~。

文:企画部 竹藤

支店ダイアリーのRSS

検索

ブログを検索:

カレンダー

カテゴリー

アーカイブ

最近のエントリー

 
ページのトップへ