2007年11月の記事一覧

  • 2007.11.30

【宇部】コーディネートルーム完成☆

 こんにちは(^^) 宇部支店にコーディネートルームが完成しました!

 宇部支店はコンクリート造のビルの中にあるんです。この季節、とても寒いです(+_+)
 木だったら、もっと暖かいのに・・・
 この度、事務所というイメージを一変して、お客様に木の温もりや心地よさを感じながら、もっと気持ちよく打合せして頂こうとコーディネートルームをつくりました。

 床は唐松、壁には珪藻土・・・建具のミニサンプルも作りました。お子様のキッズコーナーは和室仕様。打合せをしていても、障子の隙間から様子を伺えるので安心です(*O*)

 安成らしい空間になって、より楽しく打ち合わせをさせて頂いています。

 昔の打合せコーナーをご存知のOB様も、ぜひ遊びにいらして下さい☆心よりお待ちしております。

■宇部支店 中野
 TEL 0836-35-8678

(写真)
①会議室の一角を改装しました
②冬でも温かい唐松
③建具ミニサンプル
④キッズコーナー

  • 2007.11.29

【北九州】OB様感謝祭(その2)

 第2部は、筋金入りのOB様である田尻海山先生の「ほりほりハンコ塾」。
 篆刻(てんこく)という石のハンコを作りました。これほど本格的にしかも楽しく作れる教室はなかなか無いと思います。

※今回の主な用具:印材(石)・印刃・印箋(半紙)・印泥

 小さいお子様もチャレンジです。
 大切なことはたくさんありましたが、「楽しく 安全に」が一番でしょうか?
 先程の食事の時とは打って変わってこの真剣さ!!
 海山先生のご指導の下、こんなに素敵な作品ができました。
 これで来年の年賀状はバッチリですね。

 そんなこんなであっという間の4時間、いや5時間(になりました・・・すみません)でした。
 お子様達の成長と共に、これからもずっと安成の家づくりを見守っていて下さいね!社員一同頑張ります!!

■北九州支店一同
 093-475-2323

(↓記念の1枚)

  • 2007.11.29

【北九州】OB様感謝祭(その1)

 11月18日、「木の家づくり展示館」でOB様感謝祭を開きました。
 支店開設当初のOB様は早10年!時の長さをお子様達のご成長で感じます。縁あって安成と出会い、お家を建てて頂いたOB様たち。私達はお客様から様々な事を教えて頂いているように思います。
 
 第1部は社員の紹介そしてOB様の自己紹介の後、新旧混じってのお食事懇親会。
 乾杯をして勢いがついたのか、木の家づくりや珪藻土について熱く語られる姿はさすがです(^^)!朝は雨模様で寒く感じましたがお昼には晴れ。
 ここでOMソーラーの素晴らしさをしみじみと感じる場面もありました。実際に住んで良さを実感されている方達ばかりなのですぐに意気投合です。社員OBも参加しての楽しい立食パーティーになりました。

(今回のしつらえ)
人が集まる所に美味しいお食事はつき物です。花人でありシェフである中野正三氏に依頼。有機野菜を中心に前菜からメイン、デザートまでをオリジナルメニューで作って頂きました。Well Come Flowerには建築家アルヴァ・アアルト(1898--1976 フィンランド)のフラワーベース(Lクリスタルイッタ20071129075611b.jpgラ)にブーゲンビリア、葡萄が2房!下は大きな芭蕉の葉です。


(続く)

  • 2007.11.27

【宇部】たつおじさんシリーズ/とある現場の風景

 ある晴れた肌寒い日。山口の担当現場に工程の進み具合を確認しに行ったときのこと。
 
 その日はセルロースファイバー断熱材を吹込む最後の日でした。家も大きいため3日間かかったと現場の人。工程の進み具合は順調で安心していい現場であった。
 現場は川沿いにあり、夏のシーズンになると蛍がたくさん見られるところであった。が、この時期に天道虫(てんとうむし)の大量発生(◎o ◎) 現場のネットやフェンスに今まで見た事も無い数がびっしり。七星や二星、星のないのまで……。
 地球の温暖化がこんなところにもきてるのかな?って思いましたね。
 安成工務店も環境に配慮した取り組みが評価されましたが、これからは一人一人が小さなことからコツコツとエコを考えていかなくては・・・・。

 写真は携帯で撮ったため写りが悪くてすみませんm(_ _)m

■宇部支店 TEL 0836-35-8678
(報告:福田龍也)

  • 2007.11.24

【周南】北九州・エコビルドバスツアー

 11月18日(日)に周南支店が中心でエコビルドセミナーを行いました。
 周南支店からご参加いただいたお客様は、午前中は北九州展示場「香の家」を見学していただきました。
 これから建築される方から、今後の参考までにと思いも様々に1時間程の中、皆様あちらこちらで熱心にご質問されていらっしゃいました。
 お昼は「めかり」のSAで、関門海峡を行き交う船を眺めながら、お食事を楽しんでいただきました。
 お昼からは、他支店のお客様と一緒にセミナーに参加です。
 木に触れながらまた、デコス工場では原料を投入していただき、お話を聞くだけでなく、見て触れるセミナーにしています。
 今回は、一段と寒さが厳しい中で大変だったかもしれませんが、当社の取組みをご理解頂き幸いです。
 ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
 来年もまた、計画を考えますので、今回ご参加できなかった方は是非、
 次回を楽しみにお待ち下さい。

 ちなみに12月イベント報告として、12月16日(日)に周南展示場でクリスマス会を開催いたします。参加人数に限りがありますので、早めにお申込下さい。待ってます。

■周南支店 報告:岡本順子

  • 2007.11.22

【企画部】企業と協働による水源の森づくり体験

 山口県下関農林事務所、長門農林事務所からの呼びかけに、ボランティア参加企業団体109名が応えました。わたしたち安成工務店企画部3名も初参加しました。
 森を守っていく、水を守っていく目的のなかでの地道な活動が、大きな成果となって結びついていく貴重な体験をしてきました。
 森林整備作業活動は、抜き伐り、枝落とし、チッパーによる枝条処理です。
 初参加のわれわれは、おたおたしながらも、それなりにがんばったつもりなのですが、腰が引けていますよね。
 作業後は、お食事をしながらの交流会。40分をかけてできあがった竹飯は最高においしかったです。そして、冷え込む山の中でのしし鍋は、体中、ぽっかぽか。
 今回参加して、改めて、山や森を大切にすることは、水を守っていく原点であることや、動物が歩けない山にならないように、森に光をあて、木々を育てていくことなど、貴重な体験、体感をさせていただきました。われわれほんの小さな力でしたが、今後も参加させていただきたいと考えています。

■企画:塩谷

(写真)
1.細い木も倒れるときは、危険です。
2.企画のふたりですが、これでも必死で切ってます。
3.倒れるぞぉ~。
4.しし鍋最高においしかったです。
5.竹飯の出来上がりが待ち遠しい。
6.各企業団体からの参加109名です。

  • 2007.11.21

【北九州】☆ライトアップ☆香りの家「森のテラス」

 刻々と寒さが増してきていますが、皆さまお変わりありませんか。
 寒くなるこの季節は、OMソーラーが最も力を発揮する季節です。木枯らしが吹いていても、家の中はぽかぽかと気持ちがいいですよ。
 そんな北九州展示場では、クリスマスも近いということで、モデルハウスをライトアップしました。外から見てもあたたかさが伝わるといいです。

 夕方の、少し冷え始める時間帯が、OMソーラーもイルミネーションも満喫していただけると思います。お気軽にお立寄りください。お待ちしています。

■北九州展示場 香りの家「森のテラス」
 担当:井上
 Tel:093-932-6670
 Fax:093-932-6680

  • 2007.11.15

【周南】園長日記vol.25

~安成菜園ただいま開園中2007秋 (‘◇’)ゞ~

★えこ畑開園から300日目
 天候晴れ。
 野菜に水遣りをしていると、目の前で不思議な現象を発見しました。
 写真①と②を見比べて頂きますと、野菜の種類によって葉に残る水滴の量の違いに、お気づきになられるかと思います。
(①ブロッコリー:はじく、②春菊・ほうれんそう:はじかない!)
 今、6種類の冬野菜を育てていますが、そのうち、何故かブロッコリーだけ、まるでワックスを塗ったかのように水をはじきます。一体、どうしてでしょうか・・・?
 水をはじくと言えば、張りのあるピチピチのお肌は水をはじきますが、もしかして、それと何か関係があるのでしょうか?
 この謎、解かずにはいられません。早速、解明といきましょう。

 実は、多くの作物は表面にロウ状物質を生成するそうです。
 これは作物の防御反応で干ばつなど乾燥から水分蒸散を防いだり、雨などと一緒に病害菌が内部に浸透するのを防ぐためといといわれています。
 冬になり乾燥して寒くなると、ブロッコリーはこのロウ状物質を多く生成するそうです。
 この様な現象が見られる作物は他に、りんご、トマト、キャベツ等があるそうです。
 りんごの表面がワックスを塗ったようにベタベタするのは、成熟するにつれてリノール酸やオレイン酸などの脂肪酸が増え、これが皮に含まれるロウ物質を溶かして表皮に出てくるためだそうです。
 つまり、りんごの皮に含まれるロウ物質が、鮮度保持の役割をし、栄養分やミネラルの消耗を防ぐ役割をしています。特に早生、中生種のジョナゴールド、つがるなどでよく見られ、ふじや王林ではあまり見られない現象だそうです。

 一方、若い人の肌が水をはじくのは、若い人は細胞内の水分割合が高く、細胞内の生命活動が活発で細胞膜がはち切れるような状態にあるからだそうです。ということで、作物のように水をはじく成分が皮膚上にあるから水をはじくのではなく、単純に年齢による生命活動の活発の違いによるものだったようです。若さに乾杯!!です。

 「住む(建物)」とは「生活をデザイン」するものであり、「生活」とは「健康・健全な身体と環境」だと考えます。安成工務店は「建物」だけでなく、「生活」もご提案しています。
これは安成工務店の家づくり思想のほんのほんの一部です。まだまだお伝えすることが山ほどあります。ぜひ一度展示場をご覧になってください。お待ちしております。

■周南支店  TEL 0833-44-5020
 周南展示場 TEL 0833-45-2263
 報告:周南支店 津田

  • 2007.11.12

【えこ畑】芋ほり大会

 11月11日、えこ畑でさつま芋堀り大会を開催しました! この芋は、6月24日のえこ畑開きイベントにおいて、皆様と植えた苗が育ったものです。

 天気は、少し曇り気味。風の冷たい朝でしたが、約20名のお客様が一斉に掘り始め、すぐに体が温かくなりました。
 見てください、こんな大きなお芋もほれました。(写真!)
 掘ったお芋は、味噌仕立ての野菜たっぷり鍋にしていただきました。
 そして、残りは皆さんに持って帰っていただきました。
 子供たちにもいい思い出になったらいいなぁと思います。

■企画部 えこ畑チーム 竹藤
 TEL:0832-52-2478

  • 2007.11.10

珪藻土塗り体験教室 北九州支店

 毎回たいへん好評をいただいているこの企画、今年2回目の開催となりました。

 今回お集まりいただいたのは、間もなく着工を迎える方やこれから家づくりに取り掛かろうとしている方など様々です。
 左官職人さんによる実演のあと、参加者の皆さんにも「手板」と「こて」を持っていただき、実際に壁塗りを体験してもらいました。
 職人さんの作業を見ていると、意外に簡単そうに見えます。サッサッサーっとあっと言う間に壁一枚を塗ってしまいます。
 ところがやってみるとそううまくはいきません。手や服を汚しながら、皆さん悪戦苦闘していました。
 そうしているうちにも段々慣れてきたのか、中には職人さんも認めるほどの仕上がりを見せてくれた方もいらっしゃいました。お見事!

 壁塗りの後には珪藻土の持つ性能について、実験を交えながらお話しました。
 珪藻土の性能の良さに加え、壁塗りがご自分でも出来るということを知っていただき、これからの家づくりの過程に、積極的に参加していただけたら嬉しく思います。
 参加された皆さまありがとうございました。
 今回参加できなかった方は次回のご参加お待ちしております。

■北九州支店 井上
 TEL:093-475-2323

支店ダイアリーのRSS

検索

ブログを検索:

カレンダー

カテゴリー

アーカイブ

最近のエントリー

 
ページのトップへ