2011年6月の記事一覧

  • 2011.06.29

【総合企画】金沢、町屋の風景

先日、金沢へ出張に行ってきました。

福岡から朝一の飛行機に乗って10時ごろ市内に到着。
打合せは午後からだったので、市内を少し散策することにしました。
以前から、金沢に行ったときは昔の町屋が残っている街並みを見に行きたいと思っていたので、
これはチャンスとばかりに行ってきました。

110621kikaku01.jpg

ひがし茶屋街という保存地区をぶらぶら歩いたのですが、広範囲にわたって街並みが保存されて
いるのに驚きました。また、どの建物も格子が美しく、まとまった美しい街並みが維持されていました。

110621kikaku02.jpg

その多くが店舗として品よく改装しながら使われ、観光客も多くてにぎわいもありました。

そのような建物が並んでいる中に、「志摩」という江戸時代に遊芸を楽しむための建物が当時のまま
残されていて見学できました。
まん中に中庭を配置した典型的な町屋形式の建物で、1階が住居部分、2階がお座敷という構成です。
当時の華やかさが使っている材料や配色からもうかがえました。
また、町屋は建物の間口が小さいので、光や風を入れるために中庭を設けているのですが、そこが逆に
町屋の魅力になっていて、中庭を通して部屋に光が象徴的に差し込んできたり、植栽が鮮やかに目に
飛び込んできたり、オモテの通りとは対照的な異空間を体験できます。

110621kikaku03-04.jpg

その他に中庭があることによって気圧の差が生じて風の流れをつくりだして涼をとる装置にもなっています。
今回町屋を実際に見て、昔の建物の質の高さに改めて触れることができました。

昼からの打合せを終え、夕方の飛行機で戻るという日帰り出張でしたが、とても充実したものになりました。

□総合企画室 小川
  • 2011.06.28

【山口】構造見学会接客奮戦記

山口支店営業担当の木本聡和です(2日連続ダイアリーで恐縮です)。

今日は先日開催しました、構造見学会での初陣となる接客奮戦記についてお話します。

110627yama2-01.jpg

構造見学会を前にして、入社してから今までエコビルドの構造館や建築中の建物へ足を運び、家が完成するまでの流れを私なりに資料として準備して参りました。見学会の前日まで「何を話そう」「何を伝えよう」と考えシミュレーションしてきましたが、あっという間に見学会を迎えることとなりました。

当日ついにお客様がご来場され、不安と緊張でいっぱいの私の出番がやって参りました。
お客様とお話をするなかで 「容積率」 の質問を頂きましたが、即答できずに真っ白になってしまいました。
資料として用意していたファイルを見せることも忘れ、建物の内容を説明することがまったく出来ず、ただ時間だけが過ぎていきました。


お客様が帰られた後、接客対応の反省点を一緒に待機して頂いたサラリーマン金太郎こと営業の藤井さんにご指導いただき、次の接客に備えて理解を深めることにしました。
また当日帰社後、接客対応の内容をレポートしてまとめ、2日目の見学会で話せるように取り組みました。


そして2日目。
この日は大下店長の接客対応を見聞する機会がありましたので一言一句耳を傍立てて聞いていました。大下店長の対応は質問された内容に即座に回答され、丁寧に説明する姿勢でした。

それに対し私は、ファイルを見せながらの説明でしたので、大下店長の域には程遠く、
 
「このままではいかん!! どげんかせねば」
 
と私の営業マンとしてのハートに火をつけるに至ったのです。

これからは家づくりの事をもっと詳しく学び、いつかは大下店長を追い越す気持ちで日々の営業活動を通して、お客様に最適な提案が出来るように精進して参ります。

○山口支店 木本聡和
  • 2011.06.27

【山口】その後の緑のカーテン

110627yama01-06-02.jpg山口支店営業担当の木本聡和です。
今日はその後の緑のカーテンについて報告致します。
(前回の報告はこちら
 
5月に緑のカーテンの準備をして、まもなく2ヶ月が経とうとしています。
ゴーヤとキュウリをプランターへ移植した頃は、本当にそのツルや葉が
登って緑のカーテンになるか半信半疑でした。
 
しかし、成長を期待して毎朝水遣りをしていると、徐々にツルは伸び
はじめ、次第にそれがネットに絡みはじめたのです。
ツルを巻き出しての成長は早く、1日に15cmも伸びる日もあった位
です。本当に植物の成長は早くて驚いています。
私の愛情が伝わったのでしょうか?
 
ゴーヤのツルと葉の成長の勢いが顕著な一方で、キュウリは、その
黄色い花を咲き落とした後で実がどんどん大きくなり、先日20cm程
のキュウリを収穫するに至りました。
早速食べてみましたがやはり、販売されているものと違い、新鮮でみず
みずしく実がしっかりとしており、とても美味しかったです。

110627yama06.jpg
 
山口支店の先輩方はゴーヤを見て
「ゴーヤの成長は、はっきりと分かるがお前は成長しよるか?」
と何かと比較されてしまいます。

もし私自身をゴーヤに例えるなら、地面の中で芽を出す前の前の前の
準備段階だと思っています。
まだ分からないことを親切にご指導下さる先輩方の恵まれた環境のもと
で日々勉強しておりますので少しでも早く芽を出し成長できるように頑張
ります!!

○山口支店 木本聡和
  • 2011.06.23

【宇部】新発見!in 川棚

はじめまして!
今年入社いたしました、鷲頭 (わしのず)と申します。
現在、宇部支店でICの仕事を学んでおります。
常に新しい発見があり、充実した毎日を過ごしています。

私事ですが、先日、川棚に行ってまいりました。
その目的は・・・うなめしです!!!!
「なぜ瓦そばではなく、鰻?」という声が聞こえてくるような…(笑)

お店のお座敷にあがり、メニュー写真に写っているうなめしの鰻の貧弱さに一抹の不安を
覚えながらも注文しました。数分後に運ばれてきたうなめしは・・・

ふっくら肉厚の鰻がご飯が見えないほどのせてあって、ボリューム満点。
しゃもじですくい上げると、ご飯にはタレがひたひたに染みていました。
(メニュー写真、撮り直した方がいいのに!!)
お味のほうですが、鰻はふわふわとろとろ、おだしも美味しく、格別でした♪
新社会人の分際でこんな高級なものを・・・という罪悪感をいだきつつも、美味しくいただきました。

その後、川棚市街を車でぶらぶらしていると、看板を見つけました。
天然記念物 クスの森
天然記念物という言葉に惹かれ、行ってみることに。
駐車場に車をとめ、少し山道をのぼると・・・
110623ube02.jpg
110623ube01.jpg
    
この写真ではクスの大きさがわかりにくいですね。
もし人が横に立ったら、こんな感じになります。

110623ube03.jpg

このクス、本当に巨大なのです!!!!
これらの写真は携帯電話で撮影したのですが、どれだけ離れても全体像を写せませんでした。

この「川棚の大クス」は【日本三大クス】のひとつに数えられるそうですよ。
なんだか、御神木というものには本当に神様が宿っているような気がします。
思わぬところで木の生命力の強さに触れることができました。

川棚に行かれる際は瓦そばだけでなく、是非うなめしもご堪能ください。
もちろん、大クス観光もおすすめです♪
その際は、虫除け対策を忘れずにどうぞ(笑)

○宇部支店 鷲頭由香

  • 2011.06.22

【福岡】ご来店ありがとうございました!


今日は、な・な・なんと、現在「ウィキッド」公演中の劇団四季の俳優さんである
110623fuku02.jpg権藤雄太朗(ごんどうゆうたろう) さんと 西浦歌織(にしうらかおり) さんと、
事務局の田中さんの3名が、福岡支店へ来店されました!
 
日ごろは聞けないような舞台裏や俳優さんのことなど、大変貴重なお話しを
聞くことができました~。
 
サインが入ったポスターもいただき、グループ会社を含めた社員とともに
パチリ☆ポスターは、支店入口の受付横にありますので、福岡支店へお越し
の際はじっくり見てくださいね!

110623fuku01.jpg




             ↓クリックで拡大!
110623fuku00.jpg









まだまだ絶賛公演中ですので、みなさんもぜひ劇場へ足をお運びください。

※詳しくはコチラ > http://www.shiki.gr.jp/applause/wicked/
 
*********************************
 
さて、同じ日の夕方、産休から復帰したIC担当「エミリー」と、数年ぶりに福岡へ
戻ってきた設計担当「のんちゃん」を加え、久しぶりの福岡女子会を決行しました。

110623fuku05.jpg
 
110623fuku07.jpgいつもの飲み会であれば、声が大きすぎる男性社員でもOKなワイワイ居酒屋
ですが、女子会は静かで薄暗い大人の雰囲気のお店で。。。
 
残念ながら欠席となった展示場係「はらちゃん」のピンチヒッターとして、設計担当の
「うのっち(男)」が参加です。(女子会ではなくなったけど…)

110623fuku06.jpg
 

こちらは、IC担当「やなちゃん」の結婚祝いで用意した、
ケーキを食べる寸前のショット。
ささやかなお祝い品(キッチングッズ)をセレクト
してくれたのは、営業担当「ひがちゃん」でーす。

 

とにかく、食べる・しゃべる・笑うの繰り返しで、3時間たっぷり楽しみました♪
 
やっぱり、女子たちのパワーって重要…
よね?Y店長!!
 
□福岡支店 K
  • 2011.06.18

【周南】伊豆屋菓子舗様もうすぐ着工

みなさまこんにちは。
4月の支店ダイアリ-でご紹介しました “伊豆屋菓子舗様”。
いよいよ着工です。

110617shunan01.jpg

5月20日過ぎに解体も終わり、建物の配置を標し(地縄張り)に行く日のことです。
あいにくの雨で、他の現場から事務所に戻る道中
『こりゃ合羽がいるな~』
『今日はやめて、明日の朝にしよっかな~』
なんてことを思いながら事務所に戻りました。
 
事務所ではなんと営業担当岡本が。。。合羽を着、更には頭にタオルを巻いて待っていました
(足元は長靴)。 残念ながら写真はありません。。。惜しいことをしました。。。
この姿を見せられたら、有無を言わさず付いて行くしかありません(汗、汗、汗)。

岡本という人物。
二児の母であり、周南店ではスタッフのお母さん的な役割をしています。
どちらかといえば、優し――――いお母さんというよりは、肝っ玉母ちゃんです。
※注)家では旦那さんと子供たちにとても優しいのですよ。

剣道三段で高校時代には主将兼大将でインタ-ハイ出場経験もあります。
必要以上に書く(既に書いていますが)とギャ-ギャ-言われそうなので
ここらでやめておきます。
 
話が随分逸れてしまいましたが、解体後の敷地前を通り、立ち止まって敷地を見ておられる方々を
見ると 『期待にこたえなければ!!』 とおもわず思ってしまいます。
“チ-ム周南+業者さん” で力を合わせて立派な建物を造ります。

110617shunan02.jpg
 
話を戻して、地縄張りのときに現場に到着したとき。。。
姿格好は準備万端でしたが、図面を机に置いてきてしまうというオチがありました(笑)。
あわてて事務所へ電話し、周南支店では岡本の息子役的な廣瀬が急いで持ってきてくれました。
こんな愛すべきキャラの岡本順子さんを皆さんこれからもよろしくお願いします。
 
『伊豆屋さんいよいよ着工っ!』的な話だったのに。
よしとしましょう(笑)。
進捗は “家づくりだより” で。

○周南支店 藤本
  • 2011.06.17

【下関】今年も育てます!

昨年の支店ダイアリーにも掲載しましたが、今年もこの季節がやってきました!
我が家恒例、夏野菜の栽培!!!

110619shimo02.jpg

 
今年は、常連のキュウリ・トマト・ピーマンに、新入りの枝豆・カボチャが仲間に加わりました。
昨年まで栽培していました畑には子供達の大好物、ジャガイモがまだ土の中に潜んでいる為、
爺ちゃん婆ちゃんと子供たちが畑を増やし(私は仕事の為、不参加です…)栽培中です。
(カボチャは少し離れたところに植えられた為、写真に入ってませんが)

 
110619shimo03-5.jpg

息子の野菜嫌いが少しでも無くなればと始めた家庭菜園。夏だけでなく季節ごとに悪戦苦闘
しながら色々と栽培してます。虫に食べられたり、病気にかかったり上手くいかない事もありますが、
家族みんなが楽しんでます。息子の野菜嫌いが少なくなったかはもう少し時間をかけて
ゆっくり様子を見てみる事に。

 
トマトは既に実がなり始めましたが、梅雨が明けて夏本番をむかえる頃には収穫の楽しみが
やってきます。
それまでは地道に肥料と水やりです!

(家族からもっと手伝って!という声が聞こえてきそうです…)

110619shimo01.jpg
※ホタル休憩中


■下関支店 松下
  • 2011.06.16

【トライ・ウッド】第2回有明海再生講演会のご案内

110617trywood01.jpgこんにちは!トライ・ウッドの堂村と申します。
今日は、安成工務店さんのブログをお借りして、
シンポジウムのご案内をさせていただきます。

今月25日(土)に、大分県日田市にて第2回有明海再生講演会

「日田の森は有明海の魚附き林」 が開催されます。

日本は先進国の中でまれに見る森林率の高い国で、
列島の中軸を走る山脈に降る雨や雪は森を育み、
その森で涵養された水は二万本を超える川や地下水として海にそそぎ、
その基礎生産を促しているそうです。

こうした意味で、有明海の豊かで特徴的な生態系の源は
筑後川上流域の森、つまり日田にあると考えられています。

今回のシンポジウムは、有明海に暮らす人と日田の森に暮らす人、
そしてさらにその周りに関る多様なつながりを見出し、
110617trywood02.jpg森と海の関係を再考しようとするものです。

第1部の基調講演では、「森は海の恋人運動」でご活躍の畠山氏より、
三月の東北大震災で被害を受けた東北沿岸の漁業再興について
お話をうかがうことができます。

この機会に是非ご参加検討ください。

■■■■ ■■■ ■■■   ■■■■ ■■■  ■■■ 
第2回有明海再生講演会
「日田の森は有明海の魚附き林」
~東北震災復興チャリティ講演(入場無料)~

日時:6月25日(土)13時00分~17時00分
場所:日田市民文化会館「パトリア日田」小ホール
 ■■■■ ■■■ ■■■   ■■■■ ■■■  ■■■ 
 
○株式会社トライ・ウッド 企画営業部 堂村亜紀子
  • 2011.06.15

【北九州】相棒

私が北九州に転勤して半年が経ち、やっと馴染んできたかな?と思っていた今日この頃……
先日、北九州支店恒例? の月に一度の北九州支店全体清掃での一コマ。

道路沿いの看板付近の草を刈っていてやっと作業も終盤に差し掛かった頃、N女史から
『言い忘れていましたが、その辺は犬がよく糞をするので注意したほうがいいですよ!』
…もっと早く言ってほしかった。

結局、自分では馴染んでいたつもりが、なじられていたのですね…
前置きはこの位にして、今日は私の古い相棒をご紹介致します。

110614北九州.jpg

これ なんだか分かりますか?

これは三角スケールと言って、定規の目盛が違っていて図面の縮尺にあわせて寸法を測る
優れものです。
ですが、最近はCADによる作図が主になって三角スケールの出番も減ってきました。
上の写真は私が学生の時から愛用いる30年も使い込んだ代物でセピア色をしています。
(実は、かみさんよりも付合いが長いのですが…)

次の相棒は

110614北九州02.jpg

これも30年愛用しているペンホルダーなのですが、ただ長く使っているだけではなくて、
私にとっては魔法のホルダーなのです。

いろんな案(間取りプラン)をいくら考えても、うまく出来ない時があります。
そんな時にだけこのペンを使うと何故かしら良い案が浮かんでしまう不思議なペンです。

じゃあ、いつも使えばいいじゃない?
いえいえ、こまった時だけ使う!だからこそ、ありがたい(暗示は長くは効かないものです)

相棒の二人、この仕事を終える日まで、大事に使わせて頂きますので、もう少しの間お付き合い願います。

そうそう、最後にもう一人の相棒(かみさん)……

これは、やめときましょう!

■北九州支店 店長 入江

  • 2011.06.14

【山口】一日の営業活動

110614山口01.jpg最近、汗でタオルが手放せない、山口支店営業担当の木本聡和です。
今日は私の一日の営業活動についてお話ししようと思います。

今、私が行っていることは、弊社で建築をご検討中のお客様への電話と訪問です。
 
電話については、見学会やイベントのご案内など、まず話す内容を考え紙に
書き出し、そして電話を掛けます。
まだ内容を上手に話せないので、この作業が私にとって重要ですが、
当然話をすると私が思ってもいない返事が返ってきます

次に訪問ですが、私自身お客様と話す事があまり得意ではないので、
自信をつけるために先日、飛び込みで訪問をさせていただきました。
初めての経験でインターホンを押すことにすごく緊張しましたが、
私自身の為と思いチャレンジしました。
断られることも当然ありましたが、何人かのお客様とは話をしていただくことも
できたので、やってみてよかったです。

最後に、私は訪問に向かう道中、車の中で一人、
話す内容を練習しながら車を運転しています。

もし、どこかで見かけられた際は暖かい目で見守って頂けると嬉しいです。
以上が私の一日の営業活動です。毎日、反省ばかりですがこれからも
頑張っていきます!!
 
○山口支店 木本聡和

支店ダイアリーのRSS

検索

ブログを検索:

カレンダー

カテゴリー

アーカイブ

最近のエントリー

 
ページのトップへ