2011年8月の記事一覧

  • 2011.08.31

【福岡】住んでるおうちの見学会

7月のある日、安成の木の家に住んでまもなく三年目という
OB様宅をお借りして、見学会をしました。
OBバスツアーではなく、一軒のOB様宅だけをじっくりお見せするというのは、
福岡支店では初の試みです。

110829fuku01.jpg

お願いしたI様邸は、夏はエアコンを使いません。
冬はOMソーラーと薪ストーブで過ごします。
家庭菜園をされていて、野菜はあまり買わないそうです。
家づくりの経験も豊富なのですが、
(賃貸持ち家を合わせて10軒近く住み替えてこられたそうです!!!)
自然体なライフスタイルやそのお人柄がとても素敵で、これは社員だけではもったいないと。
是非お客様に見て、会っていただきたかったのです。

110829fuku02.jpg

以前の家づくりで失敗した経験を元に考えつくし、設計に生かした経緯をI様が丁寧にお話ししてくださいました。

110829fuku03.jpg

手がけた大工さんも顔を出してくれました。
ご主人手製のパーゴラ&手動スダレ昇降機?の工夫には、大工さんも興味津々!

110829fuku04.jpg

この日は猛暑。急遽のカキ氷サービスが大人気!
シロップ色に染まった舌を出して、はいチーズ!

110829fuku05.jpg

いつのまにか雑談会に?
見学が一通り終わるころには、みなさん打ち解けてきて。
これから建てる疑問や不安、悩み、夢と、お話が広がります。
とても居心地のよいリビングで。つい長話。。。

ご参加の方からは、また参加したいという声をたくさんいただきました。
お客様の立場からいえば、営業マンの話より、こうした経験豊富な先輩方のお話の方がむしろ必要なのでしょうね?

また開催したいと思います。
I様、ご参加の皆さま、ありがとうございました!

■福岡支店 東
  • 2011.08.30

【総合企画】夏休み!森林体験一泊ツアー開催のご報告

8/20,21・・・第一班、
8/27,28・・・第二班。
今年も、2週間に渡っての、森林体験一泊ツアーが終了しました。
2回とも、70~80名のお客様にご参加いただき、大賑わいのうちに終了する
ことができました。本当にありがとうございました。

110830kikaku01.jpg

第一班は、突然の大雨に見舞われ、残念ながらスケジュールの一部を消化
できませんでしたが、それでも山で吸った空気、木の手触り、水の味は良い
思い出になったのではないでしょうか。

110830kikaku02.jpg

1日目は、森の体験と工場見学、そしてお楽しみのバーベキュー大会。
2日目は、ニジマス釣りと木工作を楽しみました。

2日間、目いっぱいのスケジュールで、大人も子供もたっぷり楽しんでぐったり
されたことと思います。
イベントを詳しく書きつくそうとすれば原稿用紙何枚にも及びますが(・.・;)・・・
まずはお礼と御報告でした。

■総合企画室 竹藤
  • 2011.08.26

【周南】処分場の視察


110824shu01-05.jpg建築現場から出る廃棄物はどのように処分されるのだろう?

「現場担当者としては最終的な行く先を知っておかなくては」
ということで、
先日、実際に現場からの廃棄物が運び込まれる、中間処理場、最終処分
場を視察に行ってきました。

まずは、大分市にある ㈱東部開発さん を訪問しました。

110824shu00.jpg

ここには、主に廃プラスチック類が運び込まれます。
どのように処分がされているのかというと、

①最初に廃プラ・木屑・紙くずをそれぞれ分別し破砕機に投入!
                  ↓
②更にふるいをかけ、金属探知機で細かな金属類を取り除く、といった
幾つもの工程を終えて、それらを混ぜ合わせて溶融後すぐに圧縮!
                  ↓
③そして固体化し一定の大きさにカットして固形燃料を造っているとの事!

コンクリートガラなどが破砕されて再生砂利などに利用されることは知って
ましたが、廃棄物が燃料資源となっているとは驚きでした。

こちらでは製紙会社と提携し、この燃料が有効に利用されていました。

この他に県内の処分場でもリサイクル原料として不可能なものだけを焼却
処分とし、かなりのものは “リサイクル原料化” がされていました。

視察を終えて感じたのは、リサイクルを行うのに大切なのがやはり分別だと
いうこと。

再利用燃料を造るにも、安全に処分を行うにも全てが機械化というのは難
しく、どこかの工程で人の手による仕分けの工程が必要のようです。

ゴミを出す側としては、最低限の分別と、ゴミの“減量化”に努めなくては!

■周南支店 白井

(写真)右上から
1.固形燃料製造工場(分別場の様子)
2~4.コンベヤで解砕機、振動篩機、破砕機など幾つもの処理工程が行われます。
5.石炭代替の新エネルギーとして造られている固形燃料RPF
※Refuse(再生出来ない)Pepar&Plastic(紙とプラスチック)Fuel(燃料)だそうです。
  • 2011.08.24

【山口】目指せ!宅建取得

山口支店の木本聡和です。
私は建築の事で何か役に立つ資格を取得したいと思い現在、宅建の勉強をしています。
 
そもそも宅建とは・・・?
「宅地建物取引主任者」の通称で土地や建物の売買や交換、
又は貸借を行うために必要な資格です。
 
110822yama01.jpg

これを知ったのは専門学校の時で、担任の先生から企業によっては資格手当も付くと聞き、
軽い気持ちで興味を持った事がきっかけで、宅建の専攻授業を受講したことが始まりでした。
しかし、授業では予想以上の難しい言葉が飛び交い、私はそれに
段々と戦意喪失していき、その年の宅建試験は受験しませんでした。
 
社会人となり入社して間もない頃、大下店長より宅建を取得するよう勧められ、
断念した試験を再びチャレンジしようと決心しました。

110822yama02.jpg
 
勉強を始め2週間を過ぎた頃、毎日読んでいた参考書が1日、2日と読まない日が続き、
気づけばセミも鳴き始める7月中旬となってしまったのです。

「このままでは学生時代の時と同じではないか!」と思い、
現在毎日1ページでも少しずつ勉強しようと努力しているところです。
大幅にスタートが遅れた分、10月中旬の試験日まで
一生懸命勉強して取得できるように頑張ります。

○山口支店 木本
  • 2011.08.23

【宇部】建物(家)は器(うつわ)

先日アフター対応で訪問したOB様宅でのこと・・・・・!

玄関ポーチの壁には真鍮(しんちゅう)で造った飾り物に花を生けておられ・・・・・

110822ube01.jpg

又玄関ホール(土間スペース)には絵画と旅先で集めた可愛いらしい置物がいっぱい・・・!

110822ube02.jpg



2年前にお引渡しをしたとき空の器でしたが住まい手の好みで色々盛り付けをして貰って、

器(家)も一層華やいで喜んでいるようでした・・・・・(^0^)/

○宇部支店 柘植

110822ube03.jpg
  • 2011.08.22

【北九州】そうだ!北京へ行こう!

この夏、北京へ行ってきました。

110819kita08.jpg

出発は大幅に遅れ、入国したのは真夜中でした。


暑かった。
人が多かった。
車が多くて渋滞した。
運転はあり得ないくらい荒っぽかった。
不思議な高層ビルが沢山建っていた・・・・・・!
 
(一日目)

110819kita02.jpg

故宮博物院、紫禁城は広かった。
9,999部屋、いつか制覇してみたいものです。
 
110819kita01.jpg

万里の道も一歩から・・・の(?)、万里の長城へ。
渋滞で、その一歩に辿り着くまでも長かった。そして、「男坂」は険しかった。
ちょっとしか時間がなかったけど、それなりに満足。いつかもっと沢山歩いてみたいです。
 
(二日目)

110819kita03.jpg

新幹線は、ちゃんと走っていて・・・、天津も建築ラッシュだった・・・!

110819kita09.jpg

租界地のあった天津。古い時代の西洋建築も沢山残っているそうですが、再開発がモーレツな
勢いで行われていました。滞在時間は約1時間。駅付近をちょっぴり歩いて終わりました。
そしてまた一路北京へ!

110819kita04.jpg
 
高級料理店の北京ダックは、人が多すぎて結局見るだけで終わりました。

110819kita05.jpg

そして入った北京の一般的食堂は、ひどい喧騒だった・・・・。すぐ座れましたけど。
どんどん人が入替わるので。

110819kita07.jpg
 
胡同(フートン)は・・・・素敵でした。伝統的家屋建築である四合院、何時建てられたので
あろう西洋的雰囲気の建物が所々で混在している。
再開発でどんどん壊されていく古い住居。
残して欲しい風景です。もっとじっくり歩いてみたかったです。
 
110819kita06.jpg
 
一口では語れません。
北京は、パワフルでした。そして、皆とても親切でした☆
まだ行った事の無い方、是非!!
 
○北九州支店 小林
  • 2011.08.17

【総合企画】2011山口住宅フェアー開催のご案内

酷暑の毎日、皆さん暑さに負けず頑張っていますか!

毎年、恒例の山口住宅フェアーが本年も開催される事と成り、出展者説明会が暑い中
「きららドーム」で行われました。

従来、秋に開催される本行事ですが、今年は少し早く9月9・10日(土・日)に開催されます。

110817kikaku01.jpg
       「山口阿知須きららドーム」

そうです、今年は山口国体が10月1日~11日に開催され「きららドーム」周辺も国体会場と
なる為 約1ヶ月繰り上げ開催と成りました。

110817kikaku02.jpg
     「きららドーム横の水泳会場」

ちなみに山口国体のスローガンは「君の一生けんめいに会いたい」です。
スポーツも仕事も遊びも「一生けんめい」な人は輝いて見えます。

説明会当日、会場のきららドームでは高校球児たちが練習試合を行っていました、一生けんめい
に白球を追う姿に目を奪われました。

最近、自分は輝いてるかなって? 自問!

話が少し脱線しましたが、9月9・10日に開催されます山口住宅フェアーは、山口物産フェアーと
同時開催で、毎年大勢のお客様が来場されています。

今年もプレゼント(チルチンびと安成別冊)を用意し皆さんのご来場をお待ちしています。
おそらく残暑が予測されますが 「月の海」 での水遊びが楽しめ、海からの風を感じ、楽しい
一日が過ごせるのではないでしょうか、是非 遊びに来て下さい。

○総合企画室 福田

↓昨年のチラシ
110817kikaku03.jpg

  • 2011.08.10

【下関】家の電気をハイブリッドに~AC/DCハイブリッド配線~


皆さん、「AC/DCハイブリッド配線システム」をご存知ですか?

温室効果ガス1990年比25%削減の目標がある中、さらに原発の縮小問題から創エネ・蓄エネへの
期待が高まる昨今、注目を集め始めた省エネシステムです。

これを一言でいうなら、「家庭内でAC(交流)、DC(直流)の両方の電力を効率良く利用できる家庭配線
システム」です。

さて、電力会社から住宅に供給されている電力は交流です。

110808shimo02.jpg

一方、太陽光発電や家庭用燃料電池の開発・普及が進んでいますが、これらが発生させる電力は直流
ですから、これはまた一度、家庭用に交流電力に変換しなければ住宅には使えません。
そしてこの変換時にエネルギーロスが発生します。

110808shimo03.jpg

こうして、住宅内には統一して「交流電力」が届けられています。
しかし、モーターを使うような、大型の家電は交流電力で動くので問題ないのですが、パソコンやテレビ・
オーディオなど多くの家電製品は、実は直流電力で動いています。
そのため、そのような機器内部では、交流を直流に変換したり、アダプターを使って利用しています。
もちろんこの変換時にもエネルギーのロスが発生します。

110808shimo04.jpg


つまり、創エネ・畜エネシステムでは、無駄が二重に起こってしまうのです。

そこで、電気産業界では、直流電源を直流のまま、家庭内の様々な製品に活用するエコなシステム
「AC/DCハイブリッド配線」が研究され、実証実験中です。

110808shimo01.jpg

まだ直流電圧の規格化やコンセントの開発等、課題はあるものの、やがて実用化される時にはトータルで
エネルギーロス25%軽減という時代が来るのではないかと思います。

●下関支店 藤永

★ハイブリッド配線システムのメリット
① 家電製品の交流を直流に変換するロスが無くなる家全体で5~10%省エネ
②太陽光発電のパワコンの改良によるDC/ACロスを無くす単体で約5~8%軽減
④家庭用燃料電池を使用する場合、DC/AC変換ロスを解消できる。5~8%軽減
⑤直流対応機器の小型化(家電メーカーの省力化)

  • 2011.08.09

【福岡】板塀づくりにチャレンジ!

先日OB様のお宅に板塀をつくりに行ってきました!

はじめに板の割付や仕事の手順など簡単な打合せをして
お昼過ぎに作業スタート。
事前に塗装をしておいた板を、支柱に等間隔でビス止めしていきます。

110808fuku11.jpg

この日はかんかん照りの夏日で、はじめはちょっと進んだらすぐ休憩、
雑談という感じでしたが…

110808fuku12.jpg

2~3時間後にはみんな暑さも忘れて、黙々とはまって作業をしています。

110808fuku13.jpg

最後には見事な連携プレーで、どんどん進んでいきました。
一番奥の人が板を押える係、中央の人が下地の穴を開ける係、
手前の人がビス止めをする係です。

110808fuku14.jpg

夕方には幅17M高さ1.8Mの板塀を張り終わりました。
後日、笠木(支柱の柱頭に渡す木)をつくれば完成です。

110808fuku15.jpg

作業が終わった後は、ガレージでバーベキュー。
おもてなし頂きました!
子育ての話や、家づくりの話、などなど時間が経つのも忘れて大盛り上がり。
本当に楽しい時間を過ごさせて頂きました。

110808fuku16.jpg

日ごろは室内で仕事をする事が多いのですが、
この日は外でおもいきり夏を感じる一日でした。

G様、ありがとうございました!

○福岡支店 宇野

  • 2011.08.05

【周南】はじめまして&みやじマリン

皆様、はじめまして。

7月より周南支店に勤務しております、村中です。
新入社員ですので、まずは軽く自己紹介を、

性別:男
生年:1969年(山羊座)
出身:岩国市
家族:妻、子供(小5男)

住宅の建築に携わって十数年、モットーは
「お客さまと楽しく家づくり!」です。
皆様、よろしくお願いします。

先日、夏休み真っ最中の子供を連れて、
リニューアルオープンしたばかりの宮島水族館へ行ってきました。

110805shu01.jpg

愛称は「みやじマリン」、わかりやすく、覚えやすくてとても良いと思います。
建物は世界遺産を有する島だけに瓦屋根の落ち着いた雰囲気です。
 
さすがにオープン直後のため混雑を覚悟しましたが、
アシカショーなどのイベントを捨てる作戦により、比較的ゆっくり楽しむことができました。

目玉は、スナメリ、ペンギン、トド・アザラシのプールでしょうか、
それぞれ上から下から横からといろんな目線で楽しめます。

110805shu02.jpg
 
宮島ならではなのがカキの養殖の模様です。
カキ筏の下はこんなになってるなんて知りませんでした。

110805shu03.jpg

110805shu04.jpg

「いやしの海」となずけられたみやじマリン最大の水槽には、
数多くの種類の魚たちがいて、回遊する姿をみていると癒されます。
この水槽のベストビューポイントは1階の岩の間から見上げるところでしょう。
まるで、ダイビングでもしている気分(ダイビングしたことはありませんが・・・)

110805shu05.jpg

個人的にはこうゆうのをもっと見たいですけど。

110805shu06.jpg


意外とゆっくりと見て歩くことができましたが、ここだけは別でした。
ミュージアムショップの様子です。
さすがにこの中に入っていく勇気はありません。

110805shu07.jpg

桟橋から歩くと少々きついですが、商店街を通ると目にもお腹にも楽しめますし、
みなさまも是非「みやじマリン」へ足を運んではいかがでしょうか。癒されます。

○周南支店
 設計担当 村中 良

支店ダイアリーのRSS

検索

ブログを検索:

カレンダー

カテゴリー

アーカイブ

最近のエントリー

 
ページのトップへ