2012年4月の記事一覧

  • 2012.04.25

【宇部】写真展示

昨年、宇部支店の打合せコーナーをリニューアルしました

COMで人気の家具も置き、ビルの中ですが安成らしく木の家の雰囲気が出ております。
ですが、トイレに行く廊下は事務的な雰囲気のまま・・・

201204231804199375.jpg

せっかく照明もあるので、プチ改修をしよう!と白い壁を利用して今までのお客様の家の
写真を展示することにしました(^^)

2012042318044932386.jpg

昔の写真を探していると『あ~この子、こんなにちっちゃかったんだ!』とお子様の成長も
伺え、とても懐かしい気分になります。
そんな気分に浸っていると、家より子どもや小物の写真が多くなってしまいましたが、完成
した廊下はなんだかやさしい雰囲気に♪
思わず立ち止まって見入ってしまいます(^^)

201204231805119375.jpg
 
簡単な改修ですが、写真の力ってスゴイ!と思いました。
ぜひ見にいらして下さい☆
 
宇部支店  中野
  • 2012.04.24

【総合企画】旬のもの

いつの間にか桜もあっというまに散ってしまい、すっかり春になりましたね。
最近旬のものをまわりから頂くことが多く、まだまだ料理経験の浅い主婦は奮闘する日々です。
たけのこをもらったけど、スーパーで買った水煮しか使ったことがない。。
必死でユーチューブでたけのこのむき方、切り方、ゆで方を見て、作ってみましたが、
ぬかと一緒にゆでるなんて初めて知りました!!

             2012042318291115452.jpg

続いてたらの芽。 こちらもいったいどこから切って使ったらいいの?芽?葉?
と困惑しながらとりあえず天ぷらにしてみました。

             2012042318292232386.jpg

知っていることをするよりも知らないことをする方がはるかに労力を使うけれど、
 
スーパーの水煮では感じれなかった、自然のものを頂いているという感覚や、
季節を味わうことが出来たので、
出来上がったご飯もいつもよりおいしく感じた気がしました!
 
残すは冷蔵庫の中のあく抜き中のわらび・・・今日こそは料理しなければリミットが!
皆さんもあっと言う間に夏がやってくる前に、春を楽しんでくださいね。
 
総合企画室 遠藤 

  • 2012.04.23

【北九州】花桃

皆さん『花桃』ってご存じですか?
 
数年前、通勤の途中で見つけたすごいグラデーションの花。
八重桜?それとも?
一本の木からいろんな色の花が???
…とあまりの美しさに目が釘付けになってしまいました。
 
それ以来、この時期になると「早く満開にならないかな~」と楽しみにしている(人様のお宅の)
花桃なのです。
 
そ・し・て、今年もまた無事に満開になっていました!!!

201204231812283429.jpg 
 
ここで、少しだけ『花桃』について紹介しておきます。
 
桃の木には食用の「実桃」と花を楽しむ『花桃』があって、桃の節句に歌われる「お花をあげましょ
桃の花~♪」の桃の花は、この花桃を指しているのだそうです。
 
信州では、4月中旬~5月下旬にかけて「花桃祭り」が各所で催されていて、その景色は、まるで
“桃源郷”を思わせるかのようなものなのだとか…

201204231820383851.jpg
 
この幻想的な風景をいつか目の前で見てみたいな~~♡と思いながら通勤する今日この頃の私です…
 
もし、自宅の庭でこの花桃が楽しめたらサイコーかもしれませんね!

(参考)阿智村観光HP/はなもも 
http://hirugamionsen.jp/about/hanamomo.html
 
北九州支店 野中
  • 2012.04.20

【下関】下関ガーデニングカレッジ (第1回)

こんにちは!2012041711422718138.jpg

4/14(土)、いよいよ始まりました、2012年の 下関ガーデニングカレッジについて、
第1回目の講義が無事終了しましたので、ちょっとだけ中身の御紹介を致します。

今回定員30名に対して、倍以上のお申込みを頂きました。
結局会場の広さの関係から、36名の講座生を迎え、講座スタートとなりました。
参加された皆さんのとっても真剣且つ積極的で、初回ですが、パワーの溢れる
講座に皆さん大満足のご様子でした。
 
最初はウォーミングアップを兼ねて、知らない人同士のコミュニケーションゲーム
から始まりました。
先ずは、皆で輪を作って、ヨーイドンでお誕生日順の整列ゲームの開始。
知らない人同士ですが、順番に並ぶには、声を出し合ってお互い尋ねたり、ひた
すら自分の誕生日を皆にPRする人、あたりをつけて先に定位置に立って待つ人、
見ていると様々な方法で順番に並んでいきます。
 
ゲームが終了するのに1分50秒かかりましたが、ゲームを終えた後の輪は最初
よりも一回り小さな輪になっていて、知らないうちに皆が1歩ほど内側に歩み寄って
たんですね。
 
続いてチーム作りゲーム。
ワン・ニャン・ブー・チュウです。
ガーデンチームを4班に分ける作業ですが、こちらも順番にワン・ニャン・ブー・チュ
ウを繰り返して順番付けした後、タイムを計って仲間探しゲームの開始です。
ゲームで盛り上がった後、チーム内で始めて『宜しくお願いします。』との挨拶。
皆さん緊張もほぐれすっかり和気合い合い。
すんなりチーム分けが修了しました。
 
本題の講義も勿論充実していましたが、初回の“緊張をほぐす技“もなかなか勉強
になりました。
新学期・新メンバーを迎えられた皆さんも色んな場面で是非試して見てください。

(写真)
上/お誕生日ゲーム中・ゲーム終了後は皆さん満足な笑顔
中/バラの新苗植え付け作業(ワン・ニャン・ブー・チュウ班で実施)
下/作業後のウエルカムパーティー(ランチバスケットでお洒落にピクニック気分♪) 

エコショップCOM 先永
  • 2012.04.19

【福岡】「comfy コンフィ」オープン!!

4月14・15日に福岡県宗像市くりえいとに新モデルの「comfy コンフィ」がオープンしました。
昨年の12月に上棟しまして、4月のオープンに向けて、磯部監督を中心に職人の皆様が頑張って下さいました。

2012041714310421898.jpg

安成スタイルの良い素材を使いつつ、連合設計の越野様と打合せを重ねて行きました。
 
オープン日の朝は少し雨でしたが、その後は気持のよい晴天になりました♪
スタッフも元気いっぱいで、お待ちしておりました!!

2012041714312221898.jpg

私がこの家で居心地が良いなと思うのはキッチンです!
収納もたくさんあり、キッチンに立つとリビングや1F全体を見渡せます。
水回りの動線がまとまり、ご来場のお客様からも「家事が楽そう♪」とお声を頂きました。
4月の28(土)29(日)にも見学会を行いますので、ご来場をお待ちしております♪
 
そして、4月から福岡支店には新しい仲間が増えました♪
営業担当の石田さん。経理担当の平冨さん。展示場アドバイザーの山田さんです。
個別のご紹介はまたの機会に♪ お楽しみに!!

2012041714314921903.jpg

■福岡支店 柳瀬
  • 2012.04.18

【周南】周南支店ギャラリー

満開の桜もこの雨でまた散ってしまいますね・・・
今年は満開の桜をたくさんみることができました(^^)

さて、今日は周南ギャラリーのご紹介です。2012041710480727994.jpg
周南ギャラリーは事務所に併設しています。
打合せコーナーとして住宅の一部屋のような空間で、
実際に手に触れて、使ってみてもらい、より暮らしを
イメージしていただけます。
木の小物や時計、お子様のおもちゃなど、
暮らしのアイテムも展示しています。

下松中央線沿いにあり、周南展示場からもすぐ近くです。
4月28日(土)から30日(月)には椅子展を開催しています。
お気軽にいらして下さい。
 
周南支店 今宮 由貴子
  • 2012.04.17

【下関】第16回 幹の会 トール&アートペインティング作品展

4/19(木)~4/22(日)、毎年恒例のトール&アートペインティング作品展が
下関支店アカデミー室で開催されます。

201204171053593384.jpg

今年もいろいろな素敵な作品が(*^^*)
また、4/21(土)13:00 からは “木村ファミリーカルテット” による生演奏会も催されますので、
是非お立ち寄り下さい♪
 

<トールペイントって何?>201204171055381446.jpg
トールペイントはヨーロッパからアメリカへ、移民の人々によって持ち込ま
れました。ヨーロッパの伝統的装飾技法を土台にして、木、ブリキ、ガラス、
陶器、布などあらゆる素材に絵を描くことを総称して “トールペイント” 
または “トールペインティング” と日本では呼んでいます。

アメリカでは、40年ほど前に “デコラティブペインティング” と呼ばれ、
新アートとして認知されました。
それは、パターンを使って合理的にシステム化されたテクニック指導法で、
誰でも親しみやすく上手に描けるという理由で大きな花を咲かせたのでした。
また、油絵の具から、色が豊富で濃度も使いやすくなったアクリル絵の具
の誕生がブームに拍車をかけ、クラフトとしての地位を確立しました。

写真は昨年の作品になります。今年の作品は会場でご覧下さい♪

○下関支店 末永
  • 2012.04.12

【北九州】私の本棚から

サブプライムローン破綻からリーマン・ショックへ。

2009年正月休み、前年から始まった世界経済の混乱に誰もが震撼し、暗黒の世界が大きく口を
開けて待っているような、底知れぬ不安を覚えていました。
何か道しるべはないものか、閉塞感に支配されたこの重たい気分を解消に導いてくれるものはないか、
と思っていたときに出会った本が、「グローバル恐慌」浜矩子著(岩波新書)でした。

読み進めるにしたがって、雲間から青空が広がっていくような感動を覚えています。
国際経済の動向はもちろんのこと、財政・金融・社会制度など、今日のこの閉塞状況の原因を彼女なり
の視点で分析し、現代の指導層に求める政策の方向性まで明らかにしていました。
今思えば、浜さんは時々マスコミにも登場する売れっ子の国際経済学者と承知していますが、その当時は
不明にも存じ上げていませんでした。

この本との出会いをきっかけに、浜さんの追っかけが始まりました。もちろん今も続いています。
そこで、今日は彼女の執筆(一部共著を含む)になる本から、私が読んできた本の書名をこの場を借りて
ご紹介させていただきます。
是非、皆さんにも読んでいただき、一人でも多くの方が彼女の考え方や視点に触れることで、少しは
世の中がいい方向に変わりはしないかとひそかに期待しています。
 
決して彼女の回し者ではありません。
ただ怖い顔の人です。浜さんゴメン(笑)
 
初版発行日付順(2009年1月以降の出版)、金額はすべて税抜です。

1.「グローバル恐慌」━金融暴走時代の果てに (岩波新書/700円)

2.「スラム化する日本経済」━4分極化する労働者たち (講談社+α新書/838円)

3.「死に至る地球経済」━岩波ブックレット№793 (岩波書店/500円)

4.「2010年日本経済」━「二番底」不況へ突入する! (共著/東洋経済新報社/1500円)

5.「ユーロが世界経済を消滅させる日」 (フォレスト出版/1400円)

2012041214341822447.jpg

6.「2011年日本経済」━ソブリン恐慌の年になる! (共著/東洋経済新報社/1500円)

7.「1ドル50円時代を生き抜く日本経済」 (朝日新聞出版/1500円)

8.「「通貨」を知れば世界が読める」━〝1ドル50円時代"は何をもたらすのか? (PHPビジネス新書/800円)

9.「誰が「地球経済」を殺すのか」━真相を読み解く七つ道具 (実業之日本社/1400円)

10.「成熟ニッポン、もう経済成長はいらない」━それでも豊かになれる新しい生き方 (共著/朝日新書/760円)

201204121435021923.jpg

11.「恐慌の歴史」━〝100年に一度"の危機が3年ごとに起きる理由 (宝島社新書/743円)

12.「2012年資本主義経済 大清算の年になる」 (共著/東洋経済新報社/1500円)

13.「EUメルトダウン」━欧州発 世界がなくなる日 (朝日新聞出版/1300円)

14.「財政恐慌」━ついに金融と財政の死に至る無限ループに突入した (徳間書店/1500円)

2012041214354622447.jpg

○北九州支店 村山
  • 2012.04.10

【山口】今年の桜は・・・

まるで台風のような爆弾低気圧の過ぎた4月4日の夕方、宇部市内の桜を見に行ってきました。
最初に、宇部市役所近くの真締川公園。

201204090901019521.jpg
川辺の桜と彫刻が溶け合ってとてもいい感じ

真締川は昔汚れた川でしたが、最近は下水道整備等のお陰か綺麗になった様に思います。
 
真締川を遡って宗隣寺を訪ねました。こちらのお寺は、庭園が県下最古で国指定の名勝に
なっており、参道の両側にある桜の木も門前の雰囲気によく合っています。

201204090853361847.jpg

夕方だったので、庭園が見れなくて残念。
 
宗隣寺から真締川に沿って北へ進むと、宇部護国神社が見えて来ます。
明治維新の戦死者を祀る為に作られた護国神社は、現在では戦死者だけでなく消防団などの
殉職者も祀られているそうです。
境内の桜がきれいで、宇部の桜の名所の一つとしても知られています。

201204090858379529.jpg
 
今回は駆け足で三ヶ所ほど見て歩きましたが、満開になった頃にお弁当を持って
ゆっくりと花見に行きたいですね。
 
山口支店 久冨
  • 2012.04.09

【宇部】桜の季節ですね

年も変わってばたばたしていたら、いつの間にか桜の咲く季節になりましたね。
宇部でも桜の名所はありますが、今年は少し足を伸ばして萩の萩城跡に行ってみました!!

201204080855177941.jpg

201204080855407378.jpg

萩城跡は、自分が小学校の頃に一度ここで桜を見たことがあり、その時に桜があまりにも
鮮やかに見えたので、ずっと忘れられなくてもう一度行こうと思っていた場所でした。
最近でも何度か行ったことがある場所でしたが、この季節の萩城跡はまた風情がありいつも
と違った風景に見えました。

2012040808555619869.jpg

城跡を囲う御堀の廻りにも桜が咲いていて、もう『なんも言えねぇ』という気分です。

201204080856167941.jpg

一年のうちわずか数日しかない景色、この天気で見れたのは幸運です。
ちなみにこの数時間後に大雨、雷、ミゾレの大荒れな天気になるのでした。。。

宇部支店 大谷

支店ダイアリーのRSS

検索

ブログを検索:

カレンダー

カテゴリー

アーカイブ

最近のエントリー

 
ページのトップへ