社長ブログ

平成23年第2回省CO2先導モデル事業
国交省が進める省CO2推進事業の一つに平成23年第2回省CO2先導モデル事業がある。平成23年10月末に締め切られた公募に、安成工務店が推し進めている省CO2の木の家づくり提案を行った。
昨年12月27日に採択をしました。との発表があったが、このたび採択棟数が決定し通知が来ました。その結果、15棟の採択となった。
解りやすくす言うと、今年、安成工務店が推奨する「安成型省CO2モデル仕様」の住宅を建てたお客様には最大300万円の補助金が付与されるということである。

つまり、3,000万円の家をつくる場合、最大金額の補助金を受けることができれば、約1割が補助金で賄えるため、その分、お得に建築できるわけである。
安成の家づくりに共鳴頂けるお客様には大朗報です。

その主な仕様はだいたい次の内容である。

  ・輪掛乾燥構造材の使用  
  ・OMソーラーと太陽光発電=OMクワトロソーラー、あるいはエネワイターと太陽光発電。
  ・セルロースファイバー断熱材(デコスドライ工法)の使用
  ・エコキュート(温水器)、あるいはエコジョーズの採用  など

ご興味のあるお客様は是非、安成工務店各支店にお問い合わせください。

(写真:OMソーラー(クワトロシステム))