社長ブログ

安岡エコタウン地域熱利用説明会
NEDOで採択された山口県事業を再委託している安岡エコタウンは、本稼動を始め1年半が経過しました。これまでは、冷暖房給湯用の光熱費は無料でしたが、将来的な課金に向けて住民向けの説明会を開催しました。
私の挨拶に続き、山口県の林政課の山下さんによる山口県の森林バイオマス事業説明、そしてボイラーメーカーの巴商会の佐伯さんによる機械システムの概要説明、さらに森のエネルギー研究所の谷渕さんにより環境問題と課金システムの説明を頂きました。
最後に、試験的に来月からお送りする使用エネルギーの使用状況明細書の説明をして会を終えました。

 安岡エコタウンは、全国ではじめてペレットを燃料とし地域集中冷暖房を行う21戸(集合住宅を含む)の団地です。お住まいの方々は環境意識の非常に高いご家族で、熱心にお聞き頂き、和気藹々とした質問が飛び交う楽しい時間となりました。
これからも、定期的に会合を持ち深い理解とともに皆さんと一緒に安岡エコタウンを育てていきたいと思っています。