社長ブログ

第9回 JCAブローイングピックinきくがわ
JCA日本セルロースファイバー断熱施工協会主催の第9回JCAブローイングピックが菊川工場で開催されました。
この度は、全国のデコスドライ工法施工代理店から27名の参加となった。
デコスドライ工法はデコスが材料と工法を供給し、施工代理店さんが全国の工務店さんの施工を担当する断熱工法です。
断熱材は約9割がメーカーが材料供給し、工務店さんが専門ではない人に施工をまかせる仕組みです。残り約1割のウレタン発泡工法とセルロースファイバーの吹込み工法のみがメーカーが施工の責任もとる工法の断熱材となっています。
そこで、デコスではJCA日本セルロースファイバー施工協会で、施工技術の認定や各種セミナーを行うなど施工技術と知見の向上に努めています。
ブローイングピックはそのような中、全国の職人が一堂に会し、その施工技術の腕を実演で競う、協議会形式をとっています。つまり、ブローイング(吹込み)のオリンピック=「ブローイングピック」というわけです。
寒さを、ものともせず、むんむんとした熱気の中、新人はベテランの腕を食い入るように見つめ、ベテランはベテランの意地を掛けて慎重な施工をしていました。
優勝、2位、3位、密度賞などに加え、今回は特別審査員としてご来場頂いた新建ハウジングの三浦社長から三浦禄別賞をご提供頂きました。
みなさんお疲れ様でした。
お忙しいでしょうが、明後日から、誠実な施工「断熱は施工が命」を合言葉に頑張ってください。