社長ブログ

NEDO中間成果報告会
NEDO独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)が本年度採択した補助事業の中で、「バイオマスエネルギー地域システム化実験事業」の報告会が川崎市のホテルで開催された。
午後から2番目の発表として、『山口県全域を対象とした「総合的複合型森林バイオマスエネルギー地産地消社会システムの構築」』が山口県農林部森林企画課により行なわれた。
その中の需要システムの一つに、安成工務店が行なっている、「安岡エコタウン」がある。ペレットを燃料としたボイラーによる地域集中冷暖房システムを民間戸建て住宅団地で行なうことは全国で始めてらしく大きな注目を浴びました。
バイオマスエネルギー関係の全国の実証実験は7件。新しいエネルギーシステムの一つに欧米では実績のある森林バイオマスが担えるのか?
これらの実証実験の結果が大いに気になるところである。