2005年11月の記事一覧

  • 2005.11.18

長崎再発見Vol.2

長崎市の「水辺の森」公園は、ウォーターフロントの中心にあります。
上手く海水を引き込んだ川べりにゆっくりくつろぐ市民の姿がありました。
一方では広大な芝生で遊ぶ家族連れが大勢。いろいろなイベントが繰り広げられています。
公園を散策しながら、下関市の「あるかぽーと」とイメージがダブり、ここで海峡花火大会が開催されたら、3万人から5万人の市民がゆっくり楽しめるな~。「馬関まつり」も盛り上がるな~。
などと、つい夢想してしまいました。


下関には20年間の輝かしい活動を誇る、民間のまちづくり団体「(財)下関21世紀協会」があります。今も後輩たちが、輝き誇れる下関を目指してボランティア活動を行っています。
  • 2005.11.13

上海は元気!

1年ぶりに上海に行ってきました。
今回は、5年前に手がけた商業開発「コスパ新下関」の地権者27名の慰安旅行です。
5年経過して大繁盛のコスパですが、開発当時の苦労話に花が咲き、楽しい3日間でした。
皆さんも上海は始めての方が多く、大都会ぶりにビックリ!
福岡からわずか1時間半(東京へ行くのとほぼ同時間)の場所に、人口2000万人近い大都市があることと、中国の経済成長に目を見張ります。
台湾、香港、上海、大連、ソウル、釜山の玄関口「福岡」の地の利も再発見!上海が世界の中心になる日も近いかも。

 上海蟹もしっかり堪能しました。食べるのに一生懸命で写真がないのに後で気がつき、ガッカリです。
  • 2005.11.10

薔薇の館に・・・

下関の「木の家づくり展示館」を薔薇の館にする計画?いえいえ「ローズコーディネイト養成講座」がスタートして半年経過。毎月1回開かれる講座にはいつもの奥様たちが楽しく薔薇を楽しんでいます。

おかげさまで、木の家づくり展示館の敷地内はあちこちにすくすくと薔薇が育っています。その数、約50株。ぼちぼち綺麗な花を咲かせ始めてくれました。
紫色の可憐な薔薇は、「ラプソディブルー」と言うそうです。


 エコショップCOM(木夢)の裏のガーデンテラスには、薔薇のアーチのためのアイアンガーデンアーチが設置されました。
数年後には立派な薔薇のアーチをくぐってテラスに入ることが出来るはず。
  • 2005.11.06

りんご狩りと津和野散策

ハウスドクター山口の社員&協力業者の家族会(バス2台)でりんご狩りと津和野散策を楽しみました。
山口県阿東町徳佐は山口県で唯一りんご狩りが出来るところです。観光リンゴ園が17園あり、他にも出荷用りんご農家が点在しています。美味しい「フジ」と「ぐんま名月」をゆっくり味わいました。徳佐全体では17種類のりんごを栽培しているとの事。
場所は、山口市から国道9線を島根県津和野へ抜ける高原の山村。あいにく雨が降ったり止んだり。
不思議にバスを降りたら雨がやみ。ラッキー!

すごく久しぶりの津和野は、雨に煙り山間の小さな城下町の風情たっぷり。
大きな鯉がゆうゆうと泳ぐ町を流れる掘割。
ゆったりとした時間が流れた一日でした。

  • 2005.11.03

長崎再発見Vol.1

下関市ではウォーターフロント開発がいろいろと議論をされています。
行政は大型商業開発を進めようとしていますが、市民の中では海浜公園を望む声が日増しに大きくなっています。
そこで、長崎市。
広大なウォーターフロントが「長崎 水辺の森公園」として整備されていました。
新しい美術館の透明な外観と共に、市民の憩いの広場としてさまざまなスタイルでくつろぐ市民の姿を見て、都市計画の成功例だと確信しました。
下関の「あるかポート地区」もこのような海浜公園にしたいものです。
  • 2005.11.01

第4回森林フォーラム

NPO九州森林ネットワークが主催する森林フォーラムが長崎で開催されました。「九州の家のつくり方・結び方」と題して、四国のNPO「木と家の会」会長の戸塚元雄氏と根岸徳美氏の基調講演の後、安成他2名の事例報告を経てパネルディスカッション。山側と工務店、そして設計者とユーザーから忌憚のない意見が飛び交いました。
「ここち良い木の家」がもっと普及すると日本の住宅はもっと良くなる。と確認し合いました。

社長ブログのRSS

検索

ブログを検索:

カレンダー

タグ

アーカイブ

最近のエントリー

ページのトップへ