2006年4月の記事一覧

  • 2006.04.30

「安岡エコタウン」分譲開始

安成工務店の環境共生住宅の技術を注ぎ込んだ「安岡エコタウン」がいよいよ分譲開始。
第1期分譲は、団地の約半分の23区画。モデルハウスの完成は6月初旬なので、今回は完成前の構造見学会をかねています。
 珪藻土の塗り壁実演やセルロースファイバー断熱材の吹込み実演。JA安岡による住宅ローンの説明コーナー、有機野菜や石釜で焼かれたパンの即売など。子供たちには木片積み木や駄菓子やなど。沢山の催しは担当の社員全員で考え、準備したもの。
 初日の昨日に続いて、今日もとても良い天気に恵まれて、多くの方でにぎわいました。
4/29~5/7まで開催しています。エコタウンや環境に優しい住宅にご興味のある方は是非、ご来場ください。お待ち申し上げます。

  • 2006.04.28

野菜を育てるプロジェクト

明日から分譲を開始する「安岡エコタウン」では、家庭からでる資源ゴミを有効に循環する仕組みを考えています。
まず、生ゴミ。堆肥化して有機栽培で野菜を育てることが出来たら、これにこしたことはありません。40区画の入居者の方の中にはこのプロジェクトに賛同して頂ける方が沢山いらしゃるに違いありません。団地の皆さんや近所の方、そして市内のエコ関係団体の方々と畑仕事を通じて新たなコミュニティが出来たらどんなに素晴らしいか?
 そんなことを夢見て、エコタウンノの隣の田んぼを借りる(交渉中)ことにしました。約200坪の水田を畑に変え、有機野菜でいっぱいになるようすを時々お伝えします。

  • 2006.04.26

構造材の燻煙乾燥

 斉藤林業さんの燻煙乾燥施設をご紹介します。
古民家では、囲炉裏の煙で住まいを構成する構造材は燻され、長くその寿命を保ってきました。
燻煙乾燥はかなり前から全国で試みられてきましたが、斉藤林業さんの燻煙乾燥施設はその規模や精度から見て、全国一の施設だと思われます。
斉藤社長の長年の研究の成果が結実した見事な乾燥炉です。桧や杉、唐松の柱や梁が一度に200㎥乾燥することが出来ます。
 保管倉庫では、構造材だけではなく、竹箒や木製歩道ブロックなどが出荷を待っていました。
安成工務店のエコタウンにも是非使用したいものです。
  • 2006.04.26

谷川岳と沼田の桜

群馬県沼田市では桜が満開。
写真は「発知(ほっち)のひがんざくら」と呼ばれるものです。通りがかりにあまりにも見事な枝ぶりに感激し、車を降りてしばし鑑賞しました。谷川岳には冠雪があり、ゴールデンウィークまではスキーが楽しめるそうです。
 沼田市は山々に囲まれた人口5.5万人の盆地で、盆地の平野部にも起伏がありなんともいえないやさしい印象を与えてくれるまちです。斉藤林業の斉藤社長や社員の皆さんのイメージがそう思わせるのかもしれません。
 丁度桜が満開で、街のあちらこちらや、利根川源流の川沿い、そして民家の庭先にも「桜」が沢山植えられているのが印象的です。

  • 2006.04.25

エコスタイルグループ

安成工務店の家づくりを一言でいえば「エコスタイル」の提案です。
地産地消を原点に置く地域主義。工業化住宅の対極にある自然素材主義。省エネルギーと建材の低製造負荷の環境主義の3つの概念を総括し、エコスタイルと呼んでいます。
そんな私たちと考えが同一な全国の工務店と「エコスタイルグループ」という勉強会を組織しています。
 今回、群馬県沼田市に本社を置く、斉藤林業さんで総会と勉強会を行ないました。
斉藤林業さんは、その名の通り木材会社出身の工務店。木にこだわり燻煙乾燥炉や自社プレカット工場を持っています。
「森から始まるデザインハウス」をコンセプトに素晴らしいデザインと確かな施工の家づくりを得意としています。沼田、前橋、高崎エリアで注目の会社です。
是非、エコスタイルグループ斉藤林業さんのホームページを見てください。
  • 2006.04.09

花を植えましょう。

春は花植えの季節です。
最近はいろいろなメーカーから品種改良した苗が販売されています。
沢山の花をつけ、秋までの3シーズンにまたがって長く咲くのが特徴です。
ウッドデッキの手すり部分に、プランターボックスを取り付けてみました。
どんな美しい花を咲かせてくれるでしょうか?

  • 2006.04.05

欅(けやき)に花が。

けやきに花が咲く。ってご存知でした?
植えて13年目の欅に今年初めて花が付いているに気がつきました。桜のように淡いピンクの花が葉に混じって咲いています。大きくなるため住宅の庭には植えにくい樹木ですが、悠々たる枝張りを持つため、私の好きな木の一つです。

<けやき(欅)>
・楡(にれ)科。 
・学名 Zelkova serrata 
・30mぐらいの高さになる。日本の代表的な広葉樹。寿命が長い。 
・放射状に広がる独特の樹形。花や実は全く目立たないが、この樹形(特に落葉後の冬)でケヤ キとすぐわかる。秋の紅葉(黄→赤へ変化)もきれい。
  • 2006.04.03

STARFLYER 初搭乗

郡山への出張に、新北九州空港から初めてスターフライヤーに乗りました。
 これまでは小倉南区下曽根に旧空港があったのですが、そこから南へ約10km離れた苅田町に海上新空港ができました。3月16日に開業したばかりで24時間整備可能な空港だそうです。
 スターフライヤーは北九州の経済界が立ち上げた新たな航空会社です。真新しいエアバスA320型の機体は「21世紀のモダン」をテーマにブラック塗装。機内も白と黒で統一。座席は全席革張り。液晶TV付き。
 何よりも便利なのは、運行時間です。なんと、最終便が北九州を23:30に出て東京へ着くのが0:55。東京からもほぼ同様で23:50に出て北九州に着くのが1:15。
始発は北九州から5:30発なので、東京で朝の8時から会議をして夜は懇親会に出て2次会にもいけそうです。
 安成工務店の北九州支店から車で15分。下関の本社からでも高速道路で30分で空港に着くことが出来ます。本社から山口宇部空港へは車で1時間。福岡空港へも約1時間。北部九州(下関含む)はとても便利な地域になりました。
是非、皆さんも一度利用してみてください。夜間便の便利さに感謝です。

社長ブログのRSS

検索

ブログを検索:

カレンダー

タグ

アーカイブ

最近のエントリー

ページのトップへ