2007年3月の記事一覧

  • 2007.03.19

ペレットによる地域集中冷暖房

安岡エコタウンの第二期区画 ペレットによる地域集中冷暖房システムのテスト稼動が始まりました。
現在、20戸の内、入居済みは5戸。続々建築中ですので、年末までには7割ぐらい家が建ち並ぶ予定です。
現在、やや暖冬ですが冬のデータを計測中。6月からは冷房機器の運転が始まり夏のデータ計測が始まります。随時、データは公表してまいります。
写真は、機械室全景です。手前に見えるのはペレットサイロ。

  • 2007.03.16

デコスドライ工法代理店募集セミナー(東京)

デコスドライ工法の施工代理店が現在48社となりました。昨年7月時点で30社だったので、8ケ月で18社が新たに施工代理店に加わって頂いたことになります。
ユニキューブサプライヤーズ倶楽部の会員さん(UniCubeを全国で展開する建設会社)が149社と増え、それに対応するため施工代理店の勧誘が急務となっています。
 そこで、今日はデコスドライ工法の施工代理店募集セミナーを上野(東京)で開催。写真は、施工代理店として実例報告をしている、越智産業の竹之内さんです。
上野公園は提灯やゴミ置き場など花見の準備が出来ていました。今年例年より早い開花だそうです。楽しみですね。

  • 2007.03.08

清涼な水と石畳

環境首都フライブルグは人口20万人。ドイツの中でここで余生を暮らしたい1番人気の町だそうです。さまざまな形や色の石畳が続く美しい町です。
写真のお店は何でしょう?そう、靴屋さんなのです。このように店の前の石畳にお店を現すオリジナルなサインがありました。
町を流れる小さな側溝にはとても清涼な水がコンコンと流れています。すぐ裏が山になっているせいでしょうか?
これらの写真はいつもは寝坊な私が、時差のために6時から1時間散歩したときに撮った写真です。

  • 2007.03.08

夕方の散歩

パリに3時には着き、ホテルへは4時半にはチェックインした。
ホテルはリヨン駅のすぐそば。夕方の食事までに時間があったのでブラブラと散歩をした。結局なんと1時間弱、ノートルダム大聖堂まで歩いてしまいました。
寺院では丁度 夕方のミサが始まるところで、折角の機会だから後方に座り、ミサに参加。鳴り響くパイプオルガンと司教様の祈りの言葉、そして、その荘厳な空間にただただ圧倒されました。
この寺院は1163年に着工され最終的に完成をしたのは1345年だそうです。約200年間という途方も無い時間と膨大な金額を思うと宗教の力の大きさに圧倒されます。この時代にこのような素晴らしい建築物が建設されたとは?当時の技術力に脱帽です。
 日本最古の木造建築法隆寺もそうだけど昔の人はスゴイですね
  • 2007.03.06

フランクフルト ISH

フランクフルトで開催された見本市ISH(International Sanitary Heating)に来ています。57以上の国から2,350もの出展者があり、あらゆる製品とサービスを網羅しているそうで、3日間の会期中ヨーロッパを中心に世界各地から多くの来場者があります。
 会場がとても広く、ビックサイト(東京)の5倍以上でしょうか?今日と明日、2日間かけて見学する予定です。ヨーロッパの最新のサニタリーや給湯、空調、コージェネシステムなど。ペレットや薪暖炉も沢山有り、さすが暖炉の文化と納得しました。
 人、人、人、それも2m近い巨人の人ごみを歩くのはとても疲れます。
 日本の家づくりの参考になるものもたくさんありました。省エネについてもEUの向かおうとする方向性が見えたような気がします。
 普段はもっと寒い冬だそうですが、今年は暖冬だそうです。地球規模の環境異常を実感しました。






  
  

社長ブログのRSS

検索

ブログを検索:

カレンダー

タグ

アーカイブ

最近のエントリー

ページのトップへ