2008年4月の記事一覧

  • 2008.04.18

第1回 メゾネット全国大会

メゾネットデザイナーズ賃貸「エコパティオ」と、3F建て都市部メゾネット「楽楽館」のサプライヤークラブを組織統合し、メゾネットサプライヤーズクラブとした。
理由は、郊外型のエコパティオと都市部型の楽楽館はきわめて営業手法が似ており、両者を均等に扱うことが加盟各社にとってきわめて有利であるとの結論に達したためである。加盟会社の募集が始まって間が無く会員数がそう多くないことも、今なら統合。を後押しした。
今日はその第1回目のメゾネット全国大会を目黒雅叙園で開催した。全国から20数社約50名の参加だったが、貴重な事例報告や新たなハイアス社の戦略発表など、とても有意義な会合となった。

  • 2008.04.10

浅草寺(せんそうじ)

OMソーラー協会の会長副会長会議が浅草で開催されました。
浅草駅から会場まで、浅草寺の境内を通っていきました。
中国や、台湾、香港の団体と思われるツアー客でごった返している仲見世を見ると、海外の方から見て、日本らしい名所だろうな?と納得です。
とても久しぶりの浅草です。天気の良い日の街の散策は楽しそうです。
ゆっくり来たい街です。
  • 2008.04.06

家具のまち大川市と古賀政男記念館

先進事例視察として、家具の町「大川」の家具メーカーさんたちが共同でつくった近未来の提案住宅「大川の家」を見学した後、古賀政男記念館へ立ち寄りました。
古賀先生は日本の昭和歌謡曲史に無くてはならない方で、亡くなられた年に国民栄誉賞や出身大学の名誉博士号、大川市の名誉市民証などが送られました。昭和53年にお亡くなりになった後、4年後の昭和57年に古賀政男記念館がつくられたそうです。
 古賀メロディは哀しみと愁いのメロディと言われています。渋谷区代々木上原には平成9年に移築開館した古賀政男音楽博物館があります。
隣町の柳川市からは詩人北原白秋が生まれています。悠々たる大河と筑後平野が二人を生んだのでしょうか?
写真は古賀政男記念館と隣に再現された生家です。 
  • 2008.04.05

新産住拓(熊本市)様への視察

 (社)山口県建築工事業協会の県産材活用委員会のメンバー15名で、新産住拓㈱様(熊本市)へ視察へ行ってきました。新産住拓様は県産材の家づくりに早くから取り組んでおられ、葉枯しの天然乾燥材を数年分ストックされる全国でも有名な会社です。弊社も親しくお付き合いさせていただき、定期的に勉強に寄せて頂いています。
SGEC森林認証も3年前に取得され、安成工務店が昨年末に森林認証を取得したのも、新産住拓の小山会長の勧めによるものです。
 今回は、山口県内の工務店と県産材を扱う製材業者さんの有志たちです。全国の先進事例を詳しく見学させていただき、各社めいめい多くのヒントを頂きました。
帰りのバスでは、早速、山口県内の県産材の木の家をつくっている他の工務店にもお声がけし、需要のパターン化と製材所とのネットワークづくりを始めようとの話で盛り上がりました。






  

社長ブログのRSS

検索

ブログを検索:

カレンダー

タグ

アーカイブ

最近のエントリー

ページのトップへ