2008年6月の記事一覧

  • 2008.06.26

グループ社員旅行 in 沖縄

安成工務店グループ6社の内、オークス建設を除いた5社で沖縄に行ってきました。6月の中盤から毎週、水・木・金と3週間3班に分かれて旅行です。1班で約60名。仕事の都合などで不参加の社員もいるので結局、合計173名の参加でした。(参加率82%)
以前は全員で一箇所に旅行していたのですが、会社を休まずに行くことでお客さまや現場に迷惑をかけないカタチで定着しています。つまり全ての部署が6割の人員で稼動しているわけです。
1班の情報が徐々に2班、3班と伝わるわけで、那覇市の国際通りの2次会場のボトルのキープも引き継がれたりして・・・・。
 沖縄は首里城が再建される前にも会社の旅行で訪れたことがありますが、今回は中部のリゾートホテルに1泊、2日目は観光・ゴルフ・マリンスポーツ・そしてフリーのオプション選択。那覇の国際通りにあるホテルで2泊目。3日目の夜に下関に帰ってきました。
 個人的には、沖縄は懐かしい場所です。社会人2年目に単身赴任で沖縄に8ヶ月滞在したことがあります。嘉手納基地の隣の読谷村に住み、金武町の米軍基地キャンプハンセン内の工事現場の監督(見習い)に従事。初めて施工図を書いた懐かしい思い出です。
あれから29年?、嘉手納近辺も新しい道路が出来て様変わりでした。

  • 2008.06.21

日本セルロースファイバー断熱施工協会総会

昨年に引き続き、本郷の東京大学キャンパス内山上会館において、第9回日本セルロースファイバー断熱施工協会(JCA)の定例総会が開催された。
顧問である東京大学の坂本雄三先生と建材試験センターの黒木勝一先生による省エネ関係の最新情報報告に続き、7社の新入会員さんの紹介、1年間の優秀代理店表彰、そして施工指導員の認定、そしてリニューアルされたデコスJCAのホームページ紹介などが行われた。
基調講演は東北住環境研究室代表で、健康住宅研究会会長でもある山本里見先生による「健康住宅を担うのは地場工務店」をテーマにした講演を頂きました。人の一生のうち摂取する物資のほとんどは空気であり、その中で75%を家庭の空気が占めるそうです。空気で重要なのは、温度・湿度そして空気質であり、調湿するセルロースファイバー断熱材・デコスドライ工法の優位性と重要性が更にクリアーになりました。
写真は講演を頂いた山本里見先生。
おかげでとても充実した総会となりました。みなさんありがとうございました。 





  
  • 2008.06.12

「家づくりの品格」出版

1年半の格闘の結果、拙著「家づくりの品格」が今日(6/12)発行となります。
発行:風土社(ふうどしゃ) 著者:安成信次 ¥1,600(税込)
といっても、全国での配本はそう多くないので書店で見つけるのは難しいようです。たまたま見かけたら、是非、目立つ場所に移動しておいてください。(笑)
 安成工務店の60年近い歴史の中で、私自身30年間住まいづくりに携わってきました。プレハブ住宅の後追い、輸入住宅、そして「呼吸する木の家」へたどり着いたのも、全て20年前にOMソーラーに出会ったからです。私たちが希求する「木の家」はこれだ!という、今の想いをまとめてみました。
 家をこれから求める方へ、かならずや参考となる内容だと思っています。
良かったら是非お求め下さい。または、最寄の支店・展示場でご覧頂けると幸いです。

(今日、アマゾンを見たら本は掲載されていましたが、まだ、表紙の画像が載っていませんでした。タイムラグがあるようです。) 

  • 2008.06.10

ローズコーディネイト養成講座 6月

今日は本年度3回目のローズコーディネイト養成講座。今年の新しい生徒さん同士徐々に慣れ?天気もいいので実地のフィールドワークでしょうか?
丁度にぎやかにワイワイと作業をされていましたので本社の4階からパチリ。上の写真のが「木の家づくり展示館・下関」のモデルハウス部分の全景です。右の平屋の屋根が見える部分が「エコショップ・木夢(COM)」です。
彼女(生徒さん)たちのおかげで教材となっている「木の家づくり展示館」周辺は薔薇の花でいっぱいです。5月に満開の花を咲かせた薔薇は、これからもっと手入れをされながら、秋を待ちます。花も楽しみですが、なにより安成工務店の施設の一部を使って楽しい会合を開いて頂いていることがうれしいですね。
いろいろなボランティアの会、子供会、老人会で使ってください。 
  • 2008.06.09

上津江 輪掛け乾燥材出荷式

12年に渡り安成工務店の構造材を供給し続けて頂いている、大分県上津江村の(株)トライウッドで、待ちに待った「輪掛け乾燥材」の出荷式がありました。
構造材の乾燥方法にはその方式によって自然乾燥と人工乾燥があります。温度によって、高温乾燥、中温乾燥、低温乾燥があります。私たちはこれまで高温乾燥を避け、低中温乾燥を行った後に自然乾燥を行っていましたが、この度㈱トライウッドでは、玉切りにした丸太を山で1年間自然乾燥させる画期的な「輪掛け乾燥」が始まりました。
自然乾燥が良いことは解っているのですが、現代社会のスピードになかなかついていけず、人工乾燥に頼っているのが現状です。
 出荷式のテープカットでは、向かって左端から日田市農林振興部後藤部長、トライウッドの井上社長、私、広瀬大分県知事、佐藤日田市長、そして九州大学の藤本准教授です。
 第一号の出荷便は㈱エコビルドへ向かって出発しました。
  • 2008.06.05

本社 玄関花壇リニューアル

これまで、北面で庇があるため日陰がちで、なかなかグランドカバーの植栽が育ちにくかった本社玄関脇の花壇を「花の花壇」にする、全面リニューアルを行いました。
コーディネーターは、本社ローズ講座やハウスドクターで講座を受け持って頂いている、武久真理子先生。
ランダムに植えてあるように見えて、大きくなったら絶妙な咲き誇り具合を見せてくれそうです。とても楽しみです。
 決まった時間になったら自動的に水をやる「自動潅水装置」もつけました。これは輸入品ですがとても安価なシステムです。是非見てください。

社長ブログのRSS

検索

ブログを検索:

カレンダー

タグ

アーカイブ

最近のエントリー

ページのトップへ