2008年10月の記事一覧

  • 2008.10.19

築130年 木造4階建て

私たちの家づくりにおいて、構造材を供給していただいている 大分県上津江村 ㈱トライウッドの社員さんの社内研修に講師として招かれた。山で働く人たちへ、ユーザーさまの声をキチンと伝えることが出来た1時間半になったのでは?と思います。
 夜は、日田市豆田地区にある 築130年の老舗旅館 若の屋に宿泊。現在は中二階部分を使っていないため、実質三階建てとなっているが、内部外部とも重厚且つ壮観。
外部の写真がうまく取れる位置がなく、これでは四階建てです。と言ってもイメージが沸かないと思いますが・・・。
日田市にお立ち寄りの際は是非ご覧下さい。 
  • 2008.10.12

国際ロータリー第2710地区 地区大会

国際ロータリー第2710地区の地区大会が広島国際会議場で開催された。
私が所属している下関ロータリークラブからの参加は多くはなかったが全体で2000名を超える地区73のクラブから会員が集い、ロータリーの意義と目的を確認しあう大会となった。
 特に興味深かったのは深川先生の基調講演。
ロータリーは経営者や企業の倫理を磨きあう場である。との教えを解りやすく複層的に講演を頂いた。
社会に有益な企業とはなにか?競争の時代にどう対処するか?考えさせられる内容であった。

 地区大会の記念事業として、原爆死没者慰霊碑のこれまで日本語と英語の2ケ国語だった説明版にドイツ語、イタリア語、フランス語、ロシア語、韓国語、中国語を加え8ケ国語の新しい説明版を広島市に寄贈した。水面に浮かぶようなガラスの説明版が参拝する多くの国の人々に原爆の悲惨さを訴え、恒久平和の共通認識を深める一助になればありがたいものだ。 





  
  • 2008.10.09

第23回 全建連みやざき大会

住宅産業の全国組織は大きく4団体があります。プレハブ協会、2×4協会、木住協、そして全建連です。在来工法の中小工務店の団体は全建連(社団法人 全国中小建築工事業団体連合会)と言えます。弊社では(社)山口県建築工事業協会に会長会社として所属しており、私も全建連で理事を務めています。
今日はその年に一度の全国大会で、全国より400名を越す会員が集まりました。中小工務店は企業化に立ち遅れ代表者が高齢化し、新しい社会に対応できる工務店たり得るか?という意味では
大きな社会問題を内包しています。
 プレハブ住宅のシェアは?とお客様にお聞きすると、実際は25%強にもかかわらず、60~70%?とお答えになる方が沢山いらっしゃいます。地域の工務店のシェアがいまだ60%近くあることはなかなかイメージとして感じていただけないのが実態です。
 今、全建連ではJBN(ジャパン ビルダーズ ネットワーク)を組織し、全国の工務店組織を再活性化しようとしています。
真にユーザーのニーズに応えられる地域の工務店を目指して、私たちも努力を続けてまいります。
(下の写真は 来賓挨拶を頂いた 東国原知事) 
  • 2008.10.04

オークス建設 社員旅行in沖縄 Vol.2

 国際通りを散策しているとき、わき道の商店街「平和通り」を発見。
アーケードのかかるとてもにぎやかな商店街です。数ブロックに分かれていて、市場的な食材の店から専門店までひしめくように軒を並べています。
国際通りは全長1.6Kmですが、平和通りもかなり見ごたえがあります。じっくりじっくり時間をかけて散策するのも楽しそうです。
 上の写真は国際通りから入ってすぐの平和通りのようすです。下の写真は沖縄塩の専門店「まーすやー」本店は石垣本島ですが、平和通り店はこの広さが全て「塩」だけ。
インターネットでも購入可能です。塩だけでこのお店の広さってすごいですね。
  • 2008.10.03

沖縄ぜんざい

沖縄のぜんざいは南国らしく、氷ぜんざいが一般的と聞いていたので、是非食べてみたいと思っていました。
今帰仁城跡の近くの土産売り場の店先でまず1杯。(写真)黒砂糖で煮た小豆はあまり甘くなく、とても美味しく頂きました。
2杯目は2日目の沖縄料理のデザート。3杯目は最終日の首里城のバス駐車場に隣接したレストランで。
豆類は食事も甘味も特に好きではなかったのですが、年齢のせいか、美味しく感じるようになりました。
沖縄ぜんざい やみつきになります。

社長ブログのRSS

検索

ブログを検索:

カレンダー

タグ

アーカイブ

最近のエントリー

ページのトップへ