2009年3月の記事一覧

  • 2009.03.27

唐戸ターミナルビルOPEN

下関市の唐戸は門司港と下関市を結ぶ海の玄関口です。30分置きに連絡線が行き交い、多くの観光客で賑わっています。
下関グランドホテルの隣にある下関市所有地を有効活用するために一昨年の10月に事業用借地による活用方法のプロポーザルコンペがあり、応募者の中から安成工務店の提案が採択されました。計画が進み、昨年秋よりターミナルビルの建設に着手し、今日27日にオープンを迎えました。
敷地面積は572.4坪。鉄骨造平屋建ての2棟の建物の合計建築面積は約200坪。安成工務店が所有し、モスバーガー、ファミリーマート、お土産もの、レストラン、連絡船の関門汽船の5社のテナントで構成されています。本日のオープンは連絡船のチケット売り場と待合、ファミリーマート、モスバーガーです。後4月上旬と7月に各1店舗オープン予定です。
安成工務店商業開発事業はこれでトータル9箇所、5万坪の土地を事業用借地し、106テナントとなりました。
商業開発としての土地活用でも着実に実績を積み重ねています。 





  
  • 2009.03.26

「顔の見える木材での家づくり」グループ30選

林野庁が(財)日本住宅・木材技術センターに委託して行った「顔の見える木材での家づくりグループ30選」に、安成工務店・エコビルド・トライウッド山とまち連携グループが選ばれ、林野庁で表彰式が行われました。
この試みは、全国で推奨できる家づくりグループを顕彰し、住まい手に広くアピールするものです。安成工務店が平成8年から行ってきた、山と連携した家づくりが評価をされたことはとても喜ばしく、尚一層この取り組みを広げて行く大きな励みになりました。
合わせて、住木センター内に住まい手向けの相談窓口を設け、ホームページなどでも大きくPRされるようです。
 写真は表彰式の後の記念写真です。中央は内藤林野庁長官と審査委員長の東京大学の安藤先生。
情報サイトは 「http://www.nihon-kinoie.jp/日本の木の家相談窓口」http://www.nihon-kinoie.jp/






  
  
  • 2009.03.14

エコビルドツアー(月例)

毎月恒例の「エコビルドツアー」が開催された。
今回は午前中に工場見学(そーれきくがわ)を済ませ、エコビルドで昼食をとり、午後から安岡エコタウンの見学です。
既に契約を済ませ着工準備や着工中の4組のお客様(H様、M様、K様、Y様)を含め12組39名もの多くの方にお出でいただきました。
あいにく菊川町が肌寒く、少しつらい記念撮影でしたがみなさんの笑顔の1枚です。
 安成工務店では、私たちの家づくりをご理解頂くために、モデルハウスの他に、建築した建物をご覧頂く、完成見学会・構造見学会。プレカット工場と断熱材工場をご覧頂く「エコビルドツアー」。更には林産地へ訪問する「森林体験ツアー」。など、多くの見学の場を設けています。
これらは全て「納得の家づくりのお手伝い。」を目的としています。
 どうぞ、お気軽にご参加ください。

  • 2009.03.10

第4期 ローズコーディネイター養成講座 修了式

今年で4年目 4期のローズコーディネイター養成講座が楽しい1年間のプログラムを終え、修了式が行われた。
毎年、修了式に来賓として出席し楽しいひと時を過ごさせて頂く。
この講座は、安成工務店の「下関木の家づくり展示館」が出来て1年目、この会場をより多くの方々に使ってもらおうとの試みから、私の友人の 女性たちでつくる「地域デザインアトリエ」の中山女史に相談して始まったものです。
多くの女性に好まれる薔薇は、その愛好家をロザリアンと呼びますが、なかなか育てるのが難しい花でもあります。また有機無農薬で薔薇を育てるだけでなく、薔薇といっしょの暮らしをテーマに、木の家づくり展示館の周囲の庭を直接的は実践の庭として1年かけて季節季節の手入れをしながら育てていく。そんな講座です。毎回30名から40名の受講者が熱心に薔薇作りに取り組んで頂く中で、建物もさながら薔薇屋敷のように5月と10月には沢山の花が咲き乱れるようになりました。
受講者のお宅の庭やバルコニー、更にはご近所にも薔薇づくりが広がって 豊かな暮らしの和が大きくなっていくといいですね。
写真は修了式後の記念写真とパーティのようすです。りっぱな修了記念文集も制作されました。花束頂きました。
4月からは5期の講座のスタートです。お気軽にご参加下さい。 





  
  

  • 2009.03.09

法隆寺

「NPO法人 環境共棲住宅 地球の会」専務理事の佐藤善秀さんがメイン講師を務める関西電力主催の工務店セミナーにパネラーとして参加してきました。会場は法隆寺のいかるがホール。
大阪駅から約30分と以外に近く少しびっくりです。
セミナー終了後 閉館間際の聖徳宗総本山 法隆寺を参拝してきました。本当は1時間か2時間かけて広い境内をゆっくり散策したいところですが、残念です。
法隆寺は聖徳太子ゆかりの寺院であり、607年の創建といわれています。
金堂、五重塔のある西院と夢殿のある東院に分かれています。写真は中門から五重塔を垣間見た夕暮れ時の写真です。中には入る事も、東院の夢殿へも足を伸ばすことが出来ず、小雨の中のあわただしい参拝でした。
1993年に「法隆寺地域の仏教建造物」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。
う~ん!荘厳の一言につきます。

社長ブログのRSS

検索

ブログを検索:

カレンダー

タグ

アーカイブ

最近のエントリー

ページのトップへ