2015年5月の記事一覧

  • 2015.05.26

健康・省エネ シンポジウムⅧ

2015052616073720312.jpg健康・省エネ住宅を推進する国民会議の主催の「健康・省エネシンポジウムⅧ」が経団連会館(東京都中央区大手町)で開催された。
慶応大学の伊香賀先生、順天堂大学櫻井先生の基調報告の後、シンポジウムが始まった。昨年、リフォーム時に医療調査を行うことで100万円の補助金(国交省)予算化されたために、国民会議の地域協議会が44都道府県に広がったようである。(私は今年で5年目の参加である)
地域会である山口県協議会は全国で2番目に出来た協議会であり、設立から4年間の活動を振り返ってみるとまさに感無量である。健康省エネ住宅を推進する国民会議の山口県協議会の会長は山口県立大学学長の江里健輔先生で、国民会議の正副会長の中で唯一ドクター出身である。これは国民会議にとって、医師会と人的ネットワークを広げる意味でとても意義深いと思われる。
余談だが、江里先生は安成工務店のOB施主であり、OMソーラーの住まい手でもある。江里先生、協議会のお役目よろしくお願いします。

  • 2015.05.20

地球の会 第7回 全国工務店サミット

2015052014341617496.jpgNPO法人環境共棲住宅 地球の会は、私が理事長を務める、今から10年前の2005年に設立されたNPO法人である。林産地と連携した「木の家」を追い求める全国の工務店が集まり、切磋琢磨し、1社では出来にくい様々な活動を一緒にやろうと活動を続けている。
今年は大阪で350名の工務店が集まって5月19日から21日の3日間のスケジュールで開催された。初日は京都外国語大学教授のジェフ・バーグランドさんの基調講演である。在日46年目、日本を愛し、京都の鴨川の川床を持つ民家に住む先生の目から見た、日本のすばらしさ・すごさは私たちにとってもとても新鮮であり、多くの気づきを頂いた。その後は主管工務店の㈱コアー建築工房 吉瀬社長の工務店経営の事例報告が行われた。
2日目の今日は、建築家 横内敏人氏の講演、次に有名な仕事を数々こなしておられる、左官の狭土修平氏、茅葺職人の西尾晴夫氏、大工の江戸保氏、そして里山の家づくりを守る、里やま工房の池口善啓氏によるパネルデスカッション。午後は最後のステージイベントの工務店実例ディスカッションである。
とても有意義な2日間が終了した。明日は3つに分かれたオプショナルツアーである。

  • 2015.05.16

デコス 第8回 ブローイングピック

2015051820075319675.jpgJCA日本セルロースファイバー断熱施工協会が主催する「第8回ブローイングピック」がデコス飯能工場で開催された。
断熱材の約9割はメーカーが製品を供給し施工は工務店任せ。約1割強のシェアのウレタン発泡断熱材とセルロースファイバー断熱材のみがメーカーが施工も行う方式をとっている。
デコスJCAでは、施工がとても重要であるとの認識の元、毎年施工技術の研鑽を図るために吹込み技術の競技会をブローイングピックと称して行っている。
今年は33名の施工技術者が同一の条件で吹込みの正確さを競い合った。
 結果は、優勝 柏屋商亊㈱の渡辺さん、準優勝は㈱クロダの野添さん、3位は㈲福岡デコスの小柳さんとなった。こうやって一堂に会する事で、自分の技術と熟練者との差や同じところなど、自分の立ち位置が確認が出来る所がもっとも重要な部分であろう。それが解って始めて目標がさらに明確になる。そして、きちんとした施工をすること自体、自分や会社の誇りになるし、更にはこのデコスドライ工法を全国で施工する施工の仲間の評判を落とせないという、大きな同志愛にも結び付くという意義がある。
今日は競技会のあとで約1時間の勉強会も合わせて開催され、明日からの施工の正確性を皆で誓い合う一日となった。
  • 2015.05.15

オークス建設 福岡市営住宅 起工式

2015051616293128620.jpgオークス建設と末永工務店の共同企業体で福岡市営住宅「下山門住宅」を受注した。西区下山門には鉄筋コンクリート5階建ての60棟以上の建物が並ぶとても大きな市営住宅団地である。
これから始まる建替えの第一号が今回の受注である。
鉄筋コンクリート14階の工事は1年半以上かかる。5階建ての景観の中で異彩を放つ景観になりそうである。近隣の住民の方々にご迷惑を掛けず、無事故で安全第一に工事を進めなければならない。
自治会長さんを始め役員さんにお約束して起工式が終了した。
(写真は現場の仮囲いとゲート。奥に見えるのが起工式のテント)

社長ブログのRSS

検索

ブログを検索:

カレンダー

タグ

アーカイブ

最近のエントリー

ページのトップへ