社長ブログ

シンガポールへの社員旅行
6月、3班に分けて約150名でシンガポールへ社員旅行へ行ってきた。
安成工務店グループ6社の内、オークス建設アスティ・ケアを除いた4社合同の社員旅行である。
昔は、毎年全社員で社員旅行を行っていたが、一度に会社を休むのはまずい。として数班に分かれて社員旅行を始めてずいぶんと経つ。いまでも近くでいいから全員で行き、大宴会をしようとの声は沢山あるが、なかなか200名を超える旅行の宿泊先や宴会会場がなく、今年も6月第1週、2週、4週の3班、3泊4日(1泊機内泊)の旅であった。
シンガポールは昨年、商工会議所でカジノの視察旅行で初めて訪れた。淡路島ぐらいしかない面積に500万人が暮らすアジアとは思えないくらい美しく整備された街である。空港から中心街までの距離が短いこともあり、観光的に計算されつくした街づくりや最先端の建築群など充実した見学になると思い、いつか社員にも見せて感じさせてやりたい。と考えていた。
いつも旅行先は社員のアンケートで多数案に決める。今年は、国内は金沢方面、仙台方面、海外はマカオとシンガポールの4つ中から選ぶこととしたが。シンガポールが多数を占め、思いがけず早い実現となった。
街の景観を形づくることが難しい中、整然とそれを国の戦略として行っている様子や、多民族国家ながら美しく公平な社会システムを作り上げている様子など、アジアの先進モデル都市を見て、どう感じてくれただろうか?