社長ブログ

執行役員研修
安成工務店では、今年から執行役員制度を導入しました。現在6名の役員がいますが、彼らに次ぐ若い幹部を育成するために、13名の部門長(部長)の中から6名を選抜し、執行役員として辞令交付しました。
中小企業なのでほとんどの部長がプレイングマネージャーを兼務しており、自らの部署に対してはそれぞれエキスパートです。しかし、難点は中小企業ゆえに余剰人員は少なく、人事は固定しがちなことです。
住宅部門から3名、建築部門から3名の合計6名は、今日をスタートとして2か月に一度の1泊2日の研修を行うこととしました。
まず、再度現状認識をし、次に彼ら自身の5年後のイメージを具体化する。そして到達するために課題解決を検討する。夜は、1部屋に集まり、酒を酌み交わしながら、昼間の研修の内容に花が咲く。
相当踏み込んだ議論が続くわけですが、私は昼は適宜参加、夜は宿泊参加し、彼らの問題解決にダイレクトなアドバイスをする。2か月に1回ですが、とても楽しみな研修が始まりました。
 執行役員の任期は2年。今後、新たに執行役員に加わる部長や任期を終える執行役員もいるとは思うが、これから彼ら幹部はもちろん新入社員にいたるまで社内研修を厚くしレベルアップを図っていきたいと考えています。より良い建物やサービスを提供し続けられる会社を目指して。