社長ブログ

和の住まい シンポジウム
国交省では、和の住まいを見直すキャンペーンを展開中である。これはアベノミクスの第三の矢である日本再興戦略の一環でもあり、日本らしさを見直し、海外に誇れる文化を更に磨こうとする運動につながるものである。戦後の高度成長の時代を経て、欧米的なものにあこがれてきた風潮を見直そうとする振り子の運動にも合致し、我々、「木の家」をつくる地域工務店にとっては歓迎すべき動きででもある。
かといって、私たち安成工務店がつくる家は、日本的な良さは取り入れるものの、現代和風や新和風とも言うべき和洋折衷の「木の家」である。畳やふすまの量は昔と比べるとぐっと少なくなり、LDKを中心とした間取りがほとんどである。
ただ、木を現しで使ったり、格子のデザインを活かしたり、漆喰や珪藻土の塗り壁を活かすなど、日本人が慣れ親しんだ自然素材を使った住まいである。
結局それが、高温多湿な日本の気候に合う健康にも良い家だということが、これを機にもっとアピールされるといいな。と思う。