社長ブログ

ホーチミンの町の風景
建材調査でベトナムに行ってきました。
今から約20年前から5年間、輸入住宅を扱う傍ら、アジアや北米の建材視察によく出かけました。当時はまだ中国での建材輸入は早い。と言った感じで、台湾、タイ、マレーシアなどからテスト輸入を行いました。メインはカナダからの2×4住宅のアッセンブリー輸入。躯体とサッシュ、キッチンなどの家具を含めて輸入をしました。その後、フレキシビリティに富む日本メーカーがメインになり、更には地域循環の思想のもと「地産地消」へと考え方が進化をしました。
中央郵便局内部ホール
 今、中国の次はベトナムと言われています。どのようなイメージなのか?建材視察に行ってきました。
上の写真は、バイク社会のホーチミンの町の風景。中国大陸と違い青空が広がるだけで気持ちいいものです。下の写真は、中央郵便局内部ホール。正面の写真は建国の父、ホーチミンです。