社長ブログ

第23回 全建連みやざき大会
住宅産業の全国組織は大きく4団体があります。プレハブ協会、2×4協会、木住協、そして全建連です。在来工法の中小工務店の団体は全建連(社団法人 全国中小建築工事業団体連合会)と言えます。弊社では(社)山口県建築工事業協会に会長会社として所属しており、私も全建連で理事を務めています。
今日はその年に一度の全国大会で、全国より400名を越す会員が集まりました。中小工務店は企業化に立ち遅れ代表者が高齢化し、新しい社会に対応できる工務店たり得るか?という意味では
大きな社会問題を内包しています。
東国原知事
 プレハブ住宅のシェアは?とお客様にお聞きすると、実際は25%強にもかかわらず、60~70%?とお答えになる方が沢山いらっしゃいます。地域の工務店のシェアがいまだ60%近くあることはなかなかイメージとして感じていただけないのが実態です。
 今、全建連ではJBN(ジャパン ビルダーズ ネットワーク)を組織し、全国の工務店組織を再活性化しようとしています。
真にユーザーのニーズに応えられる地域の工務店を目指して、私たちも努力を続けてまいります。
(下の写真は 来賓挨拶を頂いた 東国原知事)