建築事業部

建築事業部
昭和58年に、受注業態を脱し自ら企画・開発・設計・施工を行える「企画開発型建設業」を強く志向して以来、現在では住宅事業部、建築事業部、商業開発の3つの柱ができました。
それらは売上比率で45%、45%、10%となっています。これからも、ひとの暮らしを見つめ、まちとコミュニティを見つめていきます。


営業

営業
建築営業の業務は、賃貸マンション、店舗、工場、医療・介護施設、事務所ビル、公共施設等、様々な事業用建築を担当します。これらの物件を営業する上で、業界知識は当然のこと、お客様の事業の収益性・採算性・スケジュールを考慮しながら建築のご提案をする必要があります。

また、新規に事業を始められるお客様の用地確保(不動産の売買・賃貸借)を行うことも多いため、不動産知識や税務知識も重要です。色々な種類の建築に携わるため学ぶことも多く大変ですが、プロジェクトの第一線に立ち、実務経験を積むことで確実にスキルアップすることができます。
 

施工管理

施工管理
一般建築工事の現場管理をしていただきます。
数件の工事現場経験及び施工に係る教育を受けてから、いずれは、作業所長として工事現場を采配していただく様になります。商業店舗・医院・賃貸住宅・事務所・工場建築等、幅広い用途の建築を「品質・予算・工程・安全」の管理を業務とします。

その工事を無事完成させてお客様にご満足していただける事、また、その実績の積み重ねと信用をもって地域、社会に貢献できる現場責任者を目指していただく事になります。
 

設計

設計
7割以上が自社設計施工であり、あらゆる建物の設計業務をしていただく事になります。
企画開発・設計施工型の建設業を目指す建設業としてなくてはならないスタップとして、一級建築士資格取得にもチャレンジしていただきます。

お客様のご要望を取り入れた最善のプランニング・実施設計・設計監理を業務とします。
お客様にご満足していただける建物を目指していただき、地域に根差した作品を残していただきます。



住宅事業部はこちら