◆安成工務店グループCSVレポート2016を発刊しました。

2016年4月1日、安成工務店は、グループ会社6社と共に「安成工務店グループCSVレポート2016」を発刊しました。

201604151933353981.jpg


●CSVとは…201604151935133981.jpg

CSV(Creating Shared Value)とは「共有価値の創造」と訳され、事業の方向性をより良い社会づくりへと同軸化することで、企業の成長と社会の問題解決を両立させる概念をいいます。
企業が社会へ与える影響への責任を果たすこととされているCSR(Corporate social  Responsibility企業の社会的責任)と、共通している部分もある概念ですが、より自社の事業戦略に密接に関連して社会の課題解消を目指す概念です。


●安成工務店グループのCSV

環境共生住宅や地域コミュニティの形成など環境問題や社会課題を解消しながらお客様に製品やサービスを提供するという考え方が、当社グループにおけるCSV活動と考えています。
安成工務店グループでは、28年前のOMソーラーハウスの取組み(太陽熱利用床暖房換気システム)をきっかけに環境共生住宅の家づくりへの道を歩み始めました。
この出来事は安成工務店がお客様へ提供する住宅と環境の関係性を考えるきっかけとなりました。
その後、地域住民とのコミュニケーションを図る活動を進めるなど、当社のような地域工務店がお客様や社会に対して何が出来るか?どのような貢献ができるか?という観点で様々な活動を実施してきました。


●発刊にあたって

安成工務店グループはこれまでの活動を踏襲しながらも、更に中長期的な視野を持って社会状況や経済状況を鑑みた社会意義のある活動を行っていくことで、より企業経営を堅実に行っていくことを目指しています。
そこで、創立65周年の節目にこれらの活動を体系的に5つの重点活動項目「環境保全」・「省エネ・省CO₂」・「ひと」・「健康」・「まち・コミュニティ」の5項目に整理した本誌を発行しました。

これにより、事業活動の中で推進している環境活動などをお客様へお知らせすると共に、取組みのさらなる向上をねらい、グループ社員間の共通認識を深め、社会とのコミュニケーションを図ることを目的として発行したものです。

本冊子は、以下のページから誰でも自由にダウンロードして閲覧することが可能です。
是非、ご覧ください。


■安成工務店/会社概要/CSR・CSV
 http://www.yasunari-komuten.com/company/csr/