会社概要

SDGsの取り組み

YASUNARIグループのSDGs宣言

SDGs ~Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)~をご存知でしょうか。

SDGsとは2015年9月に国連「持続可能な開発サミット」において地球温暖化・資源消費・プラスチック等をはじめとした海洋汚染・居住空間の確保と整備・ジェンダーや貧富による格差や差別といった世界全体の課題解消とともに持続可能な発展を目指した「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2016年~2030年までの国際的な開発目標です。

大きな特徴として「地球上の誰一人として取り残さない(no one will be left behind)」ことを前提とした「持続可能な世界を実現」させるためのものであり、全世界が共通の目標に向かって取り組んでいるということが挙げられます。

一見すると大変な理想論とも受け止められかねませんが世界各国が自国の枠組みを超え、持続可能な社会実現のためにSDGsを構成する17のゴール(目標)と169のターゲット(具体的な目標項目)のもとで個別目標を設定し、活動を行っています。

ここにきて日本でも産業界や自治体を中心にSDGsへの取り組みは急速に進み、更に中学校や高校の入試問題にも出題されるようになるなど世代を超えて認知されています。

私たちは、建設業界が文明社会で人間が生活する「場」そのものの作り手であることから、「地球上の誰一人として取り残されない」社会を作るために欠くことのできない存在であると考えています。

YASUNARIグループでは、これまで取り組んできた社会課題を解消しながら新たなビジネスモデル形成を図り、発展を目指していくCSV(Creating Shared Value/~共有価値の創造~)活動を整理するとともに、世界全体の開発目標であるSDGsとも連動させた目標設定を行い、社会に向けて大きく宣言いたします。

2020.2.1


YASUNARIグループとCSV・SDGs

~地域・社会に必要とされる企業になるために~

ffa557c8275a26a4234539b58b1a2deb
安成工務店は昭和26年の創立以来、時代とともに業態や組織を変えながら、「願うべき社会を実現するため」の取り組みを地域の皆様とともに広げて参りました。その取り組みは環境共棲住宅、省エネ・省CO₂、地域コミュニティ形成、工務店業界内での研鑚、商業開発を通じたまちづくりなど多岐に渡ります。

しかし、
その「願うべき社会」とは何を目指すべきものなのか?
その「願うべき社会」実現に向けた私たちの取り組みに関わる重要な利害関係者は?
といったことが拡がった組織の中で共通認識されていない部分がありました。

そこで私たちが真に地域・社会に必要とされる企業になるためにも、これらを一度整理して社内外に共有したうえで取り組みを推進することが必要だと考えました。これは2015年の春のことです。更にこの考えを広く利害関係者に分かり易く伝えるために「CSVレポート2016」を発行しました。

地域・社会に必要とされる会社になるには、社会・環境側面の影響へ配慮するとともに、その課題を解消する新たな価値を提供しながら経済的な発展を創出していくことが重要と私たちは考えています。

家づくりを行う工務店を中心としたグループである私たちは住まいや街づくりを通じて、施主様や地域住民の皆様に有益な経済・社会・環境価値を提供しながら発展していく。これが私たちの社会に対する価値提供の考え方(CSVの基本方針)です。

この基本方針のもと、私たちは自分たちの「願うべき社会」実現に向けた取り組みを以下の5つのミッション(重点項目)として整理を行い、具体的な活動テーマを掲げるとともに目標設定を行っています。

1)環境保全
2)省エネ・省CO2
3)ひと
4)健康
5)まち・コミュニティ


~SDGsとの関係~

2015年9月に国連にてSDGsが採択されました。
同年12月にはパリ協定も合意され、世界が抱える課題に地球全体で取り組むことの重要性が大きくクローズアップされました。

同じ年にCSV活動方針を策定した私たちも「願うべき社会」実現に向けた取り組みを地球全体の課題とも向き合いながら取り組んでいく必要があると考えています。

私たちは自分たちの取り組みをSDGsの各ゴールへの貢献に照らし合わせるだけではなく、2030年までに地球全体で解消すべき課題解消に目を向けた目標を設定し、外部との連携を図りながら到達すべき場所に向けて必要な事業活動を進めることが重要と考えています。

私たちは2020年からSDGs達成を通じて実現が期待される社会とこれまで描いてきた「願うべき社会」を連動させたCSV活動を毎年評価・検証しながら拡大して参ります。

5つのミッション(重点項目)

ミッション1「環境保全」

安成工務店の家づくりの原点は環境共棲住宅です。

これは「自然のエネルギーを有効に使い、住みやすい室内環境を実現する住まいの側面」と「その建築を構成する素材がサスティナブルかつ建築の形態そのものが環境への影響を最小限にするという側面」があると考えています。
便利さの実現と限りある資源の有効活用には相反する部分がありますが、地球規模で資源の不足や不適切な廃棄物処理が問題になる現代社会においてその両立は高い水準で求められると考えられます。

施主様が永く快適に暮らすことが出来る環境を形成する為に、安成工務店では太陽の光や熱・風の流れを上手くコントロール(調湿・調温・発電・熱利用等)した住まいを設計するとともに、化石燃料や化学物質の使用を最小限に抑えた建材、たとえば構造材に近隣の管理された森林の天然乾燥された木材利用や木質繊維素材を利用した断熱材を採用しています。

ソフト・ハード双方での持続可能な住まいの実現と住宅における環境との調和・資源効率性の重視など環境負荷低減に向けた取り組みを私たちは大切にしています。
これは住まいと健康の観点での効果や地産地消による地域林業の雇用創出や経済活性化、輸送の負荷を減らすこと等にも繋がると考えています。
◇主な利害関係者

・施主様
・建築物の設計者
・施工をする大工
・地元の林業関係者
・低環境負荷な建材の製造販売会社 など
関連する主な社会課題

・住まいと健康
・温室効果ガス排出削減
・省エネルギーの推進
・再エネ導入の推進
・資源の枯渇
・森林資源の保全
・山の関係者の雇用や収入機会の創出
5c19b42c44fa14943f79ca063f59e641
環境共生住宅とは、地球環境を保全する観点から、エネルギー・資源・廃棄物などの面で十分な配慮がなされ、また周辺の自然環境と親密に美しく調和し、住み手が主体的にかかわりながら、健康で快適に生活できるよう工夫された、環境と共生するライフスタイルを実践できる住宅およびその地域環境のことをいいます。

安成工務店では、紐解けば1990年にOMソーラーの家づくりをはじめ、環境共生住宅への道を歩み始めました。
その後、環境に優しいセルロースファイバー断熱材の標準採用、林産地との連携やエコタウンの開発、植林活動、カーボンオフセットへの取組など、家づくりで快適な暮らしと環境保全を両立させる取り組みを実践しています。
fb4561e5fda30e9ae55d08a1a13758b7
安成工務店の木の家づくりの思想に共感いただいたお客さまや木の家を建てる人に、林産地のことをもっと知ってもらいたい。そんな想いでスタートしたのが「森林体験ツアー」です。
1997年から開始したこのツアーは、今では年4回(5月・7月・8月・10月)開催しており、開催回数70回を超えています。7、8月は一泊二日の日程で、山や製材工場をみたり、キャンプ体験や木工作イベントを含むお楽しみプログラム。夏休み期間中で親子連れでにぎわいます。
林産地を訪れ森に入り自然に触れることで、山と町の繋がり、森を守る意義を学び、自然を愛する気持ちを育てます。

ミッション2「省エネ・省CO2」

地球規模で拡大を続ける地球温暖化問題。
我が国でも住宅や建築物を利用する際のCO₂排出量は国内排出量の3割程度を占めると言われており、住宅分野での省エネや省CO₂に向けた取り組みは欠かせないものとなっています。
安成工務店は温暖化が社会問題化する前からOMソーラー(1988年)をはじめセルロースファイバー断熱材の吹き込み工法(1997年)に取り組むなど、住まいの分野での省エネや省CO₂にいち早く取り組んでいます。
YASUNARIグループ内に、エネルギー消費削減に重要な断熱性能を担保する断熱材メーカー、「株式会社デコス」を持つことで、国が進める再エネと省エネを通じて実質的な一次消費エネルギーをゼロにするZEH(ネット·ゼロ・エネルギー・ハウス)への標準対応も積極的に推進しています。

また、使用する建材についても、原料調達時や製造時も含めた製品のライフサイクル(一生)におけるCO₂排出量の重要性から選定基準にするとともにLCCM住宅(ライフサイクル ・ カーポン・マイナス住宅)にも対応できるよう取り組んでいます。
天然乾燥した構造材の「輪掛け乾燥材」や断熱材デコスファイバーではCO₂排出量の開示を行うなど情報開示も積極的に行っています。これからも更に省エネ•省CO2性能を追求していきます。
◇主な利害関係者

施主様
・建築物の設計者
・低環境負荷な建材の製造販売会社
・断熱の施工実施者
・研究機関 など
◇関連する主な社会課題

・温室効果ガス排出削減
・環境負荷の把握、消費者向けコミュニケーション
・省エネルギーの推進
・再エネ導入の推進
・資源の枯渇
4deefd87f91a43eb9cdeeccff9adb0df
OMソーラーは、株式会社OMソーラーが開発・販売する、パッシブソーラーシステムです。
建築地の気候風土を設計に活かし、太陽や風など自然の恵みを暮らしに取り入れ、省エネ・省CO2の生活を実現します。
また、このOMソーラーに冷房や換気機能を追加した、最新機種OM-Xは、気温やライフスタイルを考慮して、自動的に、緩やかに、最適に、省エネに、室内温度を変化させてくれます。
私たちはこの設備を1,000棟以上の住宅や建築物件に搭載することで、地域の環境活動に寄与しています。
5b6d844d4e3425b7e5d99ba151297366
安成工務店の家の断熱材には、全棟、デコスファイバーが使われています。
この断熱材は、新聞紙をリサイクルした「セルロースファイバー」と呼ばれる素材のもので、他の断熱材と比較して多機能であることはもとより、生産段階で使用するエネルギーが低いことも特徴です。

このデコスファイバーは、断熱材業界で初めて、「エコリーフ環境ラベル」を取得しています。
「エコリーフ環境ラベル」とは、原料から製品製造、施工までの製品ライフサイクルステージにわたる環境特性を多面的、定量的に評価し開示したもので、環境負荷低減に取り組む姿勢を社会に向けて打ち出しています。

ミッション3「ひと」

近年人手不足が様々な業界で言われていますが、私たちの業界も例外では有りません。
しかし、家づくりは設計も施工も簡単に自動化できるものではありません。
そこには人生でも大きな買い物をされる施主様と設計者・営業担当者の経験に基づいた確かなコミュニケーションが必要ですし、施工においても施主様・設計者とのコミュニケーションや確実な施工技術確保など心・技・体全てが揃っている必要があります。

私たちは「ひと」がすべての元と考えています。
れも豊かな心を持ち前向きな生活を営む「よりよい社会」を作りあげようとする人です。
私たちの社員一人一人がそうなりたいと考えています。
安成工務店の社訓は、「ひと」としてどうあるべきか?を先代安成信良が問いかけたもので、人生訓に近いものがあります。とはいえ、これが私たちの社訓であり事業の在り方の理念になっています。

王道を歩め。それもコッコツと誠実に一歩ずつ歩め。世間に感謝して、付託を仕事そのもので返す、そのような一生懸命な日々をすごせ。

と説いています。私たちはお施主様、協力業者様に対してこの理念を実現できるように日々研鑚しています。そして多様化するニーズに応えられるように、施主様の声や同業他社の声を聴く場面を積極的に設けるとともに多様な人材の確保・育成にも努めています。
◇主な利害関係者

・施主様
・従業員
・協力業者様
・志を同じとする同業他社 など
関連する主な社会課題

・大工の育成
・技術の伝承や継承
・生涯学習の実施
・ダイバーシティの推進
・従業員の教育、育成、定着
・働きやすい職場環境形成
・女性の社会進出
f172ca26b32879cde3bb77255b48cd49
2015年4月、18~20歳の若き「社員大工」が3人、安成工務店に入社しました。
昔の工務店は、各職工を自社で抱え現場を回す事が普通でしたが、戦後、大量生産・大量消費時代の到来とともに、ハウスメーカーを中心に工業規格ハウスが一般にもてはやされるようになりました。そうすると、工務店もハウスメーカーに対抗するため元請け(営業、設計、施工管理)下請け(技術職人)の分社化が進みました。

しかし、扱い易い新建材や企画商品が現場にあふれるようになると、「技術職人」不在でも成り立つ家づくりが行われるようになり、結果として技術職人の数は激減。日本古来の木造在来工法の家造り自体危ぶまれる状況となっています。
ものの豊かな今の時代だからこそ、本物の “技術”を受け継いでいかなければならない……若者大工の正社員採用は、こうした時代の流れを反省し、且つ、お客様とともに末永く日本の家づくりを支える私たちの決意を示したものでした。2020年現在、社内には7名の社員大工が在籍しています。

ミッション4「健康」

持続可能な住まいの実現と「健康」は切っても切れない関係です。しかしながら、化学物質を含んだ建材による健康被害(シックハウス症候群)を産み出すなど住宅と健康の関係に課題が有ることも事実です。
健康で安全·快適な暮らしを提供する。これは住まいをつくる人すぺての共通の願いです。私たちは長い業歴の中で、自然素材の家が心と体になぜか気持ち・居心地が良いことを経験してきました。しかし、住まいと健康の相関性を研究解明する研究者があまりに少なく、その効果の多くが実証されていませんでした。

この住まいと健康の関係を明らかにすべく私たちは九州大学との共同研究を2012年より開始しました。時を同じくして、(社)健康·省エネ住宅を推進する国民会議が全国に県域協議会をつくり断熱リフォーム前後の医学的影響調査を国交省の補助を受け開始しており、私たちもその一員として調査に参加しています。

住まいと健康の関係は、増大する医療費の抑制にもつながる部分がありますし、何よりもそこに住まわれる方がシックハウスに悩まず健康で快適な住まいを実現することに価値があります。私たちはその実現に向け、様々な関係者と連携を図りながら健康改善効果のある「木の家」を普及しつつ、その効果を更に追求していきます。

◇主な利害関係者

・施主様
・研究者、研究機関
・医療関係者
・建材等の製造販売会社様
・志を同じとする同業他社 など
◇関連する主な社会課題

・住宅と健康の関係性
・ヒートショック
・シックハウス症候群
・騒音
49528cd2d2da43f5864e2164f1b4ad50
2012年から、私たちは、トライ・ウッド、九州大学農学研究院とで、天然乾燥木材と樹脂建材の健康に関する共同研究を始めました。
この研究は、現在は全国の自然素材住宅を作っている仲間を集め、「木の家の健康を研究する会」として継続して活動をしています。

木の家と健康に関する研究については、「断熱性能や温熱環境に関わる」ことについては様々な機関・団体が研究を進め、住宅の性能を向上させてきました。

しかし、「木」そのものの性質や、自然素材を使った家が健康に与える効果・影響については、掘り下げた研究はほとんど行われておりません。

「木の家の健康を研究する会」が進める実験では、自然素材住宅そのものを研究対象とし実験を行い、疲労回復効果、睡眠の質的向上、認知症の抑制効果など、様々な成果が確認されています。

ミッション5「まち・コミュニティ」

家・住まいが在る場所には「まち」があり、「まち」がある場所には「ひとのつながり・コミュニティ」が在ります。
現代社会では地域の住民同士の繋がりが希薄になりがちです。
しかし、かつてない勢いでの高齢化社会や各地で頻発する災害に対抗する社会を形成するためには地域コミュニティの充実が必須だと考えています。私たちは安岡エコタウンにおける住民共用の畑によるコミュニティ作りの試みや商業開発・医療モール開発事業等を通じて、地域の顔が見える関係を形成づくりに力を入れてきました。

安成工務店の目指す「家づくり」の先には「まちづくり」があります。
一つの住まいだけではなく複数の住まいを一括して創る「まちづくり」には様々なチャレンジとチャンスが残っていると考えています。人口減少が著しい中では、かつての行政頼みのまちづくりから産学官民金が連携したひと同士のコミュニティが形成されたコンバクトシティ化による再構築が必要性と考えています。
私たちはパートナーシップを深めながら持続可能なまちづくりを支える担い手になることを目指していきます。
◇主な利害関係者

・地域住民の皆様
・地方自治体
・地主様、オーナー様
・工事業者
・テナント様 など
関連する主な社会課題

・人口不足
・医療機関不足
・雇用創出
・住みやすいまちづくり
・環境に配慮したまちづくり
・地域関係者の連携不足(産学官民金)
6fd2fcb6fdd1da46133c8de33238715f
2006年、私たちはこれまでの環境共生技術とこれからの理想の街づくりを盛り込んだ、安岡エコタウン(下関市安岡町)の分譲を開始しました。
11,773m2の造成地に40区画の分譲地。
OMソーラーを中心に、デコスファイバー、近くの山の木を使用、雨水タンクを設置するなど、様々な技術を注ぎ込んだ街です。
また、景観にも配慮し、美しい街並みを実現するため、「建築協定」を結び、建築物や敷地、外構を作る際のルールを定めました。
さらに、無農薬の野菜作りを行う「えこ畑」を提供し、住民の食育とコミュニティの場として活用してもらっています。
家と家が点在する住宅街ではなく、似た価値観を持った住民同士が集い助け合う生活の場、安心して楽しい生活を送ることができるコミュニティスペース、そのような街づくりを目指したものです。
c8cb50f35a6a594363a1a9dfd1c7a951
人口減少や少子高齢化が進む社会環境の中、地域の活力は失われています。

地方都市を活性化させるためには、まちの再開発による賑わいの回復、高齢化を前提としたまちの設計などが必要となります。しかし大都市圏と異なり、地方都市におけるまちづくりにはその担い手となる企業・団体が不足しています。

そこで安成工務店では、地域の建設会社が力をつけ、その建設工事技術を活かして地域活性化を図ることが重要だと考え、自ら企画提案を行う「創注型」の地域開発・商業開発を行うことで、地方創生のまちづくりを提案しています。