社長ブログ

2020年6月29日|カテゴリー「社長ブログ

リニューアルした住宅事業部のホームページの中に「家づくりのこだわり」というコーナーがあり、その中の「呼吸する木の家」に社長動画をアップした。

・安成工務店>家づくりのこだわり>呼吸する木の家
 https://www.yasunari.co.jp/discerning/wood.html

ad627a88a4ce6ccfd241a34f78c089a3


撮影後、また編集後に見てみると、活舌が悪く、聞き取りにくい部分が少なからずあり、再度、撮りなおそう、または切り口を変えてもっと何本か撮影しようという欲求がふつふつと湧いてきた。

ことさら想いを伝えることは難しいと思うものの、もっと繰り返し話したいと思う。これはこれから家を建てようとされる方に安成の思想という選択肢を知ってもらいたいのは当然だが、社員や多くの業者さんにももっと知ってもらいたい。

 当然、今の安成工務店を外から見たイメージも、社員一人一人の立ち居振る舞いも、また関わるスタッフのお客様に与えるイメージも、これまで長い間、「我々はこうありたい。」「このような家を目指したい。」「こんな新たな建設業になりたい。」と事あるごとに言い続けてきた結果であるのは紛れもないことなのだが・・・。

一本のゆるぎない道を、折に触れ、言葉を変え、ある時には同じ言葉を何度でも伝えることで、それらは、社員一人一人の仕事に対する姿勢や、夢や信念や使命感になると信じている。

さあ、気を取り直し、今度は活舌に注意してVTRカメラに向かおう。

2020年5月27日|カテゴリー「社長ブログ

学校法人片山学園小郡幼稚園の新園舎の新築工事を担当させて頂いた。設計は幼稚園建築で高名な建築家の竹原義二先生(無有建築工房)である。

全国の木の家づくり工務店が集まって作ったNPO環境共棲住宅 地球の会が建築家の先生方と連携を取るべく、設計施工フォーラムを3年前に立ち上げた。その時関西、関東の住宅作家として活躍されている大御所の建築家の先生方5名に幹事役として若手建築家を集めて頂いた。その時、ご尽力を頂き知己を得た。

一昨年お電話を頂き、山口市で保育園を設計中なのだが、施工が可能か?との打診を頂いたのがきっかけで、入札を経て施工を担当することとなった。

計画図を見たとき、その複雑さや独創性にとても驚き、またやる気が俄然湧いてきたことを思いだす。県産スギ材をふんだんに使った素晴らしい保育園である。

収まりや木材の乾燥や工期の面で難しい工事であったが無事予定通り完成し先日お引き渡しをした。


111a7860ab4ebc92b4ac53d461caf5ef
efa7f77906024ac5f0218960bfbc31c9

子供たちのあそぶ姿を見て、また片山先生の園児たちへの教育方針を聞くにつけ、森のようちえんとも通じる素晴らしい先生に出会えたこと、その園舎を担当させて頂いた天の配剤に心より感謝したい。

私たちの家づくりが片山先生の思想と同じであることに自信を深めることが出来たし、そのような非住宅の木造建築に積極的に取り組んでいる弊社にとって、代表作の一つと言える素晴らしい建物となった。

このご縁を頂いた竹原先生、そして片山先生に心より感謝を申し上げたい。

2020年5月15日|カテゴリー「社長ブログ
b35ed2c323b23b501a29c90ad5cac752

現在、すべての住宅には地盤調査が義務付けられている。そして調査の結果、なんらかの改良工事(各種杭や表層改良など)が判定として出た場合、改良工事を行うことになります。一昨年、昨年のデータでみると、地域によって改良判定の割合はそれぞれ違うものの、弊社の施工範囲である山口県福岡県全体でみると43%がなんらかの改良工事判定となっている。

全国的に見て地盤調査を行う会社の多くが改良工事も受け持つことが多いのも事実である。また、改良工事を行っても万が一の不動沈下の際の補償策として地盤保証保険に加入する事も一般的になってきた。
弊社では20max5,000万円の保険に入るようにしている。

さて、安成工務店グループでは、改良工事会社を持たない独立系地盤調査会社であるアースレイズで7月15日から地盤調査を行うこととした。

埼玉に本社を置くアースレイズは構造事務所を兼ねていて、通常のスウェーデン式サウンディング方式の地盤調査に加え、支持層までの25㎝ごとの土質サンプル採取と含水比を合わせて調べ、解析する方法を取っている。これによりより細かい地盤解析が可能になり、不要な場所には不要、本当に必要な場所に必要と、メリハリが聞いた判定が出せるとの事。結果、やらなくて良い地盤に不要な杭や費用をかけることを防ぐ効果が期待でき、まさに地球にやさしい地盤調査システムと言えます。

アースレイズ
HP
http://corp.earthraise.co.jp/index.html


2020年4月15日|カテゴリー「社長ブログ

日本でも強制力はないものの、緊急事態宣言が発令され、都市間移動や日常の勤務の仕方に大きな変化を余儀なくされている。3月から弊社も一切の出張を中止し今月から在宅勤務を増やし、一度に会するのは通常の3割のメンバーにとどめるように変更した。山口県福岡県間も移動をなくし、Web会議のみにした。これまで他のWeb会議システムを使っていたが制限が多く、今はZoomで会議することがとても増えた。


仕事以外の、全国的な同業者の会であるNPO環境共棲住宅「地球の会」でも理事会を取りやめすべてWeb会議に切り替えた。一日を費やすことなく皆集まれるのでWeb会議はいたって簡単便利である。毎週水曜日の夜7時から、コロナに対抗する工務店対策の情報交換と銘打って行っているWeb座談会(飲み会)などは、これまでより更に多くの情報が行き交う場となっている。とても面白い。


お客様がモデルハウスにおいでになりにくい環境もあるので、Web見学会やWeb相談会なども手探りで開催している。


改めて思うのは、人の暮らしをつくづく考える時間が持てることだ。多くの人が休みにどこに行けないので家を片づけたり、庭を手入れしたり、暮らしや人生の価値を考える時間を過ごしていることと思う。


ジムも休館なので、家内と2人で夕食後に1時間歩くことにした。1か月以上も毎夕食を決まった時間に家で食べること自体、初めてことではなかろうか?


あれだけ押しかけていたインバウンドは時間と共に戻るとは思うが、生産拠点を海外に移すグローバル化・・・。なども、もしかしたらまやかしで国内回帰を始めることになるかもしれない。


コロナ後の世の中は、価値観はどうなるのだろうか?

住まいに関しては、自然素材の木の家で健康に暮らす。ことがもっと求められるような気がする。

2020年4月1日|カテゴリー「社長ブログ
db4ba99f5ce86e8d24d20a0ca9285daf

今年の新入社員の入社式を行った。

大卒1名、専門学校卒4名、工業高校卒1名、普通高校2名そしてベトナムから高度人材採用で2名の合計10名である。コロナ感染拡大が気にはなったがリアルな入社式をした。

ベトナムからの2名は向かって右の2人である。
背の高い眼鏡の青年がディン・ミン・ティエン君ホーチミン市建築大学卒、となりがグエン ドウック ラム ソン君がダナン工科大学卒の両名とも25才である。二人とも安成工務店山口建築事業部に配属し、これから一般建築の施工管理を中心に日本の生活を始めていく。頭脳明晰、やる気も一日一倍強くこれからが頼もしい青年である。彼らを同期にもった他の新入社員もこれまでとは違う緊張感にあふれた入社式だった。今年の新入社員は入社早々コロナ禍で仕事の仕方にも影響が出るが、頑張ってほしいものだ。

秋にも2名のベトナム社員が入社予定だが、果たして入国がスムーズに行くか?今から心配である。

a3561e7271e16ba7ea9ac071546f9015
2020年1月15日|カテゴリー「社長ブログ
40fcad9454c5f9cbb5eb93ee159e1ffb

九州大学箱崎キャンパスの閉鎖に伴い、九州木の家づくり協同組合の資金で建設した九州大学伊都キャンパス内の実験棟が完成したのは2018年の9月。これまでの実験棟が天然乾燥スギ材と新建材(樹脂建材)との比較の2室であったの加え、今度は天然乾燥スギ材と高温乾燥スギ材、そして新建材(樹脂建材)の3室仕様となりました。

また、これまでは林野庁の採択研究で補助金を頂いての研究だったのですが、5年を経過し補助金打ち切りとなってしまいました。


そこで、心ある多くの木の家を建てている工務店に声掛けし、実験費用や成果を共有すべく、新たに「協同組合 木の家の健康を研究する会」(https://www.kitokenko.com)を昨年11月に設立した。工務店の正会員20社、木材業者3社の合計23社が会員である。


昨年はHPに加え、研究報告誌「健康に良い 自然素材の木の家」を発刊した。


木の家といっても、内装のみが自然素材の木の家、構造材や断熱材まで自然素材にこだわるケース。稀だが一切接着剤を使った合板を使わないケース。といろいろ各社のこだわり仕様があります。でも我々のように自然素材の家づくり標榜する会社は恐らく木造住宅20万戸/年の供給量の内3~5%で他はバリバリ新建材(樹脂建材)住宅なのです。


※細かいデータがないので推測ですが・・・。

2019年3月22日|カテゴリー「社長ブログ
95f9eafa19e3a860b48ced387c15407c
安成工務店では6年前から年4回程度、1泊で幹部研修を行っている。

開始当初は、事業部長と関連会社の事業部長を含め10名から15名で朝9時から夕方6時までみっちり行い、更にその後、懇親交流会とその場所での2次会へと続く13時間拘束の研修である。お酒の力も借りながら意見交換を行い、宿泊するわけである。

翌日は、同じく10名から15名の次世代幹部の研修を朝から行うが、前日から会場入りしてもらい、懇親交流会は合同で行うスタイルをとるので総勢30名となる。宿泊を伴うので会場は比較的安価な国民宿舎となる。

2年目にはこの会議メンバーの中から執行役員を6名任命した。昨年にはその中から役員が3名誕生し、新たな執行役員も3名増えた。
今日は、今年最初の住宅・建築事業部の実務責任者が集まった幹部研修である。顧客満足と協力業者・会社利益のバランスをどうとるか?議題は尽きない。
2019年2月24日|カテゴリー「社長ブログ
環境先進国と言われているドイツの住宅及び環境設備の視察はこれまでBAU(国際建築・建材・建築システム専門見本市:ミュンヘン)、ISH(バス・トイレ・ビルディング・冷暖房・空調・再生可能エネルギー国際専門見本市:
フランクフルト)など2年に1度の割合で行ってきた。

この度、2月の18日から24日の日程にてラスベガスで開催されるNAHB(ナーブ)に初めて安成工務店の5名の幹部で視察する事となった。

ヨーロッパと比較して、特段得るものはそう大きくなかったが、断熱材のシェアについてはセルロースファイバー断熱材が第2位と頑張っていることが確認できた。
第一は日本と同様グラスウール、第二がなんとセルロースファイバーで第3位がロックウールである。

d4413bf8619d7c342508305782206c15
ea8d369939dc7282f37f44b991607f86
セルロースファイバーが健闘しているのは、なによりも隅々まで施工できる施工の安定性らしく、日本では3位のウレタンの現場発砲断熱材が普及していないのは、施工時と火災時の安全性の問題らしかった。

NHABの後、2日間の全米住みたいまちNO.1のポートランド(オレゴン種)の視察を予定していたが、数十年ぶりの寒波で飛行機が飛ばず、1.5日分を棒に振ることとなり涙をのんだ。どうにか当初予定のシアトル発の便に間に合い、帰国することが出来た。
まずまず、有意義な視察であった。
2019年1月10日|カテゴリー「社長ブログ
平成最後の31年1月10日。恒例の事業計画発表会を開催した。

今年は昭和26年の創業から数えて68年目、私の社長就任から31年目の年である。昨年初めて安成工務店の売上が100億円を超え(102.9億円)、安成工務店グループ9社合計で152.8億円となった。

私の社長就任の前年が19.7億円なので約5倍、グループを含めると約8倍となった。
多くのお客様に御贔屓にして頂いた結果である。
感謝しても仕切れない、まさに感無量である。

振返ってみると、あの頃と比べると技術力も設計力もデザインも社内体制も格段に進歩した。
進化し続けることが過去のお客様への恩返しをする唯一の方法だと自分を納得させてもいる。
私は今年の2月で63歳になる。
先代が58歳で急逝し、その年を5年も超えたわけだ。
これから70周年、更には75周年に向けて「お客さんに信頼され、安心して仕事を任せて頂ける、企画・開発・設計・施工・管理をトータルで提案できる新しい建設業」を作り上げていきたい。


365ed7b24ac28543cf994701ee8a2322
2017年10月6日|カテゴリー「社長ブログ
003
来年の新卒者10名の内定式を行いました。
大学・専門学校・高専から8名。工業高校から2名の入社内定となりました。皆さん、社会人になることの不安と期待で胸がいっぱいという感じです。

これまでは家族に見守られ、育てられたわけです。勉強しろと言われ、勉強が嫌な人もいたかも知れません。
学ぶ意義は、人生の選択肢の広さに直結します。学びが少ないと選べる人生の幅が極端に狭くなるのです。
あと半年もすれば、自分の人生を自分の意思で歩き始めるわけですが、どうか素晴らしい人生を我々と歩んでいって欲しいと思います。

私たちの目指す「新・建設業」の道はとてもやりがいのある意義深い仕事です。

元気な姿で10名の入社を待っています。
2017年9月11日|カテゴリー「社長ブログ
001
9月より、関連会社であるハウスドクター山口とデコスのホームページをリニューアルしました。
2社ともそうと長い間、旧HPを使ってきましたので、お伝えしたいことの半分ぐらいしか表現できていないような状況でした。
新しいホームページは、いずれも、会社の特徴をわかりやすくアピールしつつ、豊富なデータや実績を多くのページで解りやすく説明したつもりです。
まだまだ、直すところも散見しますが、これから1ヶ月ぐらいで微調整を終え、さらなる充実を目指します。
どうぞ、ハウスドクター山口、デコスのホームページにお立ち寄りください。

0011
株式会社 デコス
0021
株式会社 ハウスドクター山口
2017年9月5日|カテゴリー「社長ブログ
019
安成工務店のホームページを全面的にリニューアルし、9月4日から公開しました。
今度のHPは基本構成は従来と変わらず、【住宅】【建築】【会社紹介】といった内容ですが、建築を【土地活用】と表現し、見やすいHPになるように心がけました。
完成した全体を見て、お伝えしたい内容は表現できていると感じていますが、細かいところでまだまだ修正をした方が良い部分がたくさんあります。

これから、細かい改良を加えながら、お客様から見て、より解りやすいHPにしていきます。
HPに関する改善点のご指摘などもお問い合わせで頂ければ幸いです。
021
住宅事業部
022
建築事業部
023
会社概要
2017年1月21日|カテゴリー「社長ブログ
津江まつり(エコビルド・ツアー)
毎月中旬に行っている安成工務店のプレカット工場・デコス断熱材工場見学ツアーを拡大して「津江まつり」として開催した。
当日はとても寒く、当日急な欠席が9組もあったが、順調に所定のプログラムをこなすことが出来た。
午前中は、通常のエコビルドのプレカット工場とデコスのセルロースファイバー工場の見学である。天然乾燥の国産材の柱や梁桁は、色も匂いも艶もとても美しいことを確認して頂いた。特に木材が現しで見える木の家の梁桁材の超仕上げカンナで仕上げた木材の艶やかな表面には感嘆の声が聞こえた。デコス工場でのセルロースファイバー断熱材の製造工程や、出来上がった断熱材の吹込み実演で燃えないことや、吸音性能の素晴らしも感嘆の声を頂いた。
「音が静か」で「空気がさわやかな」断熱材=デコスドライ工法  の良さを解って頂いたと思う。
午後からは丸太切り競争や、自社大工によるミニ上棟式や餅まきなど、楽しい一日となった。
2017年1月17日|カテゴリー「社長ブログ
山口県 災害時応急木造仮設住宅建設及び修理の協定締結
熊本県地震では合計4,300戸の応急仮設住宅が建設された、この内木造仮設住宅は700戸であった。この内563戸(190棟)もの仮設住宅を供給したのは友人の熊本県工務店ネットワーク(KKN)久原英司会長であった。彼の行動力を目の当たりにし、もしも山口県で同様の災害が起こったら、県内工務店は同様の対処が出来るのだろうか?と大いに考えさせられた。
久原会長と同規模の工務店団体である、一般社団法人山口県ビルダーズネットワークの会長職にある私は、触発されて山口県との災害協定の締結準備を10月から始めた。
もともと災害協定はプレハブ住宅協会が先行して以前から行っており、木造住宅団体との協定が確立し始めたのは東北大震災後である。一般社団法人JBN(全国工務店協会)と全建総連(職人さんの集団)が手を組み、一般社団法人全国建築事業協会(全木協)を設立し、その各県団体が自治体と協定を締結するわけである。
一般社団法人全国木造建設事業協会山口県協会(会長 安成信次)が設立され、応急仮設木造住宅の任に当たることとなった。組織的にそれを支えるのが一般社団法人山口県ビルダーズネットワーク(YBN 45社)と西瀬戸ビルダーズサロン(11社)である。
そして主幹事会社として㈱安成工務店がその責任を果たすこととなった。
今日は、山口県との協定締結日である。今日をスタートとして、これから有事の際のさまざまな準備を始めていきたい。
2017年1月10日|カテゴリー「社長ブログ
H29安成工務店GP事業計画発表会
今日1月10日は安成工務店の創業記念日である。毎年の恒例行事の、安成工務店GP社員が一堂に集まって、今年の事業計画のについてグループ全社員で共有する「H29年安成工務店GP事業計画発表会」を海峡メッセ(下関市)で開催した。
福岡市博多区板付に本社を置く業歴47年の公共工事を主体とした北辰建設㈱が今年からGPに加わり、総勢290名の社員が終結した。(ただし、介護事業を福岡市西区で行っている㈱アスティ・ケアは業務の関係で参加者は4名)
昨年グループの売上は152億円を達成し、初めて150億円の大台に乗った。前年比で106%なので、より多くのお客様の付託を頂いたわけである。ありがたい。
安成工務店は約95億円と100億円にはわずかに及ばなかったが、前年比大幅な増収であった。(増収減益)
安成工務店グループ 相関図
今年は、2月末に下松市のハウジングメッセ周南でモデルハウスの建て替えOPENを予定し、年初からにぎやかな展開になりそうである。住宅事業部の年間の目標棟数は127棟で内、OMソーラーを68棟見込み、OM率も50%を久々に超える見込みである。やはりOMの家はほのかに暖かく、我が家でも、出先から家に帰るたびに「やはりOMっていいね。」が合言葉になっている。自然素材と自然エネルギーの上手な活用、デコスドライ工法の高断熱と空気の爽やかさ。この心地よさをもっと多くの方にお伝えしたいものである。
建築は山口の医療福祉施設の多くの実績、福岡の賃貸マンションの多く実績と、幅はあるものの、企画・設計・施工のト―タルな提案が安成の得意分野である。
さあ、今年もいい仕事を精一杯しよう。私たちの誇りである「上質な建物をお引き渡す」ために。