社長ブログ

本社建物周辺
本社ビルは1F総合企画部officeの打ち合わせコーナー部分が少し出っ張っており、ここと広めの玄関ポーチをカバーする形で大きな庇がデザインのポイントとなっている。
ここに大きめの花壇を設置している。30年前の完成当時は、常緑のさつきなどを植えていたが、そののちリニューアルして蔦類の郡植に変更した。
なんとなく手間いらずだが変化がないので、今から5年前ぐらいに季節の花を郡植した花壇にリニューアルした。
それら下関の花いっぱい作戦には、今から20年近く前に下関デザイン協会で知り合った、、エクステリアやイラストやグラフィックなどの多くの女性デザイナーたちが大きく関わってくれている。
この玄関前の花壇のデザインと管理は、その一人、アトリエかわらのいえの武久万里子さんにお世話になっている。彼女のセンスは抜群で、彼女の手にかかれば、可憐で可愛いい花たちが洗練されたハーモニーを醸し出す。
宿根草を中心とし、季節ごとに植え替えや植え足しを行うわけだが、植えた時はバランスが想像できない咲き誇る状況が想像できず、毎日育つ過程で徐々に姿を現すさまを毎回楽しみにしている。
道路沿いの木製プランターBOXの花植えや管理は、総務の担当である。なるべく長持ちする花を中心にいつも花が咲くように気をつけている。
最近、いろいろな人から、「安成工務店さんの社員さんはいつも大勢で道路の掃除や花壇のお世話をし、見てて気持ちいいですよ。」といった感想を頂くことが多い。
全員で清掃しているのは週に1度だけだが、継続しているため目につきやすいようだ。
机を片付けるのと同じように、社用車や事務所周辺も、いつもきれいにしていたい。そのほうが断然気持ちが良い。
気持ちよく、もっと良い仕事をしたい。
本社建物周辺花いっぱい作戦(Ⅱ)でした。