社長ブログ

本社 看板リニューアル
本社の看板をリニューアルする工事が完了した。と、言っても、内容は以前のままである。一度看板を外し、鉄骨の錆を除去し再塗装。そして3つの電照看板を新品に取り換える作業を行った。
まったく新品同様のすがすがしい姿になった。
昭和59年、今から丁度30年前に本社新築した際の看板は、最上部の「安成工務店のロゴ」の部分とその下に関連会社「安成不動産商事」の看板のみであった。その後OMソーラーハウスに取り組み始めた平成2年に「OMマーク」の部分をその下に追加した。そして本社の隣接地に木の家づくり展示館を設置した平成16年に真ん中の看板を「木の家づくり展示館」に変更した。
最上部の安成工務店ロゴの上に「環境と住まいをトータルに提案します」というキャッチコピーは30年前から変わっていない。
その当時は、単に「こうなりたい。」と言った夢のキャッチコピーでしかなかったが、平成元年にパッシブソーラーシステムのOMと出会い、平成5年にセルロースファイバー断熱材と出会い、平成8年に林産地上津江村と出会い、環境に深く関わる建設会社となった。
環境と住まいをトータルで提案できる会社になりたい。と、ひたすら念じた結果である。
感無量でもある。これからも初心を忘れることなく、想い続けて行きたい。幸い、OMも木の家も呼吸する断熱材デコスドライ工法も25年近く前に選択したにも関わらず、私の心の中での輝きは一向に衰えてはいない。
もっと多くのお客さまへ知ってもらいたいと思うし、住んで頂きたいと思う。