社長ブログ

謹賀新年!創業61年目のスタート
 昨年の創業60周年は波乱に富んだ1年間だった。1月10日に事業計画発表会を行い意気揚々とスタートを切ったものの、3月の東日本大震災以降、資材の納期遅延による工期延伸などで多くのお客様に多少なりともご迷惑をおかけしてしまった。
ほぼ半年間でそれらの混乱は正常にもどったものの、遠く離れた西日本の私たちにもその爪痕の記憶は生々しく、多くの事を考えさせられた1年でした。せめて多くの義援金を送ろうと努力をし、12月末までに都合4回合計425万円を日本赤十字社に送ることが出来た。
これからも震災チャリティのイベントを継続して行きたいと考えている。
 12月31日に45期を終えた安成工務店の業績は、まだ集計中であり詳細不明だが、目標には及ばなかったものの、どうにか前年を上回る業績となりそうである。
昨年の安成工務店グル―プの明るいニュースは、まず12月26日に発表された「平成23年度第2回住宅・建築物省CO2先導事業」の戸建新築部門に安成工務店の提案する「地域循環型ゼロエネルギー住宅/山口・福岡モデル」が採択されたことである。まだ採択棟数が発表されていないが、今年、安成で家を建てるお客様には300万円近い補助金が補てんされることとなる。そして安成工務店として前年比16%増のの46億3800万円のH24年完成分受注残工事を持って期首を迎えることが出来たことも感謝すべき事である。
関連会社ではなによりも㈱デコスのデコスドライ工法が経産省のCFP(カーボンフットプリント)施行事業でCO2表示認証を取得したことが大きいニュースだ。
平成元年から環境一筋に会社経営の舵を切ってきたことが、今、いろいろな方面で評価されている事はとても嬉しいし、先行企業として更なる努力をしていかなければならない・・・。と心を新たにする。
 創業61年目は、「環境共生住宅の安成工務店」、そして「土地活用の安成工務店」を更に磨き、人口減少社会において「地域再構築を担う」、「新・建設業」の役割を着実に果たしていくスタートとの年としたい。