社長ブログ

山本里見先生
昨年に引き続き、本郷の東京大学キャンパス内山上会館において、第9回日本セルロースファイバー断熱施工協会(JCA)の定例総会が開催された。
顧問である東京大学の坂本雄三先生と建材試験センターの黒木勝一先生による省エネ関係の最新情報報告に続き、7社の新入会員さんの紹介、1年間の優秀代理店表彰、そして施工指導員の認定、そしてリニューアルされたデコスJCAのホームページ紹介などが行われた。
日本セルロースファイバー断熱施工協会総会
基調講演は東北住環境研究室代表で、健康住宅研究会会長でもある山本里見先生による「健康住宅を担うのは地場工務店」をテーマにした講演を頂きました。人の一生のうち摂取する物資のほとんどは空気であり、その中で75%を家庭の空気が占めるそうです。空気で重要なのは、温度・湿度そして空気質であり、調湿するセルロースファイバー断熱材・デコスドライ工法の優位性と重要性が更にクリアーになりました。
写真は講演を頂いた山本里見先生。
おかげでとても充実した総会となりました。みなさんありがとうございました。