社長ブログ

徳山高専(2年生)視察
 徳山高専の2年生41名と専攻科4名の合計45名が、環境と共生した家づくりを学ぶために、プレカット工場やエコタウンの見学にやってきた。
この企画はかねてより親交のある目山先生のとっておきのプログラムとして企画されたものだ。安成工務店はこれまでも、小学生の職場体験や、数名の生徒の職場研修、大学のインターンシップなど、積極的に受け入れてきたが、高専1学年全員、しかもバスで2時間近くかけてはるばるやってくるなんて初めてのことだ。
  8:00  徳山高専 学校出発
10:00  エコビルド そーれきくがわ(プレカット工場)見学
          デコス セルロースファイバー断熱材製造工場見学
          津江杉構造館見学
14:00  安岡エコタウン見学
15:00  下関・木の家づくり展示館視察
          安成信次講話
16:00  終了

まさに、一日バス研修といった、大忙しのプログラムである。学生たちは目を輝かせて見学し、メモをとっていたが、はたして彼らの目には安成工務店の取り組みはどう映ったのだろうか?

今回の徳山高専の目山先生の研修目的は3つある。まずその①、工場見学を通じて、自分たちの学ぼうとしている対象を具体的に知ること。
その②、学ぶための動機づけに結び付け、高専教育5年間の中で、自分の目指す分野に出会うこと。その③、学科編成クラスになって2カ月。バス旅行、団体行動を通じて学生同士の親睦を深め共通の理解を気づくこと。
だそうである。
今回の安成工務店の視察。どうだったろうか?
安成工務店の目指す、環境と共生しつつ、省エネで次世代のコミュニティあふれる街づくりの実現を志す若者が増えることを期待している。